テストエンジニアの仕事内容

O.D 24歳 男性

O.D 24歳 男性

テストエンジニアとして案件参画を考えています。
あまり詳しくないのですが、どんな仕事をするのでしょう?

企業担当 佐藤 雄大

企業担当

佐藤 雄大

テストエンジニアは、システム開発において様々なテストを行い、不具合(バグ)を発見することが仕事です。
以前使われていた「テスター」と同義だと思ってください。
製品の品質を守る重要な役割を担っています。
詳しくは下記の説明を御覧ください!

詳しい解説はこちら

テストエンジニアの仕事は、製品の品質を守ること

テストエンジニアといっても、Web系、オープン系、組込系、制御系、汎用機系、基幹(業務)系など、担当するシステム開発によって行うテストは様々です。作業対象範囲が多岐にわたるために豊富な知識が必要なので、テストエンジニアに関して体系的に理解することは非常に困難です。そのため、ここでは範囲を絞り、組込み系を例に挙げて説明します。

組み込み系ソフトウェアという言葉を聞いたことはあるでしょうか。携帯電話や冷蔵庫など、各種電子機器を制御するために内蔵されているソフトウェアのことです。ソフトウェアが内蔵されることで、組み込み系の機器は初めて正常に作動します。私たちの日常生活を豊かにしてくれる機器ですが、市場に出回ると1つ1つの機器を回収することは困難であるため、不具合(バグ)が生じた際に大きなリスクがあります。このリスクを回避する為に、メーカー各社は事前に多数のテストを行うことで、製品が正常に作動するかチェックして品質を担保しているのです。

ソフトウェアテストは主に「2つ」に分類できます!

「ブラックボックステスト」と「ホワイトボックステスト」の2種類です。
以下、解説します。

テストエンジニアが行うテストでは、要件通りにシステムが作動するかどうか(機能性)をはじめ、多くの項目を検査します。その中でも、組込み系の製品に対して主として行うものは、ブラックボックステストとホワイトボックステストの2つです。システムの内部構造を理解しているかどうかが大きな違いですが、言葉だけでは分かりにくいので事例で説明したいと思います。テストエンジニアとしてスマートフォンの動作テストを実施する姿を想像してください。その際、事前に「TOP画面を指でスライドさせると、システム上で〇〇の指示が交わされて、電話帳の画面に遷移します。」という内容を知った上で行うテストがホワイトボックステスト。事前に「TOP画面を指でスライドさせると、電話帳の画面に遷移します。」という内部のシステム要件を知らない状態で行うのがブラックボックステストです。これらのテストを行うことで、製品の内部と外部から、しっかり作動するかを徹底的に検査し品質を保っています。

テストエンジニアの案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.