在宅フリーランスのメリット

T.S 35歳 男性

T.S 35歳 男性

フリーランスとして活動する際、案件に参画しクライアント企業にて作業を行う場合だけでなく、案件によっては在宅で行えるものもあるかと思います。実際、在宅フリーランスとして作業を行う際の、メリットがあれば是非教えて下さい。

企業担当 米本 奈緒子

企業担当

米本 奈緒子

在宅で作業を行う際は、「ピンチこそチャンス」の考え方でスキルアップに繋げていきましょう。多くの方がデメリットとする営業も、クラウドソーシングサービスを利用することで解消しやすくなります。

詳しい解説はこちら

デメリットも多い在宅ワークですが、考え方次第でメリットが増えます!

エンジニアやデザイナーであれば、一度は耳にするであろう「フリーランス」。チャレンジ精神旺盛なエンジニアやデザイナーの方は一度経験してみたいと思われる働き方ではないでしょうか。
現在はインターネットの普及で在宅ワークや副業をしやすい環境になりました。クラウドソーシングサービスも徐々に普及してきており、以前よりも在宅フリーランスとして活動しやすくなってきたのではないかと思います。しかし、企業に常駐して働くフリーランスに比べ、安定した収入を得ることはまだまだ難しいようです。
在宅でフリーランスとして活動する上でのメリットには、以下のようなものがあります。

●在宅でのフリーランスのメリット

  • 人間関係の煩わしさが少ない

    →気が合わない開発メンバーに気を使うことなく作業に集中することができます。

  • やりがい、達成感が大きい

    →発揮した成果の分がそのまま報酬にも反映されるため、やりがいを感じる方が多いようです。

  • 家族の転勤などの影響を受けない

    →インターネットがあればどこでも作業ができる在宅ワークは、不慣れな場所でまた一からやり直し、ということがありません。

  • 現場への移動時間がかからず、その時間を有効に使える

    →時間が取られがちな移動時間も節約でき、制作などの時間に回すことができます。

  • 自分のペースでができる

    →家事・育児と作業を両立させたい方は特にメリットに感じているようです。

上記のメリットに加え、在宅フリーランスの後押しをするのが、近年注目されている「クラウドソーシングサービス」です。
クラウドソーシングサービスには、データ入力・Webライターなどの初心者向け案件から、アプリ開発・Web開発などの高スキルが要求されるエンジニア向け案件まで、また期間や報酬も幅広く募集されています。中には、発注者が作業開始前に報酬の仮払いを行い、ワーカー(受注者)が納品したのちに正式に支払いをする、という制度をとっているところもあり、報酬が確保されるため安心して受注できるというところもあります。また無料で利用でき、開始のコストもかからないところが多数あります。クラウドソーシングサービスを利用すれば一定の案件数は担保されるので、在宅で働きたい場合に、在宅でできる案件がなく収入を得ることができないという大きなリスクを回避することが可能です。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.