クライアント先訪問時の行動NG集

R.N 28歳 男性

R.N 28歳 男性

フリーランスエンジニアとして働いています。
クライアント先を訪問する際に特に注意すべき行動はありますか?
併せて対処法も教えていただきたいです。

企業担当 田中 智樹

企業担当

田中 智樹

クライアント先訪問時に注意すべきことは、「基本的なマナーを守ること」「やる気をアピールすること」です。クライアント先を訪問する際はスーツを着用し、案件参画への意欲をしっかり伝えましょう!

詳しい解説はこちら

話し方や服装に注意!技術職といえど、クライアント先では基本マナーを徹底しましょう

正直商談は苦手です。普段どおりのフランクなしゃべり方でも問題ないでしょうか。

例えクライアントがフランクに接してきても、そこはビジネスの場ですのでフランクな話し方はNGです。敬語を使い丁寧な話し方を心掛けましょう。また、商談相手の年齢に関係なく敬語を使うことは一般的なマナーです。年下だからといってフランクな口調で話すのは禁物です。
また、「相手の目を見て話す」ということを意識してみるだけでも印象は変わります。どうしても目を見て話すことができないようであれば、眉間辺りを見るのが良いでしょう。それだけでも印象が良くなります。商談中ずっと下を向いていた、落ち着きがなかった、となってしまうとクライアントにはあまり良い印象を与えません。顔を見て話すことが苦手でも、その努力が見て取れれば、クライアントも好印象を抱いてくれるでしょう。

商談でクライアント先を訪問する際は、普段の服装でいいのでしょうか?

社会人としてクライアント先を訪問する際はスーツが望ましいです。私服であったり清潔感のない服装で訪問するのはNGです。スーツで訪問しない場合でも、ジャケットなどできるだけフォーマルな服装で訪問すると良いでしょう。
特に商談となれば見た目には気を配りたいところです。スーツがきちんとアイロンがけされているか、シャツは派手過ぎないか、髪型は整えているか、男性であれば髭は剃っているか、女性であればメイクが派手過ぎないかなど、細部まで身だしなみに気をつけてください。また、髪を極端に明るい色に染めていたり脱色をしていたりする場合はマイナス評価になる可能性もあるので、落ち着いた色に染め直したほうがいいでしょう。

今度クライアントを訪問する予定があります。フリーランスになって初の企業訪問で緊張していますが、話を聞く際の注意点などあるのでしょうか?

初訪問となると、不安で落ち着かない方が多いと思います。その場合は質問したいことをあらかじめ考えておき、大事な質問を忘れることがないようにしましょう。また、商談後の質問するタイミングは自己アピールができる場でもあります。積極的に質問をし、やる気をアピールしましょう。
一方で「質問をしない」のはNG行動です。実務に関する具体的なところや書面では分からないところの質問をあらかじめまとめておき、積極的に質問しましょう。まとめておくことで聞き忘れも防止できます。

企業担当より

フリーランスとしての参画が初めてという方も多いかと思います。商談に関して不安があれば、担当者が早めに合流して事前に会社の雰囲気などお伝えすることも可能です。電話でも対応ができるので、お悩みがあればお気軽にご相談ください。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.