フリーランスの屋号について

T.T 37歳 男性

T.T 37歳 男性

フリーランスの屋号について教えてください。

企業担当 濱野 惠理

企業担当

濱野 惠理

屋号とは、フリーランスが活躍するための看板です。屋号の決め方や、屋号がもたらすメリット、さらに気をつけておきたい注意点について確認しておきましょう。

詳しい解説はこちら

1.屋号は自分の「看板」。フリーランスとして活動するために持っておきたい要素です。

フリーランスは個人事業主であり、会社のように法人名をつけることができません。そのため原則として個人名で活動をすることになるのですが、本名を使うことに抵抗がある方、また取引先や社会で印象に残る名前を使って活動したい方にとって魅力的なのが「屋号」のシステムです。
屋号の歴史をさかのぼると、江戸時代の身分制度が発祥とされています。当時は武士以外の人々は名字を名乗ることができず、商人や農家たちが商売をうまく成り立たせるために、家ごとに名称を設定したのが屋号のはじまりです。
現代でフリーランスとして起業をするにあたり、自分の看板とも言える屋号を持つことは、「これから自分の力で成功するぞ」という意思を強めてくれる大切な要素になります。また屋号には基本的に好きな名前や単語を使えるので、これからの目標やビジョンを表す夢のある屋号を付けるのも良いでしょう。自分の名刺に屋号が載っているだけで、事業主としての情熱が燃え上がり、事業活動にも力が入るものです。
ちなみに同じフリーランスでも、ライターや写真家、漫画家、作家などは自身の名前を売ることが重要なので、あえて屋号を使わず個人名で活動することが多い傾向にあります。

2.取引先の信頼性を高め、起業家としての熱意も高めてくれるのが屋号の大きなメリットと言えます。

フリーランスが屋号を持つと、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここでは大きく3つの項目に分けて説明します。

■屋号がついた個人口座名義を持つことができる

屋号付きの個人口座があれば、プライベートとビジネスでお金の出入りを明確に区別することができ、効率的な税務処理をおこなえます。
また取引先と入金のやり取りをする際も、屋号付きの個人口座を提示することで相手からの信用も高まります。

■取引先から外部からの信用がグッと高まる

領収書や請求書を発行する場合、個人名より屋号の方が、相手に安心感や信用を与えることができます。
また世帯主で扶養家族がいる方は、配偶者やお子さまが書類で世帯主の勤務先の提出を行う際、屋号を設定していないとスムーズに記入できない可能性があります。世帯主が屋号を持って収入を得ている、という事実を明確にするためにも、屋号は大切な要素となります。

■個人事業主としてのモチベーションが上がる

これに関しては気持ちの問題ですが、自分の屋号を持つことは、個人事業主としての決意を確固たるものとし、事業活動におけるモチベーションアップに繋がります。自分一人で事業を立ち上げるには、不安や悩みがつきものです。自分を奮い立たせ、自信を持って活動できるために屋号は大きな意味を持つと言えるでしょう。

3.自由に決められるからこそ気をつけておきたい、屋号におけるさまざまな注意点とは

フリーランスで活躍するために、どのような屋号にするかは悩みどころです。
屋号には、基本的に自由な単語を使うことができます。「◯◯デザインオフィス」、「◯◯エンジニアリング」など業種がすぐにわかるもの、なおかつ覚えやすい屋号を使う人が多い傾向にあります。
逆に、あまりに長過ぎるもの、複雑な外国語を使ったものにしてしまうと、取引先にとって覚えにくいものになるかもしれません。また極端に短すぎても、一見して何の業種なのか判別しづらくなります。さらに屋号は長すぎても短すぎても、書類や印鑑作成時にはバランスが悪くなってしまうおそれがあるので、程良い字数を設定するのがオススメです。
さらに屋号は、同一の市区町村内ですでに商号登録されている屋号は使えないケースがあります。お住まいの地域の法務局で調査をしてもらい、商号登録されていない屋号を設定しましょう。
また商標登録(有名なブランド名、キャラクター名など)されているものは使用不可となっています。
さらに、「会社」や「コーポレーション」「CO.,ltd」などは、個人事業主が屋号として使用することはできません。
屋号は基本的に自由に付けられるものですが、細かな禁則事項が存在します。ルールに則ったうえで、自分にとってベストな屋号を考えましょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.