プロジェクトマネージャーの年収

A.K 37歳 男性

A.K 37歳 男性

プロジェクトマネージャーの年収と将来的について教えてください。

企業担当 黒田 康司

企業担当

黒田 康司

プロジェクトの総責任者であるプロジェクトマネージャー。責任と業務範囲に応じて、年収も高く設定される傾向にあります。

詳しい解説はこちら

1.開発リーダーとして進捗管理を行うプロジェクトマネージャーは、求められるスキルが多い分、年収レンジも高めです。

■年収レンジ

プロジェクトマネージャーの年収は、エンジニアの他の職種と比較してかなり高めといえます。案件・求人内容やプロジェクトの規模、役割の範囲にもよりますが、一般的に高年収と言われる範疇に入る年収レンジです。

■仕事内容

プロジェクトマネージャーとは、システム開発プロジェクトなどの各プロジェクトにおいて、計画、進捗・予算管理、人材の管理育成を行う総責任者を指します。プロジェクトの進捗管理はもちろんのこと、メンバーのモチベーション管理や各方面への交渉など作業内容は多岐に渡ります。ITエンジニアのキャリアパスを考える際に、プロジェクトマネージャーになることが目的として設定されることも多いです。

2.プロジェクトマネージャーの年収アップに必要なものは?

プロジェクトマネージャーとして高年収を得るためには、以下のようなスキルを意識するとよいでしょう。

■開発・インフラ設計構築の実務経験

管理業務が主なプロジェクトマネージャーですが、自ら手を動かす場面もあります。フロント・バックエンドの両方の経験があれば、多角的にシステムを考えることもできます。

■大規模・小規模両方のプロジェクト経験

対応できるプロジェクトの幅の広さは、プロジェクトマネージャーとしての市場価値につながります。

■資格取得

プロジェクトマネージャーには、ITのスキルはもちろん、マネジメント能力やコミュニケーション能力など、リーダーシップに関連したスキルが求められます。そのため参画の際は資格ではなく経験が重視される傾向にあります。しかし、スキルを可視化できる資格を取得しておくに越したことはないでしょう。プロジェクトマネージャーとしてアピールにつながる資格は以下の通りです。

・プロジェクトマネージャー試験
・PMP(プロジェクトマネジメントプロフェッショナル)
・基本情報技術者試験
・ITストラテジスト試験

3.プロジェクトマネージャーになるまでのキャリアプランを考えてみましょう。

■プロジェクトマネージャーになるまでのキャリアプラン

プロジェクトマネージャーを目指すための一般的なキャリアプランは、プログラマーからSEとなり、その後プロジェクトリーダーとしての経験を積みプロジェクトマネージャーになるというものです。プロジェクトマネージャーは、プロジェクトのさまざまなメンバーを統括し、円滑にプロジェクトを運営していくポジションのため、各職種の知識・経験が求められます。

■プロジェクトマネージャーの適正とは?

プロジェクトマネージャーは、自分が担当するプロジェクトチームをマネジメントする案件です。技術面以外で求められるスキルをいくつか挙げてみましょう。

・マネジメントスキル・統括スキル
チームメンバーやクライアントとの円滑な人間関係の構築や、モチベーション管理などを行う際にこれらのスキルが発揮されます。

・経営的視点
予算管理や人材管理、資材管理など、ビジネスの視点から担当しているプロジェクトの管理を行うのがプロジェクトマネージャです。経営者視点を持ち、マネジメントしていくことが成功への鍵となるでしょう。

・柔軟性
プロジェクトマネージーの案件では、権限の範囲が曖昧であったり、工程が変更になることがあります。その際いかに臨機応変に対応できるかがポイントです。

プロジェクトマネージャー(PM)の案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.