Androidエンジニアの仕事内容

S.E 28歳 男性

S.E 28歳 男性

Androidエンジニアの仕事内容について教えてください。

Androidとはオープンソースのプラットフォームです。Androidエンジニアはこれを利用し、スマートフォン等のアプリケーション開発を行います。

詳しい解説はこちら

1.AndroidとはGoogleが無償で提供する携帯端末のためのプラットフォームのこと。

Androidは元来、携帯電話用のソフト開発を行っていた企業の名前を指しました。その後Google社がAndroid社を買収し、2007年にスマホやタブレット等、携帯端末のためのプラットフォームを開発。現在はそのプラットフォームが「Android」という名称で呼ばれています。Linuxカーネルベースの携帯用オペレーティングシステムやライブラリ、ミドルウェア、そして主要なアプリ等がひととおり揃っています。

Androidの特長は、Googleが提供する各種サービスと連携していること、マルチタスクであること、そしてOSのライセンス料金がかからないことです。一般開発者はAndroidを用い、自由かつ無償でアプリケーションを作ることができます。

Androidのスマートフォンが急速に普及した背景には上記のような事情があり、現在多数の企業がこの業界に参入しています。また、携帯電話のみならず、家電やカーナビなどへの移植が試みられるなど、Android関連の技術革新は日進月歩で進んでいるのが現状です。

低コストかつオープンソース形式を特色とするAndroidの市場は、現在も拡大し続けています。そのためAndroidアプリ作成の技術を有するエンジニアの需要は、今後ますます増加していくことが見込まれます。

2.Androidエンジニアの仕事内容とは?主にJava言語でアプリ開発などを行います。

Androidエンジニアの仕事内容は、プログラミング言語「Java」を用いた、スマホ向けのネイティブアプリケーションの開発や、カーナビ・家電などの組み込み系開発などです。

Androidエンジニアとして活躍するには、ネイティブアプリの開発経験など、実際の開発経験を求められます。、職歴としての経歴が不十分であってもAndroidエンジニアとして求人・案件に参画できるケースもありますが、その場合は独学でプログラミングを勉強したり、個人でアプリを開発したりといった、独学で意欲的に学んだ経験があることが望ましいとされます。

3.将来性が期待できるAndroid。Swift等の他言語を学ぶことでさらに案件の幅が広がります。

現在スマートフォン関連市場の急速な拡大が続いているため、Androidでアプリ開発ができる人材は必要不可欠な存在であるといえます。しっかりとした開発技術を身につけることができれば、Androidエンジニアとして末永く活躍し続けることができるでしょう。さらに、日本国内だけでなく世界規模で通用するアプリの開発を目標とするのならば、圧倒的シェアを誇るAndroidの将来性に期待することも可能です。

市場拡大に伴い、多様な言語を使ってAndroidのアプリが開発される可能性も出ており、Java以外の言語も習得することでさらに参画できる案件の幅を広げることができます。SwiftやUnityなどの異なるクライアントサイドの言語や、サーバーサイドの知識など、周辺スキルを身につけて領域を広げていくと良いでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.