C言語プログラマの仕事内容

K.E 35歳 男性

K.E 35歳 男性

C言語プログラマーの仕事内容について教えてください。

C言語プログラマーとは、C言語を用いて組み込みやフラッシュメモリなどの開発に携わるエンジニアです。C言語プログラマーの作業内容や必要な資質などについて解説します。

詳しい解説はこちら

1.主にC言語を使用するプログラマー職。C言語の特徴とプログラマーとしての仕事内容について紹介します。

■C言語プログラマーの概要

C言語プログラマーとは、その名称が示すようにC言語によるプログラミング技術を有し、C言語をメインに使用しながら案件に携わるプログラマーのことを指します。以下にC言語の特色と、C言語プログラマーとしての具体的な作業内容について解説していきます。

■C言語プログラマーの仕事内容

C言語はプラットフォームに依存しない性質をもっており、その汎用性の高さから自動車や航空業界、家電などさまざまな領域で用いられています。C++やJavaScriptなどのオープン系プログラミング言語と一緒に扱われることが多いです。C言語が使用されている求人・案件は、通信系や汎用系、組み込み・制御系、オープン系、ゲーム関連など幅広く、また大規模である傾向があります。

2.C言語プログラマーの需要と学習について。

■C言語プログラマーの将来性と需要

C言語は開発から40年ほど経っている言語でありながら、現在もいたるところで使用されています。家電やゲーム、自動車や航空機などの組み込み系だけでも業種が広く、需要が見込まれています。主に業務システム系のプロジェクトでよく使用されているため、C言語プログラマーの将来性はまだ堅実なものであるといえます。

歴史が長い分、C言語に関する資料は豊富であり、学習に際しては比較的取り組みやすい立ち位置にあります。また、C言語が元になって開発された言語もあることから、C言語を取得することで他言語の学習のハードルが下がるともいわれています。

3.C言語プログラマーのスキルと資格取得について。

■C言語プログラマーに必要なスキルについて

C言語は機械を制御することを目的に用いられることが多いため、プログラミングだけでなくIT技術の基礎的な部分の知識を求められることも多いでしょう。また、近年ではWeb系で用いられるJavaやPHPから学習を開始するプログラマーも多く、C言語を扱えるC言語プログラマーは一定の需要を持っているといえます。また、C言語で作られているオープンソースも多数あることから、C言語プログラマーはオープンソースソフトウェアを扱えることも期待されるでしょう。

C言語プログラマーとして必須の資格はありません。参画の際も資格だけで判断されることはありませんが、資格取得の過程で技術力のアップが図れたり、スキル向上の姿勢を示すことができることもあります。以下に代表的な資格をご紹介します。

<C言語プログラミング能力検定試験>
株式会社サーティファイが認定する資格試験です。簡単なプログラミングスキルを問われる3級から、OSへの理解と応用プログラム作成力を求められる1級まで、3段階でC言語プログラミングの能力を判定します。

<基本情報技術者試験>
経済産業省が認定を出す国家資格です。主としてシステムエンジニアやプログラマーが受験することで知られ、ITに関する基礎的な知識、および情報処理に要する論理的思考力などがテストされます。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.