フロントエンドエンジニアの年収

T.S 33歳 男性

T.S 33歳 男性

フロントエンドエンジニアとして年収を上げるためには、何をすれば良いのか教えてください。

企業担当 永田 綾乃

企業担当

永田 綾乃

画面上での動的表現を求めるサイトやゲームが増加し、ニーズも高まりつつあるフロントエンドエンジニア。年収アップには、フレームワークを用いた実装経験、サーバサイドの知見、UI/UXの知見などが有効といえます。

詳しい解説はこちら

1.フレームワークを使用した実装経験が活きる

フロントエンドエンジニアとは、javaScriptやHTML、CSSといった言語を用いたコーディング知識や技術をはじめ、そのスキルを用いて、デザイナーやディレクター、HTMLコーダー間の架け橋として作業を行なうことも求められる職種です。フロントエンドエンジニアとして活躍し、年収を上げるために大切なスキルを確認していきましょう。

フロントエンドエンジニアの参画するプロジェクトでは、複雑な処理を大人数で効率的に開発する必要性が高まりつつあります。そのため、react.js、Riot.Js、AngularJSなどのフレームワークを用いた実装経験があれば、有効なスキルを持った人材として活躍が見込めるでしょう。

2.サーバーサイドの視点に立ち、信頼のある関係性を構築

フロントエンドエンジニアとして作業していく中で、サーバー側との連携をスムーズに進めていくためにも、サーバーサイドの知見があるとよいでしょう。両方同じくらいできればサイト全体を見渡すことができ、大きな強みとなりますが、まずは学ぶことから始めてみるのも手です。言語でいえば、コンパイラ型言語であるJava、C、C++、インタプリタ型言語であるPerl、PHP、Ruby、Pythonなどが挙げられます。

ジャンルを問わず常に知識を吸収することで、挑戦できる求人・案件数も増え、高度なスキルの要求にも応じることができるようになるかもしれません。サーバーやデータベースについての知見があり、サーバーサイドエンジニアとのコミュニケーションが円滑にとれれば、フロントエンドエンジニアとしての評価も高まるでしょう。

3.UIやUXの知識を持ち、最適な実装を行えるとさらに良いでしょう

デザイナーやディレクターが設計した画面の制作意図を汲み取り、最適な実装を行なうことができるよう、ユーザーインターフェイス(UI)やユーザーエクスペリエンス(UX)の知見があることも重要といえます。ユーザーが見る画面だけでなく、それとともに起きる体験までを見越した想像力、また、その知識を元にあらゆるニーズに対応できる応用力や提案する力があれば、柔軟に解を導き出せる可能性があります。

スマートフォンの普及を筆頭にUIやUXの多様化が進み、画面上での動的表現を求めるサイトやゲームが増加しているので、それに伴う市場的なニーズも増加傾向にあります。HTMLコーダーとデザイナー・ディレクターの間にある知識の隙間を埋め、双方が納得できるようなサポートを行なっていくことは、作業の発展やエンジニアとしてのキャリアアップにも繋がり、年収アップの鍵となるでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.