エンジニアの退職理由

N.F 35歳 男性

N.F 35歳 男性

エンジニアの退職理由にはどのようなものがあるのでしょうか。

企業担当 長岡 豊

企業担当

長岡 豊

エンジニアの退職理由は、「スキルアップを図りたいから」「独立したいから」など様々です。

詳しい解説はこちら

1.エンジニアによくある退職理由

■エンジニアによくある退職理由

・スキルアップを図るため
・より条件の良い給与や待遇を求めて
・独立のため(個人事業主、フリーランスになる)
・将来性が見えなくなったため(キャリアパスやビジョンが見えない)
・ハードな仕事に耐えられなくなった(労働時間や通勤など労働条件が悪い)
・客先常駐など、人間関係が上手くいかない

とくに、スキルアップのためという退職理由がよく見られるのがエンジニアの退職の特徴といえます。業務内容が固定化してしまい、自分のスキルが変化しないことに焦りを感じるエンジニアも多いようです。自分自身の業務だけでなく、会社全体のビジネス構造や社風などが硬直している場合も当てはまります。

また、働きに対する正当な評価や報酬が得られていないなど、待遇に関する理由も見られます。その際は自分の市場価値を客観的に判断するために情報収集を始めることもあるようです。

2.いよいよ退職を決意した際、「いつ」「誰に」「どのように」伝えれば良いのか確認しましょう。

退職を決意したら、会社へ退職の意思表示をしなければいけません。では誰にどのような内容で退職の意思を伝えれば良いのでしょうか。タイミングやコツを具体的に説明いたします。

■いつ

退職希望日の3ヶ月から1ヶ月前に、退職の意思表示をしましょう。またタイミングは、繁忙期以外が好ましいです。

■誰に

まずは直属の上司に伝えましょう。同僚や親しい先輩に先に伝えるのはNG。もしそのことが上司に伝われば、トラブルになりかねません。

■どのように

退職理由は、「個人的・前向きな都合」を伝えるのが良いでしょう。退職に至る理由は、「激務に耐えられない」や「給与や待遇に不満がある」などさまざまだと思います。しかしそれらを素直に話してしまうと、その後も勤務し続ける上司は不快に感じるかもしれません。また「今後改善するので」という話になり、引き止めを受ける可能性もあります。これらのことを踏まえ、できるだけ前向きで個人的な理由を伝えることが望ましいです。

3.転職面接で退職理由を聞かれた場合

マイナスな理由から退職を考えた際、転職時に頭を悩ませるのが退職理由ではないでしょうか。「ハードワークに耐えられませんでした」「給与や待遇が不服でした」など退職理由を素直に面接官に伝えてしまえば、マイナスイメージを持たれる可能性があります。では、転職活動で面接官が納得するような退職理由とはどのような内容でしょうか。説明する際のコツや気をつけたいポイントを考えてみましょう。

■前向きに言い換えて伝える

面接官が退職理由を聞くのには理由があります。「すぐに辞めないか」「批判的な思考をする人か」「周りの人と良好な関係を築けるか」などさまざまな観点から退職理由を聞いているのです。そのため本音を素直に伝えるのではなく、なにを判断されているのかを意識し、前向きな言葉に言い換えて伝えるといいでしょう。

■話し方を意識する

しっかり背筋を伸ばしハキハキとした口調で話しましょう。それだけで印象がとても良くなります。また、話す内容を前向きに締めくくるのもポイントです。

■まとめ

退職理由を話す時には、内容や話す表情を意識的に前向きな印象にするよう心がけましょう。また前職の批判をするのはNGです。
しかし転職とは、より良い環境へのステップアップなのでポジティブな活動ともいえます。退職することもポジティブに捉え、自分の魅力をアピールしてみましょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.