組み込みエンジニアに必要なスキル

O.N 27歳 男性

O.N 27歳 男性

組み込みエンジニアに必要なスキルについて知りたいです。

組み込みエンジニアとは、電子機器などに組み込まれているシステムを作る技術者を指します。ソフトウェア・ハードウェアの知識をはじめ、安全性や質への高い意識が必要な職種です。

詳しい解説はこちら

1.セールスエンジニアは技術力と営業力を併せ持つ

セールスエンジニアとは、エンジニアリングの知識を持ち、顧客へ提案・販売を行なう職種のことです。プリセールスや技術営業、フィールドエンジニアなどと呼ばれる場合もあります。営業の対象の業種は、金融や製造、メディア、医療施設、官公庁の他、IT製品を使う可能性のある業種、また、業務部門やIT部門、経営など幅広くあります。

営業面と技術面の両方のスキルが必要とされる仕事であるため、システムエンジニアや営業からのキャリアチェンジの1つとして考えられます。

2.技術知識を活かしつつ、顧客への最適解を導き出す

セールスエンジニアの主な仕事内容は、自社製品(ハードウェアやソフトウェア、クラウドサービス、コンサルティング、ユーザーサポートなど)の提案・販売です。顧客と直接やりとりをするという観点から、営業との区別が難しいと言われる場合がありますが、セールスエンジニアは、技術面の知識をより多く持っており、経験も加味して情報を伝えられることが営業との違いといえるでしょう。顧客を訪ねた際に、製品を使って見せる場合もあります。

前の項目であげたように、顧客はITの専門家ではない場合があります。そういった人々に対して専門用語の翻訳家のような役割を担いながら、製品の利便性や必要性を説明し、使えるようにすることがセールスエンジニアの仕事です。また、製品やサービスを販売することだけではなく、顧客にとって最適な環境をつくることも頭に入れておく必要があります。顧客にとって必要な情報やサービスを取捨選択して、誠実に伝えることが重要です。

技術者や会社の代表としてセールスを行なうことは大きな責任が伴います。しかし、顧客の悩みや疑問を解決し、満足度の高いサポートをしていくことにより、顧客の反応を間近で感じることができるのもまたセールスエンジニアのやりがいだと言えるでしょう。

3.セールスエンジニアとして役に立つ4つのスキル

製品やサービスを正確に理解し、顧客が求めるニーズに対応する必要があるサービスエンジニア。
下記で紹介するスキルをバランス良く身につけていくことが、キャリアアップのカギになることでしょう。

■技術力

まずは製品やサービスを理解し、使うことができるスキルが必要です。また、顧客の前で製品を使う場合もあるので、コードを書く・読むといった作業のスピードも速いほうが良いでしょう。そのため、プログラマーやシステムエンジニアからセールスエンジニアになるケースも見られます。

■提案力

顧客が本当に必要としているものを理解し、最適な商品を提案できる力は必須といえるでしょう。ひとつの製品を提案するだけではなく、顧客の金銭面やIT環境に合わせてサービスを組み合わせていくことにより、最適解を見出す必要があります。柔軟な発想と相手の立場に立った対応が、長期的な信頼につながるでしょう。

■コミュニケーション力

セールスエンジニアの現場は「人と人との関係」です。顧客パーソナリティを理解したうえで対話を行なうことも、セールスエンジニアに必要なスキルといえます。

■語学力

セールスエンジニアの需要は、外資系企業にもあります。また、日本の企業であっても、海外に関連会社がある場合もあるので、ある程度の語学力を身につけておくことにより、さらに多くの案件に携わるチャンスがあるでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.