ノマドとは

T.J 27歳 男性

T.J 27歳 男性

ノマドとはどのような働き方ですか。

新たなワークスタイルとして注目されている「ノマド」。フリーランスとの違いや、ノマドのメリット・デメリットを知っておきましょう。

詳しい解説はこちら

1.カフェや図書館など、作業場所と作業時間を自由に選べるのが特徴です

ノマド(nomad)とは、「遊牧民」を示す言葉です。日本では主にノマドはPCなどのIT機器を持ち歩き、カフェや図書館、コワーキングスペースなどネット環境が整った場所を職場として活動している人の事を指します。

PCやスマートフォンなどの通信機器でデータをやり取りし、会社に通勤する人とは対照的に、自分で決めた時間・場所で働く事が特徴です。一定の場所にとらわれない自由さが、ノマドの魅力といえるでしょう。

2.「ノマド」と「フリーランス」の違い

ノマドとフリーランスという言葉は混同されがちですが、次のような違いがあります。ノマドは企業に所属している・いないに関わらず、自由な場所で作業をするというワークスタイルを表す言葉です、対してフリーランスとは、いわゆる働き方の一つです。特定の企業に雇用されず、案件単位で働くのがフリーランスです。フリーランスでも、自分のオフィスを持ってそこに通っていれば、ノマドではありません。フリーランスとして案件を請け負いつつ、契約した企業のオフィスではなく好きな場所で働く状態は、フリーランスでありながらノマドを兼ねている事になります。

3.魅力的な反面、気をつけておきたいデメリットも

新しいワークスタイルの一つとして多くの注目を集めているノマド。メリットや、気をつけておきたいデメリットが存在します。主なメリット・デメリットをまとめてみましょう。

■メリット例1「好きな場所で仕事ができる」

ノマドワーカーの最たる特徴であり、メリットと言えるであろう部分です。自分がリラックスできる作業環境を確保することで成果物のクオリティが上がることもあるでしょう。

■メリット例2「通勤ラッシュの心配がない」

ビジネスパーソンには、朝の通勤ラッシュが苦痛だという方もいるでしょう。ノマドであれば自宅からそのまま作業場所に立ち寄り、好きな時間に作業に取り掛かれます。通勤にかかる時間を短縮して有意義に使えることもポイントです。

■デメリット例1「お金がかかる」

例えばカフェで作業をする場合、少なくともコーヒー1杯分の料金が必要です。積もり積もるとそこそこの出費になってしまいます。

■デメリット例2「自己裁量で行き詰まることも」

常駐型でないフリーランスと同じく、ノマドは、勤務時間や休憩時間を自分の裁量で決定します。一つの作業を完成させるために必要なリソース配分、費用、体調管理などは全て自分で調整する必要があるため、自己管理に自信のない方にはデメリットとなってしまいます。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.