ノマドワーカーになるには

E.R 29歳 男性

E.R 29歳 男性

ノマドワーカーになるには、どのようなスキルが必要とされますか。

作業場所・時間などの自由さから注目が集まりつつある「ノマドワーカー」。自己管理能力や独立して働けるスキルをもった方が活躍しているようです。

詳しい解説はこちら

1.自分に合った働き方をするノマドワーカー

ノマドワーカーの「ノマド」は、英語で遊牧民を意味する“nommad”から来ています。
ノマドワーカーとして働く方の職種は、プログラマーやWebデザイナー、ブロガーなど、場所を限定せず作業を進められるものが多いようです。

作業場所を固定せずに、時間も自身で決める働き方として、近年ノマドワーカーを希望する方が増えつつあります。カフェや図書館など、その作業場所はさまざま。コワーキングスペースを利用する場合もあります。

必要なものだけを持ち歩き、状況に合わせて働く場所を変えられるノマドワーキングは、時代の流れに合わせて生まれた新しい働き方としてさらに注目が集まっていくことでしょう。

2.ノマドワーカーのメリット・デメリットについて

電源とパソコン、Wi-Fiなどの環境が揃っていれば行えるノマドワーキング。最近ではそういった方向けの環境を整えている公共スペースも、見受けられるようになってきました。
一般的なものとして根付きつつあるノマドワーカーのメリット・デメリットを考えてみましょう。

■メリット

まず、ノマドワーカーの長所として一番にあげられるのは、その自由さです。場所や時間帯、服装などに規定はありません。柔軟なアイデアがほしい場合は、にぎやかなコワーキングスペースを利用したり、綿密な調整やコーディングなどで集中したい場合は、静かなカフェや自宅で作業をしたりするなど、状況にあわせた場所選びができます。

時間にも規定がなく、朝夕の通勤ラッシュを避けたり、朝型・夜型の生活リズムに合わせたりと、自分にとって作業しやすい時間帯を選んで業務に取り組めるのもメリットとなることでしょう。

■デメリット

その自由さゆえに、多少のデメリットもあるようです。作業場所としてカフェやコワーキングスペース、レンタルオフィスを借りる方もいるようですが、その場合どうしてもお金がかかってしまいます。
特に飲食店など、本来作業スペースとして利用される目的ではない場所では、長時間の滞在は迷惑になってしまう場合もあります。

3.ノマドワーカーに必要なスキルとは

ノマドワーキングはどういった方に向いているでしょうか?
前項であげたメリット・デメリットを参考にしながら、考えられる点を下記にまとめました。

■自己管理ができる

働き方は自由であっても、その成果物を待っている人やクライアントがいることは間違いありません。ノマドワーカーとして働くにあたって、特に重要なポイントは予定どおり仕事を遂行するための自己管理能力ともいえます。

スケジュール管理をはじめ、金銭面や体調など自分の管理能力が直接仕事に影響します。自分のことを厳しい目で見つめ、仕事の質が向上することを常に目指し続けられる意識が大切です。

■自分で問題を解決できるスキルを持っている

ノマドワーカーは基本的に一人で仕事をすることになります。つまり、作業を進めていく上で分からないことが出てきた場合などに、上司や同僚にすぐ頼ることができない状況です。いきなり独立するより、会社勤めをして、ある程度のスキルを持っている方向けともいえるでしょう。

■実績がある

知識や能力にも関係しますが、過去の仕事で実績を積んでおくことも大切です。自分の実績や能力を証明できなければ、クライアントから案件を請けることは難しいでしょう。過去の制作物をまとめたポートフォリオを使ってプレゼンしたり、プロジェクトに携わった経験を話せるようにした方がよいでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.