フリーランスとSOHOの違い

N.S 38歳 男性

N.S 38歳 男性

フリーランスとSOHOにはどのような違いがあるのでしょうか。

フリーランスとして自宅や小さな事務所で業務を行うのであればSOHOですが、企業に常駐する場合などはSOHOには該当しません。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.SOHOは独立して小さな事務所や自宅で働く人のこと

SOHOとは、企業などオフィスに赴かず、 小規模な事務所や自宅で働く人のことです。SOHOは、「Small Office」と「Home Office」の頭文字をとったものになります。

SOHOは、移動時間を減らせるほか、自分で働く時間を決めることができるというメリットがあります。クライアントから依頼された業務を事務所や自宅で進め、納期に合わせて納品する流れになります。

SOHOに求められる能力は業務内容によって異なりますが、最低限の環境としてインターネットとセキュリティの環境は整えておく必要があるでしょう。また、クライアントは発注の際、主に実績によってその人の能力を判断します。そのため、小さな案件からでも着実に成果を出すことが大切です。

2.SOHOとフリーランスの言葉の使い分け

企業に属さず独立して業務を行う人で、自宅や小さなオフィスで業務を行うのであれば、フリーランスかつSOHOといえます。一方、フリーランスの人の中には企業に常駐して業務に携わる人もいて、そのような場合はSOHOには該当しません。SOHOに該当するかは、どこで業務をするかによって変わるといえます。

3.SOHOの主な業務内容

SOHOの主な業務の例として以下のようなものが挙げられます。

■ライティング

指定のキーワードを使った文章の作成や、本文をリライトする業務です。
美容やファッション、ゲームなどライティング内容はさまざまあり、専門的な知識が必要な案件になると単価は高くなる傾向にあります。

■Webサイトの作成や運営

企業のWebサイトの作成や管理、運営を行う業務です。案件によって業務の範囲は異なり、サイトの製作をすべて任されることもあれば、指定されたページのみを作成することもあります。
サイト関連の案件は実務経験が求められる傾向にあり、サイトの管理・運営を行う長期契約のものもあります。

■データ入力

クライアントからデータ入力用のファイルを受け取り、必要なデータを入力する業務です。
単価は業務内容や必要となる時間に応じて変化しますが、1ファイルあたりで設定されることが多いため、納品数は50件や100件など多くなる傾向にあります。

どのような業務でも、クライアントと信頼関係を構築できるよう、期限を守り、責任を持って納品するようにしましょう。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.