会社員がフリーランスとして副業をすることはできるか?

K.O 28歳 女性

K.O 28歳 女性

会社員がフリーランスとして副業をすることはできますか?

会社員がフリーランスとして副業を行うことは法律上は禁止されていません。しかし、就業規則や雇用契約書といった形で本業以外の副業を禁止したり、控えるよう規定している会社もあるようです。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.会社員がフリーランスとして副業を行うメリットとは

フリーランスの副業を行うことには、以下のようなメリットがあります。

■収入が増える

フリーランスの副業を持つことのメリットとしては、収入が増えるということがまず挙げられます。そのため、勤めている会社からの収入では足りないという方や、一時的に収入を増やしたいという方が行うこともあるようです。

■時間を有効に使うことができる

空いた時間を有効に使うことができるということもメリットの一つに挙げられます。最近では在宅ワークでできる作業も増えており、退社して帰宅後、または休日に自宅で副業を行うということも可能になってきました。特にインターネットを用いた在宅ワークは増えてきており、時間だけでなく場所も選ばずに行うことが可能です。

■独立や起業の準備になる

将来的に起業したい方やフリーランスのみで活躍したい方などが、今後の独立準備として副業をすることもあります。初めは副業からスタートし、軌道に乗り次第、独立へシフトする方が、突然退職して独立するよりもリスクを軽減できるといった考えがあるようです。

2.時間や場所に拘束されない副業の例

最近ではクラウドソーシングサービスのサイトも増えており、副業でできる多くの案件が紹介されています。インターネット環境があれば、案件探しから作業、契約先とのやり取りや報酬受取に至るまで、全てをサイト上で行うことも可能な場合もあります。副業に費やせる時間などを考慮して、自分のスキルや適性に見合う案件を見つけることが大切です。

クラウドソーシングサービスで紹介されている案件例
・ライティング、記事作成
・翻訳
・Webデザイン、コーディング など

またIT系のより深い知識や経験があれば、プログラマーやシステムエンジニアとして副業することもできます。システム設計・開発、プログラム修正などの在宅で行える案件が多くありますが、作業場所に拘らないのであれば休日などを利用して週に1日だけクライアント先に常駐するような副業もあります。

3.フリーランスの副業を行う際の注意点

会社員がフリーランスとして副業を行う注意点には以下のことが挙げられます。

■就業規定の確認

会社員が副業を行うことは法律上では禁止していません。しかし、会社の就業規定などに副業の禁止が明記されている場合も多くあります。会社での業務に支障が出たり、重要な情報などが漏えいしてしまう恐れがあることが副業を禁止する主な理由のようです。そのため、副業を行う際の就業規定の確認は必須です。もし副業が可能な場合も、会社での業務に差し支えがない範囲で行うようにしましょう。

■確定申告

フリーランスとして副業を行った際、報酬が一定以上の額になれば確定申告を行うことが必要になります。アルバイトやパートといった時間給の副業の場合は「給与所得」になるため、確定申告を行う必要はありません。しかしフリーランスとして報酬を受ける場合は、「雑所得」として申告を行います。

■副業の選択

副業をする際には、どのような目的でどのくらいの期間行うのかを明確にすることが大切です。例えば一時的に収入を増やしたい場合は、短期間で集中して行うことができる副業を選ぶことになるでしょう。しかし、長期的に行う場合は持続できるような副業を選ぶことが重要です。会社員として会社の業務に支障のないような副業を選ぶことが持続できる鍵と言えるでしょう。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.