フリーランスの職業名の書き方は?

I.J 39歳 男性

I.J 39歳 男性

フリーランスは書類などの職業欄にどんな職業名を記入すればよいでしょうか?

企業担当 米本 奈緒子

企業担当

米本 奈緒子

フリーランスや自由業といったものを記入するといいでしょう。ですが、「個人事業の開業・廃業等届出書」の職業欄では職種を記入します。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

職業名の書き方は、書類によって変わります

まず職業とは、辞書によると生計を立てるために行う日常的な仕事のことを指すとされています。その仕事には会社員や公務員、自営業、アルバイトといったものが挙げられます。
そのため、フリーランスが書く書類に職業欄がある場合はフリーランス、もしくは自由業と記入するといいでしょう。近年ではフリーランスの増加に伴い、選択式の職業欄にはあらかじめフリーランスが追加されている場合もあります。

しかし、「個人事業の開業・廃業等届出書」の職業欄を記入する場合は、職業ではなく職種を記載することになります。職種とは、辞書によると職業や職務の種類とされています。職種の例として、システムエンジニアやプログラマー、Webエンジニアなどが挙げられます。
記入する職種に迷った際は、「日本標準職業分類」を参考にしてみるのもいいかもしれません。必ずしもこの「日本標準職業分類」に則った職種を記載しなければならないというわけではなく、できるだけ迷うことなく書類を仕上げたい場合に、上記の中から適切なものを選んで記入するという方法があります。また、もし1つに留まらず複数の職種を考えているのであれば、メインとなる職種を記載しておくといいようです。

「個人事業の開業・廃業等届出書」職業欄を記載するにあたって、注意しておきたいことがあります。それは各都道府県によって異なりますが、事業所得が290万を超える場合、職種によっては個人事業税がかかってくるということです。個人事業税は、3%から5%となっています。自分の職種に個人事業税がかかるかどうか、後々慌てずに済むようしっかりと把握しておきましょう。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.