フリーランスの職業欄の書き方は?

M.R 40歳 男性

M.R 40歳 男性

フリーランスの職業欄の書き方について教えてください。

基本的に、職業欄にはフリーランスと書いて大丈夫でしょう。しかし中には勤務先の住所や電話番号を書かなければならない場合があります。その場合は自分のものを書くようにしましょう。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

職業欄に勤務先を記入しなければならない場合の書き方

フリーランスとして働いている方の中には、キャッシングを申し込む際や保護者として書類を作成する際など、職業欄に勤務先を記入しなければならない場合、どう書けばいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか。そこで、フリーランスの場合はどのような書き方をしたらいいのか紹介します。

■職業

基本的にはフリーランス、自由業、個人事業主のいずれかを記入します。
しかし開業届の職業欄を記入する際は上記に当てはまらず、総務省の日本標準職業分類を参考にシステムエンジニアやプログラマーなどといった、職種で記入することになります。

■会社名

屋号を記入します。
屋号は開業届を出す際に屋号欄に記入すれば得ることができます。
しかし開業届は屋号欄が空欄でも受理されるため、屋号と持っていないという方もいるでしょう。
またはそもそも開業届を出していないという方もいるかもしれません。
その場合は自身の名前を記入します。

■住所、電話番号

たとえクライアント先に常駐している場合でも、記入するのは自分の住所、電話番号です。
自身の事務所を設けている場合は、その住所、電話番号を記入します。固定電話がない場合は携帯電話番号を記入しましょう。何故ならクライアント先に籍を置いているわけではないからです。
キャッシング審査には在籍確認があり、勤務先として記入した電話番号に電話されます。もしクライアント先を記入していた場合、在籍の確認が取れず審査で不利になってしまう可能性もあるでしょう。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.