フリーランスの収入に占める税金の割合

W.H 30歳 男性

W.H 30歳 男性

フリーランスの収入のうち、税金の割合はどのくらいになりますか?

企業担当 濱野 惠理

企業担当

濱野 惠理

フリーランスの収入のうち、税金として納めなければならない金額の割合は人によって異なります。住んでいる地域や所得、状況によって税額が変わるためです。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

税額は地域や所得などで変化します

フリーランスになると、確定申告をして自分が支払うべき税金の額を申告することになります。
利益から差し引かれる所得にかかる税金の割合は自身の収入や状況、住んでいる地域によって違います。しかし主にどのような税金があるのかは同じであるため、知っておいたほうが良いでしょう。フリーランスが支払わなければならない税金は、所得税、住民税、国民健康保険税、個人事業税、消費税の5つです。

■所得税

所得税とは、1年間の利益から経費や所得控除(基礎控除、社会保険料控除、扶養控除 他)などを差し引いた所得に課せられる国税のことです。所得が増えるほど税率も上がっていきます。フリーランスの場合、青色申告制度を利用すると最高で65万円の控除が可能です。

■住民税

住民税とは都道府県民税と市町村民税(特別区民税)を合わせ、市町村に納める税金のことです。
前年の所得に応じて一律10%課税される所得割と所得が関係ない均等割を合わせてた税額を納めます。

■国民健康保険税

国民健康保険税とは健康保険の費用として世帯ごとに納める税金のことです。市町村に納めることになっており、住んでいる地域や世帯人数、前年の世帯所得によって税額が変わります。
市町村によっては国民健康保険料としている場合もあります。

■個人事業税

個人事業税とは、所得が230万円を超えた個人事業主が都道府県に納める税金のことです。
業種によって納める税額が変わります。

■消費税

消費税は2年前の年間純売上高が1000万円を超えた場合に納めることになります。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.