フリーランスの記帳代行について

B.H 38歳 男性

B.H 38歳 男性

フリーランスが記帳代行を依頼する際の注意点やメリットなどを教えてください 。

企業担当 長岡 豊

企業担当

長岡 豊

煩わしい税務申告や確定申告を行ってくれる記帳代行。一見して便利なように思えますが、気を付けておきたいこともあります。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

記帳代行を依頼する際のメリットや注意点とは

作業や営業などで忙しくしているフリーランスでも、行わなければならないのが帳簿付けです。平成26年1月より、青色申告だけではなく白色申告も記帳することが義務付けられました。
忙しい合間を縫って自分で記帳を行うのは、負担に感じてしまうこともあるでしょう。そこで便利なサービスが、記帳代行です。記帳代行は、領収書の計算などの業務を代行するサービスで、税理士事務所や会計事務所、記帳代行会社などに依頼することができます。
それでは、記帳代によるメリットや注意点などを確認しておきましょう。

■メリット

・作業負担の軽減
記帳代行を依頼することによって、本業に集中できます。どうしても時間が取れない、という時でも強い味方となるでしょう。

・税務申告や確定申告を代行
記帳代行と同時に、税務申告や確定申告などを行ってくれるサービスもあります。年末年始などの忙しくなる時期に、慌てる必要がなくなるかもしれません。

・節税の相談が可能な場合も
記帳代行企業の中には、節税のコンサルティングサービスがある場合も。第三者の目線で、節税できるポイントがないかどうか見てもらうのも良いでしょう。

■注意点

・税理士がいるかどうか
記帳代行会社の中には、税理士が在籍していないケースも見られます。税務申告や確定申告などは納税者本人か税理士にしかできないとされていますので、税理士が在籍しているかや提携しているかどうかなどをしっかりと確認しておきましょう。

・価格設定が明確であるか
曖昧な価格設定をしている場合は追加オプションが加わり、予想を越えて高額になることもあるようです。そのため、契約の際にはしっかりと価格の確認を行うことが大切だといえます。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.