フリーランスのソフト開発について

N.T 27歳 男性

N.T 27歳 男性

フリーランスのソフト開発に興味があります。どのような働き方がありますか?

フリーランスとしてソフト開発に参画する場合、在宅型と常駐型のものがあります。在宅型は作業時間や作業場所を自由にできる働き方で、常駐型はクライアント先で作業を行う働き方です。

フリーランスになることで解決できる悩みもあります

詳しい解説はこちら

在宅型と常駐型、どちらにもメリットが存在しています

フリーランスは、好きな時間に好きな場所で作業ができるというイメージを持つ方も多いでしょう。ソフト開発に参画する場合においても、在宅型であれば作業時間・場所が指定されずに自由に働くことができます。
しかし、案件の中には、クライアント先に出向して常駐する常駐型の案件もあります。その場合には作業時間をクライアントとの契約によって決めるケースも少なくないようです。
それでは、フリーランスとしてソフト開発に参画する上で無視できない、在宅型と常駐型について見てみましょう。

■在宅型

在宅型はフリーランスのメリットにもあるように、作業時間・場所に縛られない働き方ができます。自宅はもちろん、カフェやシェアオフィスといった場所でも、パソコンとネット環境があれば作業が行えます。ですが、常駐型に比べて単純作業が多い傾向があり、自分なりにモチベーションを保つ必要があるでしょう。

■常駐型

常駐型は、クライアント先に出向して作業を行う働き方です。時間や場所が自由という働き方ではありませんが、企業のニーズが高いため在宅型より案件に参画しやすいほか、大手企業の案件に参画しやすいなどの特徴があります。また、さまざまな案件に参画することによって、幅広い現場経験を磨けるといったメリットも享受できるでしょう。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.