フリーランスのネット銀行選びのポイント

M.N 26歳 男性

M.N 26歳 男性

フリーランスがネット銀行を選ぶ基準や、ネット銀行のメリットを教えてください。

企業担当 柴山 翔大

企業担当

柴山 翔大

ネット銀行には、報酬が入金されているかの確認や確定申告で必要な青色申告の複式簿記の記帳が楽になるというメリットがあります。このようなメリットを活用できるネット銀行を選ぶと良いでしょう。

フリーランスになることで解決できる悩みもあります

詳しい解説はこちら

ビジネス用の口座をネット銀行で開設するメリット

フリーランスで働く方には、プライベートで用いる口座とは別に、ビジネスで用いる口座を用意することをおすすめします。
プライベートとビジネスで分けてお金を管理することにより、帳簿がつけやすくなるからです。
ビジネス用の口座を開設する場合はネット銀行を利用すると良いでしょう。
フリーランスがネット銀行を用いることで以下のメリットがあります。

■自身のパソコンやスマートフォンなどで取引ができる

報酬の支払日はクライアントごとに異なるため、ネットバンキングを用いていない場合などは、支払日ごとに確認に行こうとすると手間がかかることがあります。
しかしネット銀行の場合は自身のパソコンやスマートフォンを用いることで時間や場所を問わず確認することが可能です。

■手数料が比較的安い

ネット銀行は実店舗がないため、振込やATMの手数料が実店舗ありの銀行に比べて安くなっています。
頻繁に振込作業などを行う場合、非常に重要なメリットと言えるでしょう。

■クラウド会計ソフトを利用できる

ネット銀行の中にはクラウド会計ソフトに対応しているところがあります。
それにより確定申告の際に必要になる青色申告の複式簿記がつけやすくなります。

現在、ネット銀行は複数存在しています。
その中から最適な銀行を選ぶには、上記のメリットを受けられるかだけでなく、知名度の高さや屋号を名義に入れられるかも気にした方が良いでしょう。
フリーランスは法人に比べ信用が薄くなってしまいがちですが、それらによって信頼性を高められる可能性があるからです。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.