フリーランスはものづくりに集中できるか?

S.Y 37歳 男性

S.Y 37歳 男性

フリーランスになればものづくりに集中できますか?

フリーランスになると営業や経理なども自身で行わなければならないため、本業であるものづくりにだけ集中するのは難しいでしょう。しかし、ものづくりにだけ集中する方法がないわけではありません。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

ものづくりだけに集中するためには

フリーランスになると、クライアント先での常駐業務に携わらない限りは自由に時間・場所を選べるため、自身の集中しやすい時間・場所で業務を行うことが可能です。
そのため集中して本業であるものづくりに取り組みやすいというメリットがありますが、その反面ものづくりのほかにも、営業や経理業務を自ら行わなければならないというデメリットが存在します。
フリーランスとなってものづくりにだけ集中したいのであれば、案件紹介エージェントや経理代行サービスなどを活用するとよいでしょう。

■案件紹介エージェント

フリーランスになるとクライアントの獲得や単価の交渉など、ものづくりに携わるまでに様々な作業を行う必要があります。
しかしエージェントを利用するとそれらの負担を軽減することができるでしょう。
エージェントは案件の紹介を専門的に行っているため、そこに登録すれば自分で営業を行わずとも案件を獲得することができるようになるのです。
また自分のスキルや希望に合った案件を見つけやすいというメリットもあります。
クライアントとの商談や契約書の作成をサポートしてくれるエージェントもあり、初めてフリーランスとして働くという方には心強い味方となるでしょう。

■経理代行サービス

フリーランスになると確定申告を行わなければならないため、経理は欠かせない業務です。
特に青色申告特別控除を受けるには税法や複式簿記に関する知識が必要になり、これらの知識を身につけたり実際に経理を行ったりするとそれなりの時間を消費します。
それを避けたいのであれば、税理士などが行っている経理代行サービスを利用すると良いでしょう。
基礎知識を有している場合は、クラウド会計サービスなどの利用もおすすめです。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.