フリーランスの類語

I.T 38歳 男性

I.T 38歳 男性

フリーランスの別の呼称や類語はありますか?

フリーランスの類語には、個人事業主や自営業主などが挙げられるでしょう。それぞれ似通った意味を持っていますが、厳密には異なる部分もあります。

フリーランスになることで解決できる悩みもあります

詳しい解説はこちら

フリーランスの類語は個人事業主や自営業主など

フリーランスの類語には、個人事業主や自営業主などがあります。それぞれに意味は似ていますが、厳密には異なっている部分もあります。本記事では、フリーランスおよび各用語の具体的な定義と、類語同士の相違点について見ていきましょう。

■フリーランスとは

フリーランスは特定の企業・団体に雇用されるのではなく、個人が独立した形で作業を請け負う働き方です。つまり、フリーランスという語は業務形態や働き方そのものを示す言葉であると言えるでしょう。案件の度に契約を結ぶことが多く、自らの持つ高い技術や知識を依頼主へ提供します。職種としては、プログラマーをはじめとしたIT系や、ライター・イラストレーターといったクリエイティブ系のものが多いようです。

■個人事業主とは

個人事業主とは、税務上の区分の1つです。法人を設立することなく、独立した個人として事業を運営している人を指します(ただし、従業員を雇用することや家族経営を行うことは可能)。前項で説明したフリーランスには、個人事業主としてビジネス展開をする人もいれば、会社を設立する人もいます。フリーランスという大きな括りの中に個人事業主が含まれており、その中でも法人成りしている人以外が個人事業主とされているのです。

■自営業主とは

自営業主は、個人経営によって事業を展開している人のこと。つまり、個人事業主とほぼ同義であると言えます。各種店舗経営者や開業医、弁護士など、自営業の業種はさまざまです。また、内職や副業が自営業に含まれるケースもあります。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.