フリーランスのワークライフバランス

W.N 38歳 男性

W.N 38歳 男性

フリーランスのワークライフバランスについて教えてください

フリーランスという働き方は、個人の裁量が大きく自由度が比較的高い働き方です。そのため、企業に勤める場合に比べ、ワークライフバランスは保ちやすいといえます。しかし、フリーランスでも適切なワークライフバランスを実現することに苦労する場合はあります。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

フリーランスがワークライフバランスを実現するには

そもそもワークライフバランスとは、一人ひとりがやりがいを持って仕事に携わりながら、家族や友人との充実した時間も確保できる状態のことをいいます。

フリーランスは個人の裁量で案件を請け負うことができるので、業務を詰め込みすぎてしまうこともあり得ます。それによりワークライフバランスが崩れてしまうことがあるのです。

■ワークライフバランスを実現するポイント

ワークライフバランスを実現させるには、働く時間を決めることが大切です。働く時間を決めることにより、生活にメリハリが出て業務に集中することができます。また1日の働く時間だけでなく、休日も決めるなどの工夫もできます。

フリーランスは働いた分だけ収入になるため、ついつい仕事を詰め込みがちになってしまう傾向もあります。それを防ぐためにも事前に休日を決め、その日は仕事を入れないようにする必要があるのです。休日の日数などは、自身の作業スピードや確保できる作業時間を把握し、目標としている金額の収入が得られるよう調節すると良いでしょう。

また一定期間おきにスケジュールを見直して調整することも大切です。フリーランスは急に業務が増えたり長引いたりすることがあります。それにより、働く日や時間を決めていてもその通りに行動できないことがあるのです。そこで、仕事が続いたら休日を挟むなど、数日おきに調整することでワークライフバランスを実現できるでしょう。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.