フリーランスの打ち合わせ時の服装

T.R 40歳 男性

T.R 40歳 男性

フリーランスが打ち合わせの際に服装で気をつけたほうがいいことはありますか?

企業担当 大林 春菜

企業担当

大林 春菜

自由な服装で仕事ができるのがフリーランスの醍醐味ですが、外部の人と接する打ち合わせにはどのような服装が好ましいのでしょうか。一般的な服装、避けておいた方が良い服装についてご紹介します。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

初回の打ち合わせは、スーツが無難

■フリーランスと服装の自由について

フリーランスは働く場所や時間と同様に、服装の自由がきくのが大きなメリット。「だからこそフリーランスの道を選んだ」という方も多い事でしょう。
しかし、特に初めての打ち合わせとなると服装に悩む方も多いでしょう。打ち合わせはクライアントにとって、相手がどういう人なのか判断する場所であり、第一印象が大きく左右されがちです。一般的に、人は初対面の相手に対して見た目から感じる第一印象が5割を占めているとも言われます。スキルがある人でも、清潔感に欠けていたり場にそぐわない服装をしていると見た目で損をしてしまうかもしれません。

■初回の打ち合わせはスーツを選ぶのが無難

初めての打ち合わせへ向かう場合、特に服装の指定がなければスーツを着ていくのが無難です。
またスーツに合わせたバッグ、シューズをそれぞれ用意しておきましょう。
まずバッグは、いわゆるビジネスバッグが基本となります。リュックは避けた方が良いですが、最近はビジネスシーンに使えるフォーマルなタイプのリュックも登場しています。どうしてもリュックがいい、という方はチェックしてみましょう。
またシューズは、スーツに合うような革靴を一足もっておくのがベターです。
初回の打ち合わせで相手がカジュアルな服装をしていた場合、次回以降も打ち合わせの機会があればカジュアルを着用して良いという指標になります。
相手がフォーマルな服装の場合でも、「次回からは普段の格好でいいですよ」と言われれば、次回からはある程度清潔感のあるカジュアルで参加すると良いでしょう。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.