社内勉強会のメリット

T.S 29歳 男性

T.S 29歳 男性

社内勉強会にはどのようなメリットがありますか

企業担当 濱野 惠理

企業担当

濱野 惠理

自由なテーマの内容を社内で共有できるようになることが主なメリットです。社内勉強会の目的やその他のメリットを確認していきましょう。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.社内勉強会の傾向と目的について

近年、エンジニアの間で社内勉強会を開催するところが増えてきているようです。
社内勉強会とは、一方的に話を聞いたり実技を行ったりする社内研修に比べて、その場にいる人全員がそれぞれの知識をインプット・アウトプットし合うという傾向が強い取り組みです。

基本的には自由参加で開催している企業が多いようで、社員の学習意欲を尊重することによる会社の成長が主な目的となっています。
会議や研修よりも気軽にできる社内勉強会を行うことにより、それまでのフローやフォーマットを打ち壊し、本当に興味のあるテーマの企画や無駄を省いた進行などができるため、より効率的にボトムアップを図ることができるかもしれません。

フリーランスや業務委託で活動している方は、参画先の社内勉強会に参加できることもあります。

2.社内勉強会開催のメリットについて

社内勉強会を開催している企業のやり方を参考にしながら、メリットに繋がる部分をピックアップしてみましょう。

■ピンポイントなテーマで柔軟な学習ができる

仕事で必要なスキルを身につけるという傾向の強い「社内研修」とは異なり、その業界の延長線上にある将来を見据えた自由な学習をテーマにしているエンジニアが多いようです。
JavaScriptやC言語、Pythonといったプログラミング言語ごとに細かく分けて勉強会を開いていたり、アップデート内容の共有、また、経理関係に焦点を当てているものもあったりと、小規模に開催しています。

■任意による参加が可能

自分が特に興味のある題材を扱う勉強会に参加することができる形式がよく見受けられます。

■発言・提案のスキルを磨くことができる

気軽に発言できる社内勉強会では、聴衆者と発言者の立場が、コロコロと変わります。
ある程度の人数の前で自分の知識や考えを発表する場面が多く与えられることもあるでしょう。
知識をアウトプットすることでさらに理解が深まり、相手に伝わる話し方も身につくかもしれません。

■社内の交流が増える

部署を越えて自由に参加できる場合もあるほか、フリーランスの方が参加できる場合もあるため、普段接点のないスタッフとの交流が盛んになります。
意外な性格や個性を知ることで、今後のやりとりや思いがけない発想にも役立つかもしれません。

3.社内勉強会を開催する時に注意すべきポイント

エンジニアの社内勉強会は自由参加が一般的なため、企画内容に面白さや斬新さがなければ人が集まりにくく、企画倒れになってしまうこともあります。

社内勉強会を開催・習慣化するために重要なポイントは、参加者や参加したいと思っている人の興味を引くこと。
わかりやすい進行と、新鮮さや専門性のある内容を意識してみるといいかもしれません。
参加者のほとんどが知っていたり、ちょっとインターネットで検索すればわかるような事ではなく、実際に経験した人しか得られないような知識の共有を目的とすることで、より良い社内勉強会開催ができるでしょう。
勉強会のスピーカーとして相手に伝わりづらかった点や進行がスムーズにできなかった点などを振り返り、次回開催時に改善を図ることもポイントです。

慣れてきたら参加者をさらに増加させるため、参加者を募る社内メールや掲示の回数を増やしましょう。繰り返しアナウンスすることで新しいことに参加するハードルが下がり、「少し興味はあるけど…。」という方も参加しやすくなります。
勉強会開催後に会の様子や勉強内容を社内で共有することも、社内勉強会のオープンさを伝えるためによく行われている手法です。

優良な人間関係や企業を形成することを意識できるようになる社内勉強会は、将来の自分自身に反映される良質な経験としても役立つでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.