フリーランスは仕事を選ぶべきか

N.J 31歳 男性

N.J 31歳 男性

フリーランスでも仕事は選ぶべきでしょうか。

企業担当 柴山 翔大

企業担当

柴山 翔大

フリーランスの場合も、一定の基準で仕事を選んだ方が良いでしょう。ここでは、フリーランスの方が仕事を選んだ方が良い理由のほか、案件を選ぶ基準、受注する際の注意点をご紹介します。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.フリーランスの場合も一定の基準で仕事を選んだ方が良いでしょう

フリーランスとして働いている人の中には、「依頼された仕事はすべて引き受けた方が良いのか」「案件を選ぶことで仕事が減らないか」と不安に思う方がいるかもしれません。

結論から言うと、フリーランスの場合も一定の判断基準を持って仕事を選んだ方が良いでしょう。フリーランスの方は、会社員と同様に携わった仕事が実績として残ります。実績はその後の仕事にも影響を与えるため、自分の選択基準を決めた上で選ぶことが大切です。案件をどう受注するかによって、第三者からの評価や今後の仕事が変化するということを覚えておきましょう。

2.希望度、成長、キャリアビジョンの実現が選択基準

案件を選ぶ際の基準として、ここでは3つご紹介します。

■希望度の高い案件であるか

案件を探す前に、業務内容や稼働時間、単価、作業を行う場所など、自分が仕事をする上で大切にしたい優先順位を決めておくと良いでしょう。興味のある案件を見つけた際は、自分で決めた優先順位を参考にするとスムーズに決められるでしょう。

■自分の成長につながるか

1つの分野でスキルアップを図るのか、それとも業界に関わらず知識を身につけるのかなどを事前に考えておきましょう。フリーランスとしての活躍を目指すのであれば、スキルに応じて難しい案件にチャレンジするのも1つの方法です。

■キャリアビジョンの実現につながるか

自分の選んだ案件が、理想とするキャリア形成につながるか考えましょう。キャリアビジョンの実現に何が必要であるかを念頭に置き、案件を選択することが大切です。

3.事前に相場を把握しスケジュール管理を徹底しましょう

ここでは、案件を受注する際の注意点を2つご紹介します。

■事前に相場を知っておく

仕事に見合う報酬を受けとるには、相場を事前に知っておくことが大切です。相場を知るためには、情報共有できるフリーランスの仲間を作ることや、似ている案件の単価を確認する方法があります。業界の動向も把握し、自分によってプラスになる案件を受注できるようにしましょう。

■スケジュール管理をしっかり行う

スケジュール管理を行わずに案件を受注してしまうと、納期間際に多忙になり、体調を崩す恐れもあります。体調不良によって納期を過ぎた場合、その後の案件受注に支障をきたす可能性も。
クライアントとの信頼関係を壊すことのないよう、収入面だけでなく仕事の数や工数の見積もりなどを適宜確認して受注しましょう。


なお、「継続的に案件を得られるか不安」「自分のスキルでどれくらいの単価か知りたい」という方は、レバテックフリーランスにご相談ください。
レバテックフリーランスは、フリーランスのエンジニアやデザイナーの方を対象に案件情報を提供するサービスです。業界を熟知したカウンセラーが、スキルや経験を伺い、希望に合う案件をご提案します。
当サービスは、経験豊富なコーディネーターによる無料の個別相談会を開催。参画中のフォロー体制も整えているため、フリーランスに関する悩みをお持ちの方はお気軽にご相談ください。

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.