フリーランスの領収書の宛名

I.J 37歳 男性

I.J 37歳 男性

フリーランスの場合、領収書の宛名はどのように書いてもらえばよいでしょうか?

企業担当 柴山 翔大

企業担当

柴山 翔大

フリーランスが領収書を発行してもらう場合、宛名には自身の名前か屋号を書いてもらうようにしましょう。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.経費を計上する際に必要な領収書

フリーランスは確定申告を行わなければならないため、経費を管理しておく必要があります。確定申告により支払い予定の納税額から経費が引かれ、実際に支払わなければならない納税額が算出されます。そのため経費をきちんと管理できていないと、本来なら支払わなくても良かった分の税金を支払わなければならなくなる場合があります。それを防ぐために必要になるのが領収書やレシートです。
領収書とは、商品やサービスの対価として金銭を支払ったことを証明する文書のことをいいます。
それには、発行者の名前、購入日の日付、購入したものの名称、購入金額、支払人の名前が書かれており、経費を計上する際に必要になります。
税務上では実際に何にいくら支払われたのかを見られるため、宛名の書かれていないレシートでも基本的には大丈夫でしょう。むしろ最近のレシートは何を購入したのか詳しく書かれているため、中には領収書よりもレシートの方がいいと考える税理士の方もいるようです。しかしレシートは基本的に日付と金額しか記載されていないため、名前を書いてもらいたい場合は領収書を発行してもらう方が良いでしょう。

2.書いてもらう宛名には、自身の名前や屋号などがあります

領収書を発行してもらう際、フリーランスは宛名をどう書いてもらえばよいのでしょうか。
前述した通り、経費として計上する際に大切になるのは何にいくら支払ったのかという部分です。
そのため、宛名が「上様」や空欄の領収書で確定申告を行っても問題はないでしょう。

3.フリーランスの領収書の管理方法

フリーランスの確定申告における領収書の保管期間は、青色申告の場合は7年、白色申告の場合は5年です。
ただし、前々年分の所得が300万円以下の場合は、青色申告でも5年になります。
税務調査で領収書の提出が求められた際に提出できればいいため、決められた管理方法というのはないようです。
しかし必要時にすぐ取り出せるようにするためにも、月ごとにファイルに挟んだり、ノートに張ったりして保管することをおすすめします。
領収書ではなくレシートを保管する場合、感熱紙が使用されているレシートは光や熱で文字が消えてしまうため、光や熱に気をつけて保管するようにしましょう。
領収書は紙のままだけでなく、スキャナ保存制度を利用すると電子データで保管することも可能です。その制度を利用するには、電子データとしての保存に変える3ヶ月前までに申請書を提出し承認を受ける必要があります。
平成27年度の税制改正により要件が緩和され、タイムスタンプは必要ですが電子署名や金額の制限がなくなるなど、従来に比べ管理がしやすくなっています。
また平成28年度の改正で、原稿台と一体型に限っていたスキャナの要件が廃止されたため、スマホでのスキャンも可能です。
このように領収書の管理方法は多様にあります。
自分のしやすい方法でしっかり管理するようにしましょう。

なお、今回のような疑問をはじめ、フリーランスのことで何かわからないことがある場合は、1人で悩まずレバテックフリーランスにご相談ください。
プロのコーディネーターが個別で相談にのりますので、あなたの抱える疑問も解決できるはずです。ぜひお気軽にご利用ください。

※本記事は平成29年11月時点の情報を基に執筆しております

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.