フリーランスと労働法

K.N 27歳 男性

K.N 27歳 男性

フリーランスに労働法は適用されますか?

企業担当 高橋 悠人

企業担当

高橋 悠人

労働者として雇用されていないフリーランスには、労働法(労働基準法)は適用されません。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

フリーランスと労働法(労働基準法)の関係について

自分の関心に合わせた案件に参画できる、ワークスタイルを自由に決められるなど、メリットも多いフリーランスという働き方。しかしながら自由である分、自分の身を自分で守る必要があるのもフリーランスの特徴です。本記事では、フリーランスと労働法(労働基準法)との関係を見ていきましょう。

・労働法で定義されている労働者
労働者の定義は、労働基準法第9条に基づいています。そこには、「職業の種類を問わず、事業又は事務所に使用される者で、賃金を支払われる者をいう。」と書かれており、職種を問わず事務所や事業所に雇われ、雇用先から賃金を受け取る者が労働者と規定されています。監督者の下での労働であること、賃金がその労働によって得られたものであるかということが労働者であるかどうかのポイントとなるのです。
・フリーランスは労働法の適用外
フリーランス(個人事業主)には労働法は適用されません。理由は、フリーランスは企業などと雇用関係を結ばず、個人が独立して事業を運営する働き方であるからです。さらに、フリーランスには税金の申告をはじめ、自ら行わなければならないことも多くあります。案件に参画する際は、契約内容の詳細を記した書類を残すことも大切です。
・フリーランスが結ぶ契約について
労働法の範疇外にあるフリーランスは、一般的な労働者としての規定は受けられません。フリーランスの場合は雇用契約ではなく、民法にも記載されている請負契約、委託契約という形で企業と契約関係を持つことになります。請負契約は、成果物や納品物の完成をもって報酬が支払われる契約形態です。また、請負契約の他に委任契約という形態もあります。こちらでは、成果物・納品物の完成を問わず委任された作業を遂行することが求められます。

※本記事は、平成29年11月の情報を基に執筆しております

【フリーランスに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.