Webエンジニアの派遣での働き方

U.Y 37歳 男性

U.Y 37歳 男性

派遣のWebエンジニアの働き方を知りたいです。

Webエンジニアに限った話ではありませんが、派遣社員は派遣会社から派遣されて派遣先企業で働きます。そのため派遣先企業との間には雇用関係はありません。他に企業との直接の雇用関係がない働き方としては、フリーランスがあります。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.派遣という働き方

派遣とは派遣会社と雇用契約を結び、そこから他の企業に派遣される働き方です。主に、登録型派遣、紹介予定派遣、常用型派遣の3つの種類があります。

・登録型派遣
登録型派遣は、派遣先企業が決まった時に派遣会社との雇用関係が発生し、派遣先企業での業務が終了すると同時に雇用関係も消滅することが特徴です。メリットとしては、派遣先企業や業務内容を自分で決められる、さまざまな職種や業種に挑戦できるなどが挙げられます。
・紹介予定派遣
紹介予定派遣は、後々派遣先企業に直接雇用されることを前提に派遣会社と雇用関係を結んでいることが特徴です。実際に働いて職場の雰囲気や業務内容を把握できるため、入社後に感じるギャップが少ないというメリットがあります。
・常用型派遣
常用型派遣は、派遣先企業での業務が終了した後も派遣会社との雇用関係が途切れること無く続くことが特徴です。派遣会社の正社員もしくは契約社員として働くことになるため雇用形態が安定しており、月給制である、昇給や賞与を受けられる可能性が高いなどのメリットがあります。

2.企業と雇用関係を結ばないフリーランスという働き方

フリーランスは、企業との雇用関係がなく、案件ごとに契約を結び業務に携わる働き方です。
フリーランスは英語で「freelance」と表記し、「自由な槍騎兵」と直訳することができます。これは戦争が頻繁に行われていた中世時代に、特定の国に属さず、さまざまな国と契約を結んで戦っていた槍騎兵が語源となります。そこから今の特定の団体に所属せず独立して業務に携わる働き方を指す言葉になったと言われています。

なおレバテックフリーランスでは、フリーランス向けの多数の案件を保有しております。すでにフリーランスとして活動されている方はもちろん、フリーランスになることを検討している方のご相談も承っておりますので、興味をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

個別相談会について詳しく見る

直接ご来社いただく以外にも、フリーランスになった場合の単価相場や案件数がメールでわかるサービス(案件提案メール)も実施しております。こちらも併せてご検討ください。

案件提案メールについて詳しく見る

【Webエンジニアに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
webエンジニアの仕事とは?webプログラマーとの違いも解説

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.