会社名と屋号の違い

U.S 26歳 女性

U.S 26歳 女性

会社名と屋号の違いについて教えてください。

会社名は「商号」と呼ばれ、法人が使用するものです。一方の「屋号」は、個人事業主が事業を行う際に使用する名称です。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.屋号とは個人事業主が使用する名称

屋号とは、個人が何か事業を始める際に使用する名称を指します。
しかし、必ずしも屋号は付けなければならない、ということはありません。実際に、開業する際や廃業する際に提出する「個人事業の開業・廃業等届出書」には屋号を記載する欄がありますが、こちらは空欄でも提出できます。

屋号を付ける際には、店舗を持っている個人事業主であれば店舗の名前を使用する事が多いようです。その他、地域や個人などの名前と事業内容を組み合わせたものも多く見られます。例えば「◯◯エンジニアリング」「◯◯スタジオ」「◯◯システム」と言ったように、一目でどのような事業を行っているかが分かる屋号にする傾向があるようです。

屋号は、名刺や請求書・領収書、ネットなど多くの場面で活用する事ができます。自分の名前だけではなかなか覚えてもらえないような際にも、屋号があればすんなりと覚えてもらえたり、信頼してもらえたりとさまざまなメリットを感じる事ができるかもしれません。

2.屋号と会社名の違いとは何か

屋号と会社名の違いは、個人事業主が使用するものが屋号、法人格の会社が使用するものが会社名だという事です。会社名は会社法で「商号」と呼ばれる法人格であるため法律での制限があります。

屋号の場合、事業を始めるにあたって必ずしも付ける必要はないと前述していますが、商号は法人を設立する際には必ず付けなくてはならないと定められています。

3.屋号を付ける際の注意点

屋号を付ける事になった場合、どんな事に気を付けたら良いのでしょうか。

■「◯◯会社」などはつけられない

個人事業主は法人格ではないため、「株式会社」「合同会社」「合資会社」と言ったものは使用できないとされています。その他に、「Co.,Ltd」「Inc.」などの英語表記であっても使用は禁止されています。

■商標登録をされていないか

同じカテゴリーでなければ、商標登録をされている名前でも使用できるとされています。しかし、何かトラブルなどが起きて困る事態に陥らないよう、事前に避けておく方がよいと言えるでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.