インフラエンジニアに必要な基礎知識とは

A.N 32歳 男性

A.N 32歳 男性

インフラエンジニアに必要な基礎知識を教えてください。

企業担当 濱野 惠理

企業担当

濱野 惠理

インフラエンジニアには設計書やプログラミング、障害対応などに関する知識などが必要となります。まずは基礎知識を身につけ、運用業務に携わりながら経験と実力を蓄えていくと良いでしょう。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.インフラエンジニアの業務内容とは

サーバやネットワークなどのインフラ環境を整えるインフラエンジニア。具体的には以下のような業務に取り組みます。

・設計
何のためにどのようなインフラが必要なのか、目的に応じて構築するインフラの要件を決定します。
要件が決定した後は設計書の作成です。インフラのスペックや予算、プロジェクト全体の期間などをまとめます。
・構築
構築作業が終わった後は、インフラが正常に稼働し続けるよう運用業務に取り組みます。インフラが予期せぬ停止をすると、企業に大きな損失を与えてしまう可能性があるため重要な業務だといえるでしょう。

運用業務では障害対応やキャパシティ管理などを行います。障害対応とは、ハードウェアの故障に対応したり、急激なトラフィック増加に対応したりする業務です。キャパシティ管理とは、設計時に想定していた容量と実際に稼働してからの容量の差を埋める業務のことを指し、状況に合わせてインフラ全体のキャパシティを増減させます。

2.インフラエンジニアに必要な3つの基礎知識

インフラエンジニアに必要な基礎知識とは何があるのでしょうか。身につけておくべき知識はいくつかありますが、今回はその中から3つ紹介します。

・設計書についての知識
インフラの構築は設計書をもとにチームで行われるため、自分だけでなくチームメンバーも理解できる設計書を作成する必要があります。目的を明確に記した分かりやすい設計書とはどのようなものなのか、設計書についての知識があると役立つでしょう。
・プログラミングについての知識
インフラの仮想化、クラウド化が普及したことにより、インフラエンジニアもプログラミングスキルが必須となってきています。特に、インフラ構築の自動化や機械学習、ビックデータなどで用いられる軽量プログラミング言語(Python、Rubyなど)についての知識を身につけておくと良いでしょう。
・障害対応についての知識
インフラの規模が大きくなると、それだけトラブルが発生する確立も高くなります。トラブルが発生したときでも迅速に対応できるよう、負荷対応をはじめとする障害対応についての知識が必要となるでしょう。

3.独学と実践がインフラエンジニアの一般的な勉強法

インフラエンジニアの勉強法としては独学と実践が一般的のようです。インフラは企業の運営において重要なシステムであるため、インフラに関する知識の浅い初心者が設計業務、構築業務に携わることは難しいでしょう。
しかし、運用業務は未経験でも携わることが可能な場合もあります。設計業務や構築業務と比べ、まだそこまで詳しい知識が必要ないことが理由として挙げられます。まずは基礎知識を身につけた後に運用業務で経験を積み、さらに独学でインフラについての知識を蓄えていくと良いでしょう。

【インフラエンジニアに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.