35歳定年説は本当か?

Y.S 30歳 男性

Y.S 30歳 男性

「35歳定年説」をよく耳にします。プログラマに年齢制限は実際あるのでしょうか?

IT業界においてプログラマ35歳定年説は広く知られているものの、もちろんそうと決まっているわけではありません。

プログラマという職種は、環境によって稼働時間が長く、身体的に負担が大きいので、年齢を重ねるにつれて続ける事が困難であるとよく言われています。プログラマとしてプログラミング中心で業務を担当するのは35歳までで、それ以降は管理やマネジメントにシフトしなければならないのではないかといった不安も多く聞かれます。しかし、35歳以上でもプログラマを続け、専門性をどんどん高めていく方も多くいらっしゃいます。ただし技術面・体力面で対応は出来ても、年齢を重ねるにつれ、自分よりも年齢の若いプロジェクトマネージャー(PM)、プロジェクトリーダー(PL)と協力してプロジェクトを遂行していく必要があるので、コミュニケーションスキルが重要です。プログラマとしてキャリアを続けたい人の場合は、常に新しい技術をキャッチアップし、市場価値の高いスキルを磨いていけば、長く活躍していくことができるでしょう。

おすすめキーワードから案件を探す
Web 開発の求人・案件
WPFの求人・案件
Exchangeの求人・案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.