インフラエンジニアとシステムエンジニア(SE)の違い

G.M 26歳 女性

G.M 26歳 女性

インフラエンジニアとシステムエンジニア(SE)の違いを教えてください。

企業担当 長岡 豊

企業担当

長岡 豊

前者はシステム全般を扱う職種の総称であることに対し、後者はインフラを対象とするのが主な違いです。ここでは、インフラエンジニアやシステムエンジニアの業務内容、必要なスキルなどを確認しましょう。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.システムエンジニア(SE)は、システム開発全体に関わる職種の総称

■システムエンジニアの業務内容

システムエンジニアはシステム開発に関わる職種であり、システム開発において要件定義、基本設計といった上流工程を主に担当します。そしてシステムエンジニアが作成した仕様書に基づき、プログラマーが詳細設計・開発(プログラミング)・テストといった下流工程を担当します。

なお、システムエンジニア、プログラマーが各工程をどこまで担当するかはさまざまで、プロジェクトによってはシステムエンジニアが上流工程から下流工程まで一貫して担当するケースもあります。

■システムエンジニアに必要なスキル

システムエンジニアに必要なスキルとして、以下のような例が挙げられます。

・プログラミングに関する知識、技能
・コミュニケーション能力
・マネジメント能力

業務を円滑に進めるために、要望を的確に把握する力や、プロジェクトメンバーを統率する力が必要です。また、プログラマーへの指示を効率的に行うために、プログラミングについての知識が大切になります。

2.インフラエンジニアはインフラの構築や運用を行う職種

■インフラエンジニアの業務内容

インフラエンジニアは、クライアントのニーズに沿ったインフラを構築し、運用・管理を行う職種のことです。具体的な業務内容は、以下のとおりです。
・要件定義
・構築
・運用、管理

まず、クライアントが求めるインフラ環境にどのような機能・性能が必要か把握し、設計書を作成します。設計書に基づいて構築した後は、動作テストを実施します。システムの開発後にトラブルが生じた際は、原因の分析や復旧作業を行います。

■インフラエンジニアに必要なスキル

インフラエンジニアに必要なスキルとして、以下のようなものが挙げられます。
・ネットワークやサーバに関する知識、技術
・コミュニケーション能力
・安定したインフラ開発のスキル

インフラエンジニアは、チームのメンバーだけでなく、クライアントや他部署の社員との関わりが多い傾向があります。スムーズに業務を進めるために、傾聴する姿勢やわかりやすく伝える力が大切になります。また、クライアントとの信頼関係を築けるよう、負荷に強く安定したインフラ開発のスキルが必要です。

【インフラエンジニアに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.