インフラエンジニアになるにはどんなスキルが必要か

S.M 27歳 男性

S.M 27歳 男性

インフラエンジニアになるには、どのようなスキルが必要ですか。

インフラエンジニアになるには、わかりやすい設計書の作成スキルや、プラットフォームの構築スキル、負荷に強いインフラ開発スキルなどが必要です。また、仮想化やC言語、LL言語などの知識があると良いでしょう。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.インフラの設計や構築、運用、保守などが担当業務

インフラエンジニアの主な業務内容は、以下のとおりです。

■設計

クライアントの要望を基に要件定義を行った後、インフラ機器のスペックや予算など決めて設計書を作成します。必要な情報を簡潔にまとめ、わかりやすい設計書にすることが大切です。

■構築

機器の搬入や組み立て、ソフトウェアのインストールなどを行います。プラットフォームの構築後は、動作テストを実施するのも業務の1つです。

■運用・保守

構築作業が完了した後は、障害発生は原因分析や復旧作業を担います。トラブルが生じた際は、迅速な対応と再発防止のための対策が重要です。

次の項目では、インフラエンジニアに必要となる知識、スキルをご紹介します。

2.インフラエンジニアになるには構築・開発スキルが大切

インフラエンジニアになるには、主に以下のスキルが必要になります。

■わかりやすい設計書の作成スキル

設計書の作成は、インフラエンジニアにとって基本の業務です。第三者が見た際も内容を理解できるよう、わかりやすい設計書の作成スキルが必要になります。

■プラットフォームの構築スキル

ソフトウェアがスムーズに動作するよう、使いやすいプラットフォームを構築することが大切です。運用ミドルウェアや物理サーバ、仮想サーバなどの知識があると、実務に活かせるでしょう。

■負荷に強いインフラ開発スキル

クライアントとの信頼関係を築けるよう、安心して利用できるインフラ開発が必要です。負荷に強いインフラを開発のためには、ネットワークやシステムに関する知識があると良いでしょう。

インフラエンジニアに大切なスキルは、上記の通りです。案件によって必要な知識・技術は異なるため、事前によく確認しましょう。

3.仮想化やC言語、LL言語の知識があると良いでしょう

ここでは、+αで身につけたい知識・スキルをご紹介します。

■仮想化に関する知識

近年はクラウドが普及しており、仮想化について知識があるインフラエンジニアは、今後需要が高まると考えられます。ストレージ仮想化やサーバ仮想化、ネットワーク仮想化などさまざまな種類があるため、少しずつ知識・スキルを身につけましょう。

■C言語やLL言語に関する知識

C言語の知識はオープンソース系のサーバ管理、LL言語は基本的なサーバ管理に活かせると考えられます。また、PerlやPython、SQLなどの知識があると、活躍の場を広げられるでしょう。

■障害対応を迅速に行う力

インフラの規模が大きい場合、障害が発生するリスクは高くなると考えられます。トラブル発生時は迅速な対応が求められるため、負荷軽減や復旧作業のスキルが大切です。

インフラエンジニアとして活躍する機会を増やしたい方は、上記のような知識・スキルを身につけると良いでしょう。

【インフラエンジニアに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.