インフラエンジニアは人材不足か

Y.Y 26歳 男性

Y.Y 26歳 男性

インフラエンジニアは人材不足だと聞きました。理由が知りたいです。

インフラエンジニアは需要の変化に供給が追いついていない点や、業務の特殊性などから人材不足になっていると言われています。詳しくは下記でご説明します。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.インフラエンジニアの仕事内容について

インフラエンジニアとは、ITシステムの根幹を構築する仕事です。クライアントが求めるネットワークシステムを実現するための設計から、そのために必要なネットワーク機器の搬入や接続、設定、テストを行い、運用までができるように作業します。

構築後の障害やOS・ソフトウェア類のアップデート対応なども、インフラエンジニアの作業範囲です。顧客情報を取り扱うデータベースや金銭を取り扱うシステム、社外秘など機密性の高い情報を守る仕事でもあるので、セキュリティに関しても高い知識が必要となります。

2.インフラエンジニアの人材不足の原因として考えられる3点

インフラエンジニアは人材不足の状態にあると言われています。こちらでその理由を挙げてみました。

■需要の変化と供給が一致していない

急速に発展しているITサービスの需要に対して、その変化に対応するための技術を持ったエンジニアが足りていないという原因が考えられます。利便性や堅牢性の高いサービスがリリースされても、それを扱うために必要なスキルは一朝一夕で身につくものではありません。そのため需要に追いつくことができず、結果的に人材不足となってしまっているケースがあるようです。

■専門性の高さ、リアルタイム性など

設計や構築に加え、運用開始後のトラブル対応もインフラエンジニアの役割です。インフラ部分に何かしらの障害やバグが発生してしまうと、それ以降のサービスがすべて使えなくなったり、外部から侵入されたりする可能性が高くなります。そのため、障害発生時は最優先で対応を求められる立場でもあることは負担となり、人材不足につながるケースもあるようです。

■成果を理解されづらい環境もある

ネットワークは正常に稼働していることが「当然」と考えられている場合が多く、トラブルが発生することで認識された時にだけ責任を問われることがあります。そういったインフラエンジニアを正しく評価できない現場に対する理不尽さやストレスも、人員不足の理由のひとつと考えられるでしょう。

3.インフラエンジニアは需要と将来性の高さが魅力の職種

上の項目でも述べたとおりインフラエンジニアは人材不足ですが、言い換えれば売り手市場にもなっています。
インフラエンジニアは、地道な作業や構成力、的確な対応力といったさまざまなスキルを持ち合わせている存在です。それとともに、ネットワークやソフトウェアなどにおける根幹部分を作り上げ、管理するポジションは欠かすことのできない存在ともいえます。
インフラエンジニアを経験していることによる市場価値は相対的に高くなりつつあり、キャリアパスの選択肢も広がります。日々更新されるIT技術の知識を意識的に取り込んだり、マネジメント力の習得を目指したりすることで、より良い将来性を視野に入れることもできるでしょう。

【インフラエンジニアに興味をお持ちの方は、次の記事もご覧になると知識がさらに深まります】
インフラエンジニアの仕事内容

インフラエンジニアの案件

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.