セミナーレポートの書き方

A.M 34歳 男性

A.M 34歳 男性

セミナーレポートの書き方を知りたいです。

いざセミナーレポートを書くとなると、何かと戸惑う事も多いものです。納得できるレポートの書き方をはじめ、セミナーの受け方や気をつけたい注意点についてご紹介します。

フリーランスになりたいと考えている方へ

詳しい解説はこちら

1.メモや質問の仕方について、ポイントを掴みましょう

セミナーを受講する際は、メモの取り方、セミナー中のマナーをチェックしておきましょう。

■メモの取り方について

セミナーの内容をしっかり吸収するためには、適切にメモを取る事が基本となります。
メモを取る際はノートやPCなどの媒体に、セミナーを通して学びたい事、変わりたい事をあらかじめ記しておきましょう。目標を可視化する事で、セミナーを受講する心構えもひときわ強まります。
セミナー中は内容全てをメモせず、必要な事だけをシンプルにまとめましょう。聞いた内容を全てメモすると、後から読み返した時にどこが重要な部分なのかがわかりづらくなってしまいます。
また講師の話を聞きながら自分が思った事、感じた事なども書いていき、ミニマインドマップを作成するのも効果的です。

■セミナー中の質問について

セミナーを行う主催会社や講師には、それぞれ時間配分があります。
進行を妨げないように、質疑応答の時間が来たら短くまとめて質問しましょう。セミナーの中でもっと詳しく聞きたい事があれば、セミナーが終わってから個別に講師へ質問しましょう。
序盤から矢継ぎ早に質問をしたり、同じような質問を何度も繰り返したりするのはマナー違反なので気をつけましょう。

2.業務に活かせるレポートを作るためには?

セミナーレポートには会社ごとにあらかじめフォーマットが用意されている場合もあれば、自分でイチから作っていくフリースタイルの場合もあります。
フリースタイル形式のレポートでは、どのような項目が必要になるのかをチェックしてみましょう。
①日時・場所
②レポート作成者の氏名
③セミナーの内容
④セミナー出席者、参加者
⑤雰囲気、所感など
セミナーレポートに求められるのは、セミナーで何を学び、これからどう活かしていくのかという事。
セミナーで吸収したものがわかるように記入し、将来的なビジョンを交えながら作成していきましょう。

3.レポートは、読みやすく簡潔な内容で提出しましょう

フリースタイルのレポートは書き方が自由な分、悩む箇所も多いものです。
作成の段階でおさえておきたいポイントや注意点を知っておきましょう。

■基本的な注意点

レポートはA4用紙一枚のサイズで、スッキリとした見やすいレイアウトを心がける事が大切です。
また、文章には統一性と読みやすさが求められます。です・ます調、である調に統一しましょう。

■内容は簡潔にわかりやすく

感想部分は、内容を積めるほど冗長になりがちです。歯切れよくまとまるように心がけましょう。
レポートにはセミナーの内容だけでなく、セミナーを通して自分が感じた事を文章で表現することも多いかと思います。ただし感想部分が長すぎると、逆に読みにくいものとなってしまいます。
レイアウトや文章が見づらいレポートは、たとえ内容がよくてもきちんと評価されなかったり、場合によっては再提出を求められることもあるでしょう。
セミナーレポートを書く場合は、多くの情報をまとめる事、そして完結なアウトプットをする事が大切です。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2018 Levtech Co., Ltd.