管理系の職位に進むべきなのか?

M.T 33歳 男性

M.T 33歳 男性

プログラミング歴5年のエンジニアです。
管理系のポジションを目指すべきか今後のキャリアについて悩んでいます。

プログラミングとマネジメント、自分にとって「どちらがしたいことなのか」を考えてみるといいでしょう。

とことんプログラミングを極めたい方はプログラマとして、マネジメントにやりがいを感じる方はプロジェクトリーダー(PL)やプロジェクトマネージャー(PM)などの管理系のポジションを目指すとよいでしょう。

自分にとってモチベーションがどこにあるのかを振り返ってみることをオススメします。
プログラミングが大好きだ、最新のプログラミングスキルを習得し磨き続けたいという方は、プログラマとしての専門性を高めていく道を選ぶのもいいと思います。実際にフリーランスの方で40歳を過ぎてもなおプログラマとして活躍している方も多くいます。
一方、メンバーの管理やプロジェクト全体の進捗管理などマネジメントによるプロジェクト成功にやりがいを感じるという方は、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーのポジションを目指すのがよいでしょう。
ただ、プログラミングスキルに自信がないからと消去法でプロジェクトマネージャーを目指すのはあまりおすすめできません。プログラマとプロジェクトマネジャーとで求められるスキルが大きく異なるとはいっても、プログラマやSEの管理をする以上、ある程度のプログラミングスキルは必要になります。
また、プログラマ(PG)→システムエンジニア(SE)→プロジェクトリーダー(PL)→プロジェクトマネージャー(PM)のような管理系のポジションには必要不可欠なコミュニケーション能力を磨けるSEを経験するキャリアステップもおすすめです。
いずれのキャリアに進むにしても、早い時期にプログラミングスキルやコミュニケーション能力を磨いておくことで将来の選択肢を広げられるでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.