複数の職種の経験は必須か?

K.S 28歳 男性

K.S 28歳 男性

今後、フリーランスとしての参画を考えています。
さまざまな職種を経験しておいたほうがよいのでしょうか?

企業担当 長岡 豊

企業担当

長岡 豊

必須という訳ではありません。
しかし、特定の得意分野に深い知識を持ち、それ以外の分野についても幅広く知識を習得しているとエンジニアとしての市場価値は高くなります。

詳しい解説はこちら

実際にフリーランスとして活躍されているエンジニアやデザイナーの多くは、自分の得意分野を専門にしていることが多いです。
専門スキルがあまりないフリーランスだと活躍しづらい場合もあります。
例えば、フリーランスのプログラマになりたいのであれば、プログラミング言語1つでも良いので極めておくと希望に合った求人・案件に参画しやすいと言えます。
さらに、マーケティング領域にも踏み込んだグロースハッカーと呼ばれるようなエンジニアであれば、市場価値が非常に高く、高単価案件に参画できる傾向にあります。
なお、クライアント先へ提出するスキルシートには、開発期間や担当業務などを記載し、自分がアピールしたい点を相手に伝わるように書けるようにしておくことも重要です。

1.未経験エンジニアは希望の案件に参画できるのか?

フリーランスのエンジニアが、複数の職種について経験やスキルを持っていれば、案件参画の面で有利になります。しかし、最初は誰でも未経験からのスタート。新しいスキルを身につけたい、多くの案件に参画して経験を積みたいなどの希望を持っているエンジニアもたくさんいます。しかし、現状としては、希望通りの案件に参画するのは難しくなっています。
理由としては、そもそも未経験エンジニアが参画できる案件自体が減少しているためです。多くの企業は、ある程度経験を積んでいたり特定の専門的なスキルを持っている即戦力となるエンジニアを求めています。また、プロジェクトリーダー(PL)やプロジェクトマネージャー(PM)など、プロジェクト管理を任せられるような高水準のスキルを有しているエンジニアを求めている場合も多いです。
経験を積みたいが、そのための場がないという未経験者にとって不利にも思える状況ですが、エンジニアを育てようと考える企業がないわけではありません。さまざまな案件をチェックすることが大切です。

2.未経験エンジニアにオススメな案件の探し方!

上記の通り、未経験でも参画できる案件は、よく探せば見つかります。
ポイントは、大手企業ばかりではなく、中小企業など規模が小さめの企業の案件をチェックしてみることです。若手エンジニアが不足していたり、短期プロジェクトへの参画を急募で求める案件を出していたりと、思いのほか良い条件の案件が見つかることもあります。
また、経験を積みたいと思っている分野を絞り込みすぎないことも重要です。視野を広く持ち、エンジニアとしての成長につながる経験を見極めて案件を探していきましょう。
未経験で採用された場合、単価が低いなど条件が厳しいことも考えられます。しかし、これを経験を積むための期間として捉えてチャレンジすれば、将来の可能性は広がっていくでしょう。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.