エンジニアにとっての起業・独立のメリットデメリットは何か?

M.N 27歳 男性

M.N 27歳 男性

将来のビジョンを考え、近々フリーエンジニアとしての独立を考えています。
起業する上でのメリット・デメリットは何でしょうか?

企業担当 神津 哲平

企業担当

神津 哲平

独立してフリーランスとして活躍するメリットは、やはり高い単価を得られるチャンスが多いところにあるのではないでしょうか。また案件を選べるというメリットもあります。逆にデメリットとして、市場動向の変化によって需要が安定しないという不安の声などもあります。

実際に、企業から独立してフリーランスとして活躍している多くのエンジニアが「単価アップ」をメリットとして挙げています。企業に勤めているエンジニアと比べ、フリーランスのエンジニアは自分で自由に案件を選べることから、高額の案件に絞って参画を目指すことも可能です。また、エージェントを通してクライアント先と単価交渉を行い、報酬をアップさせることもできます。また、短期の案件を選んだり、フレックス制の案件を選んだりと、働き方を自分で選べるというのも独立した場合のメリットでしょう。

しかし、その一方でやはりデメリットもきちんと把握しておく必要があります。
企業に勤めている場合、求められるスキルが変わった場合には指導があったり、教育の期間を設けられたりすることが多いようです。それに対しフリーランスは即戦力を求められるため、日々急速に変化するIT市場の動向を把握し、必要とされるスキルを自分で身に付けていくことが必要となります。

レバテックフリーランスでは、フリーランスの皆さんが不安なく活躍できるよう、さまざまなバックアップ体制のもとフォローを行っています。キャリア相談から、参画案件のご提案、市場動向や今後需要が高まるスキルなどへのアドバイス、参画中のフォロー、クライアント企業との単価交渉などについてもサポートさせていただきます。その他にも、フリーランスの方向けの税金対策・確定申告についても税理士紹介サービスを行っています。ぜひお気軽にご相談ください。

関連度の高い質問

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.