フリーランス(個人事業主)の口座・クレジットカード

Y.S 29歳 男性

Y.S 29歳 男性

フリーランス(個人事業主)となり、業務委託の案件を受ける際に銀行口座やクレジットカードに関して、何か必要な手続きはありますか?

必ずではないですが、やっておいたほうが良いことはあります。
銀行口座について個人用の口座をそのまま使用することも可能ですが、事業用の口座を開設すると事業の収支が明確になって良いでしょう。
クレジットカードは収入額を対外的に証明しやすい正社員のうちに作成しておくことをおすすめします。

詳しい解説はこちら

口座開設について

フリーランスに転向する場合、現在使用している口座とは別に、事業用の口座を開設しておくと便利です。個人用の口座を使用しても法律上の問題はありませんが、事業用の口座を開設することにより事業の収支が明確になります。
事業の収支を明確にしておくことにより、

  1. 確定申告を行う際、事業に関係するお金の流れのみを正確に把握できるため手続きがスムーズ
  2. 融資や助成金などを申し込む際、通帳を提示することもあるので手続きが行い易くなる
  3. ハード・ソフトウェア、データベースなど、技術や商品の知識
  4. 自宅を仕事場とする場合は家賃・光熱費・インターネットプロバイダの料金などは一部を経費として算出できるため、事業用の口座から引き落とせるよう手続きをしておくと節税に繋がる

などの利点があります。

クレジットカードについて

一定の収入を確保出来ることを、対外的に証明することが難しいフリーランスにとって、クレジットカードやローンの厳しい審査に通るのは会社員と比較すると困難な場合があります。
できれば、収入を証明しやすい会社員のうちにクレジットカードの作成や、ローンを組んでおく方が審査も通りやすいので、オススメです。フリーランスとして定期的に収入が得られるようになると審査も通りやすくなります。

案件探し・フリーエンジニアになるためのご相談はこちら!簡単60秒無料会員登録

レバテックフリーランスが選ばれる3つの理由

もし、自分がフリーランスになったらどんな案件がある?

常駐型フリーランスとは

ご利用者インタビュー

大阪での求人・案件の取引も始めました!

正社員求人・転職支援も行っております

クリエイター向け求人・案件はこちら

未経験からエンジニアを目指しませんか?

お悩みコンテンツ

コーディネーター紹介

コーディネーター一覧へ

おすすめコンテンツ

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.