魅力ある名刺づくりに役立つ記事をピックアップ!
作るときの参考にしたい!名刺に関する記事まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

人脈を広げたり、営業活動をしたりするのに欠かせないアイテムの一つ"名刺"。

フリーランサーの中には、自分でデザインをしている方も多いのではないでしょうか?

そこで、印象に残る名刺づくりのヒントになる記事を集めました!名刺をリニューアルするときの参考にしてくださいね。
 

(1)フリーランスカメラマンの名刺

フリーで働く上で、自分をアピールする武器の一つともいえる名刺。
自分のオリジナリティ、そして信頼感をしっかり相手に伝えることができれば、次の仕事を掴むチャンスに繋がります。

「せっかく名刺を作るならプロに頼んだ方が良いのかな?」と迷っている方もいるかもしれませんね。

そんな方に見てほしいのが、ブログ『結婚式の写真撮影 ウェディングカメラマン寺川昌宏(ブライダルフォト)』内で紹介されている《フリーランスカメラマンの名刺》というタイトルの記事です。

フリーのカメラマンとして活躍中の寺川さんが、プロのデザイン会社に名刺を依頼した感想が綴られています。
プロに依頼をするメリットの他、名刺制作での注意事項もまとめられているので、満足いく名刺作りの良いヒントが得られそうですよ!

名刺作りの前に、一度目を通してみてはいかがでしょうか。

【参照元】
http://www.ms-pix.com/photographer-diary20123/
 

(2)色、写真、プロフで目立たせよう 名刺づくりコンセプト編

名刺でなにより大切なのが、名前と人物像を一致させることですよね。
その他大勢の名刺に埋もれてしまわないようにするためには、一体どのような工夫をすれば良いのでしょうか?

今回、名刺の作り方をアドバイスしてくれるのが、医療が専門のフリーライターとして活躍する庄部(しょうぶ)勇太さん。

こちらの記事《色、写真、プロフで目立たせよう 名刺づくり(コンセプト編)》に、印象に残る名刺のポイントが詳しく書かれています。
色・写真・プロフィールを入れるメリットを知って、理想の名刺をイメージしてみてはいかがでしょうか。

ブログ『フリーランスの歩き方/医療ライター庄部勇太』には、記者時代を含めた庄部さんのこれまでの経験や実績、フリーランスの自己PR方法、支持されるフリーライター像など為になる情報が掲載されています。フリーランスとして自分を確立していきたい方は、ぜひ他の記事も併せてチェックしてみてくださいね。

【参照元】
http://yutashobu.com/

(3)インパクトある名刺づくりのススメ(デザイン変遷)

「2020年までに全国公開の映画を撮る!」という目標を掲げている山下大裕さんが運営しているサイト『DYCエンターテインメント』

山下さんの活動報告、フリーランス体験談、生活のお役立ち情報などを綴ったブログの中にも、名刺に関する記事があったのでご紹介します!

記事のタイトルは、《インパクトある名刺づくりのススメ(2011年~現在までのデザイン変遷)》
山下さんが今までに作った名刺のデザインと、その都度工夫したポイントなどが紹介してあります。

座右の銘を入れたり、今まで手掛けた作品名を記載したりと、オリジナリティあふれるデザインは、一見の価値があるのではないでしょうか?

名刺は名前と連絡先を伝える以外にも、相手にあなたの人物像をより深く印象づける役割も担ってくれるアイテムです。
業務に支障がない範囲で、自分らしさをプラスしてみるのも一つのアイデアかもしれませんね!

【参照元】
http://eigadaisuke.com/useful-information/business-card/
 

(4)Illustratorで名刺を作ろう!~part1

名刺を自身で制作しようと考えている方にご紹介したいのが、フリーのWEB兼グラフィックデザイナーのゆずりはさんが運営する『フリーランスのWEBデザイナーが綴る在宅仕事の現場』というブログです。

サイト内の《フリーランスWEBデザイナーは名刺がいる?Illustratorで名刺を作ろう!~part1》の記事には、名刺に記述する項目のことが詳しく書かれています。
名刺はパッと見た印象が重要。

情報を詰め込みすぎてはいけません。
こちらの記事を読んで、見やすく心に残る名刺作りにチャレンジしてみてくださいね。
個人情報の注意点についても触れているので、名刺作り初心者の方は目を通しておくことをオススメします。

また、その次の記事には、実際にIllustratorを使った名刺の作り方も説明されています。
キャプチャ付きで丁寧に教えてくれるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。
それぞれの記事テーマに合わせて描かれた、ゆずりはさんの素敵なイラストも魅力ですよ。

【参照元】
https://free-de-webdesign.com/freelance-meishi-1/
 

(5)特殊な用紙・加工でかっこいい名刺が作れる印刷会社いろいろ

「デザインにも紙質にもこだわった名刺を持ちたい」「クライアントからインパクトのある名刺の依頼があった」etc…。
そんなときのお役立ち情報が書かれているのが、《特殊な用紙・加工でかっこいい名刺が作れる印刷会社いろいろ》という記事です。

クリエイターに特化した留学サポート企業に勤めているManaさんが、特殊用紙を取り揃え、凝った名刺加工にも対応してくれる7つの印刷会社を紹介してくれています。

いずれの会社もデータ入稿が可能な上に、用紙やオプション加工のサンプルも無料で注文OKとのこと。
初めて利用する方も安心してオーダーすることができますよ。

この記事は、Manaさんが運営しているサイト、『Webクリエイターボックス』に掲載されていました。
サイト内には、デザイン以外にも、コーディングや便利ツール、ライフハックなどの記事も掲載されているので、アクセスすると仕事やプライベートをより充実させるためのヒントが得られるかも!

クリエイティブな仕事をしている方に、特におすすめのサイトです。

【参照元】
http://www.webcreatorbox.com/webinfo/print-business-card/
 

(6)名刺って役に立っているの?

フリーランスにとって、仕事の第一歩は「人に顔を覚えてもらうこと」だといっても過言ではないでしょう。

そこで知りたいのが「実際に名刺は効果があるのか?」ということ。
そのことについて、自身で調べた結果を教えてくれるのが、『翻訳横丁の裏路地』のブログを運営する齊藤貴昭さん。

《名刺って役に立っているの?》という記事には、「名刺を見て顔を思い出せる」「名刺を見ても思い出せないけどSNSで繋がっている」の項目別に、その割合を記されています。

いくら名刺を作っても、相手に覚えてもらえなければ全く意味がありません。
「何故覚えているのか?」「どんな名刺なら印象に残るのか?」、齊藤さんの経験を踏まえた見解も語られているので、一度読んでみてはいかかがでしょう。
一人一人としっかりつながる、素敵な名刺のアイデアを探ってみるのも面白いかもしれませんよ。

【参照元】
https://terrysaito.com/2013/03/17/cards/
 

(7)覚えておくと便利な、名刺やDMでよく使う紙の厚さについて

名刺作りをするときに欠かせないのが紙選び。
凝ったデザインをしても、紙質が悪かったり、厚さが足りなかったりしては、イメージダウンになりかねません。

そこで参考になるのが、『グラフィックデザイナー独立奮闘記』というブログの中の、《覚えておくと便利な、名刺やDMでよく使う紙の厚さについて》という記事。
独立を目指して日々頑張っているデザイナーのYoshinari.Tさんが、名刺・チラシ・DMなどに適した紙の厚さについてアドバイスをしてくれています。

上質紙や光沢紙などをはじめ、紙の種類はたくさんあるので、全てを覚えることは難しいと思います。
しかし、代表的な紙の種類や厚さを知っておくと、名刺作りやプレゼン資料作りに役立つのではないでしょうか。

また、Yoshinari.Tさんのブログ内には、他にもデザインやフリーランス、日々の中で感じたことなどを綴った記事もあります。

グラフィックデザイナーとして活躍している方や、これから独立を目指す方は、興味深い記事と出会えるかもしれませんよ!
仕事の合間や、ブレイクタイムに覗いてみてはいかがでしょう。

【参照元】http://xn--dckc6ac6a2e3a0a6gtj9hv517b6i1c99wa024cckzb.com/thickness-of-paper
 

(8)個人事業主・フリーランスが名刺に書いたほうが良いこと

フリーランスのライターとして活躍中の平田志帆さんは、『フリーライター平田志帆のホームページ』の中に、子育て、仕事、プライベートに関することなどを綴られています。

ライターならではの文章術を学んだり、ワーキングママの日常を垣間見たりすることができるので、文章を書く機会が多い方や女性起業家の方は、知りたい情報と出会えるのではないでしょうか。

例えば、こちらの《個人事業主・フリーランスが名刺に書いたほうがいいこと》という記事も、その一つかもしれません。

記事内には、仕事場の住所を記載すべきか否かについて書かれています。
フリーで仕事をしている方は、仕事場と住居が同じだという方も多いと思いますので、載せたくないという方も多いことでしょう。

特に女性は慎重になりますよね。

しかし、仕事を発注する側からすると、名刺を見てもどの地域で活動しているのかわからない相手だと、依頼を躊躇してしまう可能性があるそうです。

そこで平田さんは、活動エリアを伝えるために、最低限載せた方が良いことをアドバイスしてくれています。
名刺を新たに作り直す方や、仕事場の記載に悩んでいる方は、ぜひ平田さんの記事に目を通してみてくださいね。

プライベートな情報につながる部分を伏せ、伝えたいことをきちんと表現する名刺作りのヒントが得られるかもしれませんよ。

【参照元】http://hirata-writer.com/個人事業主が名刺に書いたほうがいいこと/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2017 Levtech Co., Ltd.