フリーランスが名刺にのせるべき内容|肩書の書き方や参考になる記事と合わせて解説

フリーランスが人脈を広げたり、営業活動をしたりするのに名刺は欠かせません。
しかし、「どんなことを書けばいいのか」「肩書はどうかけばいいのか」について悩んでる方も少なくないのではないでしょうか?
そこでこの記事では、フリーランスが名刺にのせるべき内容を、肩書の書き方や参考になる記事と合わせて解説していきます。

フリーランスの名刺について相談する

目次

フリーランスの名刺作りの基本
フリーランスの名刺の内容
シチュエーション別の名刺の目的
フリーランスが名刺を作るときの参考になる記事

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

フリーランスの名刺作りの基本

フリーランスにとって、名刺は大切な営業ツールです。案件獲得のために自ら営業する必要があり、人脈が重要になる分、名刺交換の機会が多くなるためです。

自分らしさを表現した名刺を差し出せば、相手の印象に残り、将来案件につながる可能性が高まります。近年は形式やデザインが多様化しているので、名刺を複数を作成するのも手です。相手によって渡す名刺を変えることで、より自分を印象づけやすくなります。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの名刺の内容

名刺に載せる情報の例として、以下のようなものが挙げられます。

名前と屋号

自分の名前(本名)を目立つように配置します。ペンネーム・屋号等を使用している人は、本名の横に併記しても良いでしょう。

名刺に本名とペンネームのどちらを載せるかは、個人の判断によります。ペンネームを使う人の中には、本名とペンネームの両方を記載する人もいるようです。

事業内容(肩書き)

会社員の名刺は企業名で業務内容を推測できますが、フリーランスの場合は会社や組織に属していないため、事業内容を伝えることが必要です。

肩書きについては、たとえば「フリーライター」や「フリーランスWebデザイナー」などと記載することができます。そのまま職種を書く方法もありますが、職種の前に「フリー」や「フリーランス」をつけると、フリーランスであることがよりわかりやすくなります。

また、ファイナンシャルプランナーや一級建築士といった専門的な資格を保有している場合は、資格名を肩書きとして記載するのも1つの方法です。

住所

フリーランスの方は自宅で作業したり、作業場所が変化することもあるため、住所を載せるべきか悩むかもしれません。

渡す相手との関係にもよりますが、現在はメールや電話などで連絡をとれることから、住所の記載有無は重要視されないケースもあるようです。なお、企業などに常駐している場合も、住所は自身のものを記載しましょう。

フリーランスになれるか相談する

連絡先

連絡先には、電話番号やFAX番号、メールアドレスなどがあります。

フリーランスの方の中には、プライベートと分けるために業務専用の携帯電話を持つ人もいます。メールアドレスに関しては、個人のメールアドレスを使用するよりも、業務用に取得したアドレスを記載する方が望ましいでしょう。

また、アドレスを記載するはフリーメールよりも、独自ドメインのアドレスの方が信頼度が高まるとされています。

Web サイト、SNSアカウント

デザイナーのように創作物が重要な意味を持つ職種であれば、作品の閲覧が可能なWebサイトURLを添えましょう。また、各種SNSのIDも付することで、相手と連絡が取りやすくなります。

関連記事 : フリーランスエンジニアが名刺に対して抱える悩み

フリーランスになれるか相談する

シチュエーション別の名刺の目的

シチュエーション別に、いくつか名刺を用意したほうがいい場合もあります。

住所が記載されていない名刺を用意する

前の項目でも述べたように、名刺に自宅の住所や連絡先を載せたくないというフリーランスの方もいるでしょう。その場合、交流が深い顧客には住所を記載した名刺を渡し、不特定多数の人に配るときは、住所がない名刺を渡すという方法があります。

業務内容がわかる名刺にする

名刺をきっかけに案件を得るためには、事業内容が一見してわかるような肩書きやデザインを考えることが大切です。ロゴや肩書きで業務内容を端的に表す人もいます。名刺のデザインや印刷に不安がある場合は、専門のサービスに作成を依頼するのも1つの方法です。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスが名刺を作るときの参考になる記事

ここからは、実際に名刺を作るにあたり参考になる具体例を紹介していきます。

フリーランスカメラマンの名刺

フリーで働く上で、名刺は自分をアピールする武器の一つともいえます。
自分のオリジナリティやスキル、経験ををしっかり相手に伝えることができれば、次の仕事を掴むチャンスに繋がります。

「せっかく名刺を作るならプロに頼んだ方が良いのかな?」と迷っている方もいるかもしれません。

そんな方に見てほしいのが、ブログ『結婚式の写真撮影 ウェディングカメラマン寺川昌宏(ブライダルフォト)』内で紹介されている《フリーランスカメラマンの名刺》という記事です。

フリーのカメラマンとして活躍中の寺川さんが、プロのデザイン会社に名刺を依頼した感想が綴られています。
プロに依頼をするメリットの他、名刺制作での注意事項もまとめられているので、満足いく名刺作りのヒントが得られるかもしれません。

インパクトある名刺づくりのススメ(デザイン変遷)

「2020年までに全国公開の映画を撮る!」という目標を掲げている山下大裕さんが運営しているサイト『DYCエンターテインメント』。

山下さんの活動報告、フリーランス体験談、生活のお役立ち情報などを綴ったブログ内の名刺についての記事をご紹介します。

記事のタイトルは、《インパクトある名刺づくりのススメ(2011年~現在までのデザイン変遷)》。
山下さんが今までに作った名刺のデザインと、その都度工夫したポイントなどが紹介してあります。

座右の銘を入れたり、今まで手掛けた作品名を記載したりと、オリジナリティあふれるデザインは、一見の価値があるのではないでしょうか。

名刺は名前と連絡先を伝える以外にも、相手にあなたの人物像をより深く印象づける役割も担ってくれるアイテムです。
業務に支障がない範囲で、自分らしさをプラスしてみるのも一つのアイデアかもしれません。

フリーランスになれるか相談する

特殊な用紙・加工でかっこいい名刺が作れる印刷会社いろいろ

名刺を作る際に「デザインにも紙質にもこだわった名刺を持ちたい」「クライアントからインパクトのある名刺の依頼があった」と考える方もいらっしゃると思います。
そんなときのお役立ち情報が書かれているのが、《特殊な用紙・加工でかっこいい名刺が作れる印刷会社いろいろ》という記事です。

クリエイターに特化した留学サポート企業に勤めているManaさんが、特殊用紙を取り揃え、凝った名刺加工にも対応してくれる7つの印刷会社を紹介してくれています。

いずれの会社もデータ入稿が可能な上に、用紙やオプション加工のサンプルも無料で注文OKとのこと。
初めて利用する方も安心してオーダーすることができますよ。

Manaさんが運営しているサイト、『Webクリエイターボックス』には、デザイン以外にも、コーディングや便利ツール、ライフハックなどの記事も掲載されているので、仕事やプライベートをより充実させるためのヒントが得られるかもしれません。

クリエイティブな仕事をしている方に、特におすすめのサイトです。

名刺って役に立っているの?

フリーランスにとって、仕事の第一歩は「人に顔を覚えてもらうこと」だといっても過言ではないでしょう。

そこで知りたいのが「実際に名刺は効果があるのか?」ということ。
そのことについて自身で調べた結果を記載しているのが、『翻訳横丁の裏路地』のブログを運営る齊藤貴昭さんです。

名刺って役に立っているの?》という記事には、「名刺を見て顔を思い出せる」「名刺を見ても思い出せないけどSNSで繋がっている」の項目別に、その割合を記されています。

いくら名刺を作っても、相手に覚えてもらえなければ全く意味がありません。
「何故覚えているのか?」「どんな名刺なら印象に残るのか?」に対する齊藤さんの経験を踏まえた見解も語られているので、一度読んでみてはいかかがでしょうか。
一人一人としっかりつながる、素敵な名刺のアイデアを探ってみるのも面白いかもしれません。

覚えておくと便利な、名刺やDMでよく使う紙の厚さについて

名刺作りをするときに欠かせないのが紙選び。
凝ったデザインをしても、紙質が悪かったり、厚さが足りなかったりしては、イメージダウンになりかねません。

そこで参考になるのが、『グラフィックデザイナー独立奮闘記』というブログの中の、《覚えておくと便利な、名刺やDMでよく使う紙の厚さについて》という記事です。
独立を目指して日々頑張っているデザイナーのYoshinari.Tさんが、名刺・チラシ・DMなどに適した紙の厚さについて解説しています。

上質紙や光沢紙などをはじめ、紙の種類はたくさんあるので、全てを覚えることは難しいと思います。
しかし、代表的な紙の種類や厚さを知っておくと、名刺作りやプレゼン資料作りに役立つのではないでしょうか。

また、Yoshinari.Tさんのブログ内には、他にもデザインやフリーランス、日々の中で感じたことなどを綴った記事もあります。

グラフィックデザイナーとして活躍している方や、これから独立を目指す方は、興味深い記事と出会えるかもしれません。

フリーランス・個人事業主が名刺に書いたほうが良いこと

フリーランスのライターとして活躍中の平田けいこさんは、『BtoCビジネスの販促専門コピーライター 取材・SEO対策・ウェブライティング』の中に、子育て、仕事、プライベートに関することなどを綴られています。

ライターならではの文章術を学んだり、ワーキングママの日常を垣間見たりすることができるので、文章を書く機会が多い方や女性起業家の方は、気になっていたことに対する答えと出会えるのではないでしょうか。

例えば、こちらの《自宅で開業したフリーランス・個人事業主は、名刺に住所を載せるべき??》という記事も、その一つかもしれません。

記事内には、仕事場の住所を記載すべきか否かについて書かれています。
フリーで仕事をしている方は、仕事場と住居が同じだという方も多いと思いますので、載せたくないという方も多いことでしょう。特に女性は慎重になりますよね。

しかし、仕事を発注する側からすると、名刺を見てもどの地域で活動しているのかわからない相手だと、依頼を躊躇してしまう可能性があるそうです。

そこで平田さんは、活動エリアを伝えるために、最低限載せた方が良いことを解説してくれています。名刺を新たに作り直す方や、仕事場の記載に悩んでいる方は、ぜひ平田さんの記事に目を通してみてください。

プライベートな情報につながる部分を伏せ、伝えたいことをきちんと表現する名刺作りのヒントが得られるかもしれません。

関連記事 : フリーランスとは?年金・保険などの手続きも解説

フリーランスになれるか相談する

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスの名刺について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。