フリーランスが地方で働くのに必要なこと|体験者の声を聞いてみよう

「フリーランスとして地方で働きたいけど、案件があるか不安…」という方はいませんか?

近年は、エンジニアなどの職種を中心にリモートで対応できる案件が増え、フリーランスが働く場所の自由度がますます高まっています。
この記事では、実際に地方に移住した方の声や、移住のメリット・デメリット、準備することをお伝えするのでぜひご覧ください。

リモート案件について相談する

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

地方に移住するフリーランスは増えている?

ここ数年は新型コロナウィルス感染症の影響でリモートワークが普及し、地方への移住を検討する会社員が増えました。その傾向はフリーランスも同様で、リモートワークで対応できる案件が増えた結果、地方に移住するフリーランスは増えていると考えられます。特に、ITエンジニアなどの職種はリモート案件が多く、場所の制約を受けずに働きやすいでしょう。

【2020年】リモート案件に関する調査|レバテック」の記事では、リモートワークを許可する企業の割合や実際にリモートで稼働するフリーランスの割合をまとめています。リモートワークがどの程度普及しているのか理解する参考にしてください。

また、次項からは実際に地方で活躍するフリーランスの体験談を紹介します。地方での働き方を具体的にイメージしたい方は、こちらもぜひご覧ください。

リモート案件について相談する

新卒の切符を捨て、フリーランスの道を選びました。

『I AM URUZO』は、プログラミングをはじめ、恋愛や人生に関連する記事が掲載されているブログです。

このブログの管理人うるぞーさんは、福岡に住むフリーランスのエンジニア。「自分の得た知識や技術で、どうやって世の中の人を喜ばせていくか」ということをテーマに、リモート開発の分野で活躍されていますが、フリーランスデビューは学校卒業と同時だったそうです。

新卒といえば、社会人の経験はゼロ。当然独立への道はスムーズではなかったはずですが、彼は何を思い、どうやってフリーランスとしての道を切り開いて行ったのでしょう。

新卒フリーランスの道を選びました。上場企業の内定を辞退しましたが、最高に幸せな選択です。』という記事には、うるぞーさんがフリーランスという働き方を選択したときの周囲の反応や、実際にフリーランス生活に入ってからの感想などが書かれています。

「田舎で独立したい」「フリーランスとして働くことに興味がある」という方は、ぜひチェックしてみてください。チャレンジ精神溢れるうるぞーさんの生き方に、元気や勇気を分けてもらえるのではないでしょうか。

参考:I AM URUZO

Webライターとして実績を積んでいます!

月間5万PVのアクセス数がある『BBD』。その管理人である「のぐのり」さんは、大学卒業後からフリーランスのWebライターとして活動しています。

のぐのりさんは大学4年生になっても就職は視野に入れず、卒業後はフリーランスの道を歩んでいくと決めていたそうです。

そんなのぐのりさんは、もともとクラウドソーシングで案件を受注していましたが、最近はクライアントと直接契約を結んで活動しています。Webライターとして、40冊以上の書籍を手掛けたり、セミナー講師として初心者ライターを指導したり、すでに豊富な実績を積んでいます。

Webライターを始めた当初は思うように稼げず落ち込むこともありましたが、あるクライアントにライティングの指導を受けた結果、コンスタントに収入を得られるようになったそうです。

参考:BBD

福岡県に移住をして本日でちょうど3年が経ちました

『INQUIRYブログ』は、福岡にホームページ制作・デザイン事務所を立ち上げて活躍する後藤さんのブログ。サイトには、Web制作で学んだ知識や日々の気付きに関連する内容が綴られています。

後藤さんが福岡に移住した理由・感想が書かれているのが、『福岡県に移住をして本日でちょうど3年が経ちました』の記事です。

元々後藤さんは東京で仕事をしていましたが、東日本大震災を機に「人生をもう一度クリアにしたい」と感じ、九州移住を決意したのだそう。

記事中では、「食がおいしい」「家賃が安い」など地方ならではの良さがたくさん語られています。また、福岡はIT業界に力を入れており、クリエイターにとって魅力的な場所であることも語られています。「地方・田舎で独立して活躍の場を拡げたい」「田舎で自分の枠を壊して働きたい」と思っている方の心に響くのではないでしょうか。

地方移住に興味がある方は、ぜひ一読してみてください。

参考:INQUIRY

「楽しいことを仕事にしない」働き方もあるんじゃない?

『フリーライター・海野りんごのお仕事日記』は、宮崎県にお住いの海野りんごさんが管理・運営しているブログです。彼女の職業は、フリーランスのWebライター。ニュースやコラムなどの記事を執筆しながら、収入を得ています。

さて、フリーランスといえば「好きなことを仕事にする」という考えをお持ちの方が多い印象がありますが、海野さんはそれとは違う考えを持っています。

そのことについて書いてあるのが、『「楽しいことを仕事にしない」働き方もあるんじゃない?』という記事です。

海野さんは「好きなこと」ではなく、「できること」を仕事として選ぶようにしています。
「できること」は自分の考えや行動一つでどんどん増やすことができ、結果として仕事の幅も広がっていくのだそうです。詳しい内容については、ぜひ記事の中でご確認ください。

「好きなことをしようと思ってフリーランスになったものの、なんだか最近行き詰まっている」「地方・田舎にいながら職能を広げたい」という方は特に、この記事を読むことで何かしらのヒントを得られるかもしれません。

参考:フリーライター・海野りんごのお仕事日記

フリーランス時々フリーターの最近の奮闘記みたいなの。

北海道在住のグラフィックデザイナー、ぱつこさんが手がけるブログ『ぱつかるちゃー』。
写真やバイクが趣味という彼女のブログには、デザインに関する記事だけでなく、趣味関連の記事も多数掲載されています。

ぱつこさんは、最初からフリーランスとして活躍していたわけではありません。
22歳フリーランス時々フリーターが23歳になったついでに最近の奮闘記みたいなの。』の記事にもあるように、元々はとある会社に勤務していました。

しかし、それは彼女にとってストレスのかかる日々そのもの。身体は悲鳴をあげ、10円ハゲができることもあったといいます。

そんな折、彼女に新たな転機が訪れます。それは、彼女のデザイン力を求める人達との出会いでした。「自分を必要としてくれる人達がいる」そう思えたぱつこさんは、思い切って会社を退職。フリーランスのグラフィックデザイナーとして活躍していくことを決意します。

現在、デザインの仕事が軌道に乗っているぱつこさんですが、彼女の躍進はこれに留まりません。最近は、写真のお仕事もされるようになったそうです。さらに今では、ハンドメイドアクセサリーのショップの運営もされています。

東京から遠く離れた北海道で、自分らしく活躍するぱつこさん。今後の活動にも期待が集まりますね!

参考:ぱつかるちゃー

フリーランスが地方で案件を見つける方法

フリーランスが地方移住を迷う理由の多くは、「地方で案件が見つかるのか?」という不安ではないでしょうか。ここでは、フリーランスが地方で案件を見つける方法を紹介していきます。

エージェントを利用する

フリーランスが地方で案件を見つける方法の一つが、フリーランス向けのエージェントを使うことです。エージェントでは、希望条件に沿った案件を紹介してくれるほか、単価交渉や参画日程の調整といった交渉の代行を行ってくれます。地方で行える案件、フルリモート案件を保有しているエージェントもあるので、ぜひ利用を検討してみましょう。

クラウドソーシングサービスを利用する

気軽に案件を探したいなら、クラウドソーシングサービスを活用する方法もあります。クラウドソーシングサービスは、案件を依頼したいクライアントと案件を受注したいワーカーを結びつけるサービスで、Webサイト上で案件を探すことが可能です。

ただ、クラウドソーシングサービスで見つけられる案件は、エージェントで紹介される案件より単価が低いものが多く、それだけで生活していくのが厳しい場合もあります。単価をアップするには、サイト内で実績を積んでスキルを証明することがポイントです

これからフリーランスを目指す方は、「フリーランスとは?意味や定義、仕事の探し方などをあわせて解説」の記事を参考にしてください。

人脈をつくる

地方での暮らしに慣れてきたら、地元の交流会などに参加し、人脈を使って案件を獲得するのも良いでしょう。地方はコミュニティの規模が小さく、一度コミュニティのメンバーと顔見知りになれば継続的に案件を受注できる可能性があります

フリーランス向けの交流会は、イベント情報をまとめたWebサイトなどで探せるので、どんなものがあるかチェックしてください。

Webで情報発信する

すでにある程度のスキルがあるフリーランスは、自分のサイトやSNS、ブログなどで情報発信を行うのも有効です。保持しているスキルや過去に携わった案件の実績を掲載しておくと、興味を持ったクライアントから声をかけられる可能性があります。

フリーランスが地方で働くメリット・デメリット

地方移住を考えるときは、メリットとデメリットの両方を知っておく必要があります。

フリーランスが地方に移住するメリット

まずは、メリットについて解説します。

都市部に比べて案件を獲得しやすい場合がある

地方の場合、都市部で独立して働くときに比べて競合が少なく、案件を獲得しやすい場合があります。ただし、「地方なら簡単に案件を獲得できる」というわけではないので、独立前に実績や人脈を作っておくことが重要です

実家の近くに住めば子育てと仕事を両立しやすい

子育て中の場合、「子どもの発熱で保育園を休むことになり、働けない…」ということもあるでしょう。「親が地方に住んでいる」という人は、実家の近くに引っ越せば、子育ての協力を得ながら働くことが可能です。

ストレスが軽減される

満員電車での通勤など、都市部での生活に負担を感じていた場合、地方で暮らすことでストレスが軽減され、快適に暮らせるようになります。また、地方は都市部と比べて自然が豊富でリラックスできる場面も多いでしょう。自然に囲まれて暮らしたい人やアウトドアが好きな人にとっては、魅力的な環境です。

フリーランスが地方に移住するデメリット

一方で、フリーランスの地方移住にはデメリットも存在します。メリットだけでなく、デメリットもしっかり把握しておきましょう。

都市部での独立に比べて収入が減ることがある

受注先や個々のスキル・実績によって異なりますが、都市部に比べると地方の案件の単価は低い場合があります。その代わり、地方は物価が比較的安いため、都市部に住む場合に比べて生活コストを抑えることが可能です。

勉強会や交流イベントに参加しづらい

フリーランス向けの勉強会・イベントは、都市部で開催される傾向があります。地方に住んでいる場合、参加する際は宿泊費や交通費がかさむのがデメリットです。「人脈作りのために交流会に行きたい」という人は、オンラインで開催されているイベントに参加するのも一つの方法です

フリーランスが地方移住を成功させるコツ

では、フリーランスが地方移住を成功させるにはどんなことに気をつければ良いのでしょうか?

ここでは、フリーランスが経済的な不安を抱えることなく地方での生活をスタートするためのコツをまとめました。

収入が安定してから移住する

これからフリーランスになろうと考えている方、フリーランスとしての活動を始めたばかりの方は、収入が安定してから地方に移住することをおすすめします。

都市部は地方に比べて案件を見つけやすいため、まずは案件が豊富な環境で実績を積み、収入が安定してから移住するのが良いでしょう。収入が安定すると暮らしへの不安が軽減されますし、スキルと実績を確立すれば地方でも案件を探しやすいはずです。

幅広いスキルを身につける

都市部より案件が少ない地方のデメリットを克服するには、対応できる案件数を増やすのが得策です。複数のスキルがあれば、幅広い案件に対応でき収入が途切れるリスクを減らせます。好きな技術や得意な技術に関連する技術を磨き、地方で活躍できるフリーランスを目指しましょう

公的な支援を活用する

フリーランスが地方での生活を安定させるには、公的な支援を活用するのもポイントになります。

たとえば、地方創生移住支援事業では、東京23区から地方に移住し起業・就業を行う人たちに対して、都道府県と市町村から交付金が支給されます

このほかにも、自治体ごとに独自の移住者支援を行っている場合があるので、移住を考えている地域があればぜひチェックしてください。また、移住先を迷っている場合は、支援が充実した自治体を探するのも良いでしょう。

参照:移住支援金

計画的に移住の準備を進める

移住後に「思っていた生活が送れない」と後悔するのを防ぐには、事前に移住先を調査することが大切です。できれば実際に候補地を訪ねて、周辺環境や交通の便などを把握しましょう。複数の候補地を挙げて比較するのもおすすめです

移住に対して不安がある場合は、実際に移住を経験した人の話を聞いたり、移住に詳しいNPO団体などに相談したりすると良いでしょう。第三者の客観的な意見を聞くことで、自分に移住が向いているかどうか冷静に判断できます。

フリーランスとして地方でやっていくか迷っている方、地方の案件を探したい方は、フリーランス向けエージェントのレバテックフリーランスを利用してみませんか?

レバテックフリーランスは、ITエンジニア向けの案件を保有し、希望条件に合った案件の紹介を行っています。「フルリモートの求人・案件一覧」では、具体的にどんなフルリモート案件があるかを確認していただけます。登録後は専門知識を持ったカウンセラーがキャリア相談を行いますので、これからフリーランスとして活動したい方もぜひ一度ご相談ください。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

リモート案件について相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。