田舎の強みを活かした活動も。地方在住フリーランサーのブログをチェック!
どこでも働ける!地方で働くフリーランサーまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

「パソコン一つあれば、どこにいても仕事ができる」それがフリーランサーの強みではないでしょうか?
今回ご紹介するのは、地方在住のフリーランサーが綴っているブログです。

皆さん、眩しいほどに活き活きと自分の仕事をこなしています。
「地元にUターンしたいけど不安がある」という方は、これらのブログをチェックすることで、不安を解消できるかもしれませんよ!
 

(1)まるものオーナーになりました。

『細めから見える世界』の管理人であるまつさんは、フリーランスとしてライティングや制作活動を行う傍ら、千葉県金谷にあるコワーキングスペース「まるも」のオーナーとしても活躍されています。

まつさんがオーナーになった経緯についや、まるもの特徴について書かれてある記事がこちら、《まるものオーナーになりました。》です。

ここで注目なのは、他のコワーキングスペースとは一線を画する「まるも」のサービス。
そこには、田舎ならではの取り組みがありました。

例えば、田舎フリーランス養成講座が開催されたり、薪割りをしたり、開墾したり…。
予想もつかないイベントが開催される場所、それが「まるも」なんですね。

これから田舎にあるコワーキングスペース「まるも」をまつさんがどう成長させていくのか、とても気になるところです!

今後の活動が気になる方は、ぜひこれからもブログをチェックしてみてみてはいかがでしょうか?
良い刺激を受けられるかもしれませんよ!

【参照元】
http://www.mats2.net/entry/marumo-no-owner

 

(2)新卒の切符を捨て、フリーランスの道を選びました。

『I am うるぞー』は、プログラミングをはじめ、恋愛や人生に関する記事が掲載されているブログです。
このブログの管理人うるぞーさんは、福岡に住むフリーランスのエンジニア。
「自分の得た知識や技術で、どうやって世の中の人を喜ばせていくか」ということをテーマに、リモート開発の分野で活躍されていますが、フリーランスデビューはなんと学校卒業と同時だったそうです。

新卒といえば、社会人の経験はゼロ!
当然独立への道はスムーズではなかったはずですが、彼は何を思い、どうやってフリーランスとしての道を切り開いて行ったのでしょう。

《新卒の切符を捨て、フリーランスの道を選びました。最高に幸せな選択です。》という記事には、うるぞーさんがフリーランスという働き方を選択した理由や、将来の目標などが書かれています。

「起業したい」「フリーランスとして働くことに興味がある」という方は、ぜひチェックしてみてくださいね!
チャレンジ精神溢れるうるぞーさんの生き方に、元気や勇気を分けてもらえるのではないでしょうか。

【参照元】
http://www.uruzou.me/entry/2016/11/26/090000

 

(3)5月は月収10万円を目指します!

月間5万PVのアクセス数がある『Better Better Days』。その管理人である「のぐのり」さんは、有名国立大学に通う現役の大学生。

ただいま4年生ということで通常なら就職活動真っ盛りの時期ですが、のぐのりさんは就職は視野に入れず卒業後はフリーランスの道を歩んでいくと決めているそうです。

そんなのぐのりさんは、2016年5月に《5月は月収10万円を目指します!》という記事を執筆。
そこには、4月の反省点や5月の目標、そしてこれから挑戦していきたいことが詳しく書かれています。

4月時点の収入のメインは、バイトとメルカリ販売がメイン。
でも、5月は「クラウドソーシングやブログ、電子出版での収入を増やしていきたい」と目標を立てることにしました。

結果について知りたい方は、その後に書かれた記事を読んでみてくださいね!

今後、のぐのりさんはフリーランスとしてどのように活躍していくのか。その若い力に注目です!

【参照元】
http://nogunori.hatenablog.com/entry/2016/05/01/091422

 

(4)福岡県に移住をして本日でちょうど3年が経ちました

『INQUIRYブログ』は、福岡にホームページ制作・デザイン事務所を立ち上げて活躍する後藤さんのブログ。
サイトでは、Web制作で学んだ知識や日々の気付きが綴られています。

後藤さんが福岡に移住した理由・感想が書かれているのが、《福岡県に移住をして本日でちょうど3年が経ちました》の記事です。

元々後藤さんは東京で仕事をしていましたが、東日本大震災を機に「人生をもう一度クリアにしたい」と感じ、九州移住を決意したのだそう。

記事中では、「食がおいしい」「家賃が安い」など地方ならではの良さがたくさん語られています。
また、福岡はIT業界に力を入れており、クリエイターにとって魅力的な場所であることも語られています。「活躍の場を拡げたい」「自分の枠を壊したい」と思っている方の心に響くのではないでしょうか。

地方移住に興味があるのなら、ぜひ一読してみてくださいね。

【参照元】
http://inquiry-goto.tumblr.com/post/126164451940/150808

 

(5)「楽しいことを仕事にしない」働き方もあるんじゃない?

『フリーライター・海野りんごのお仕事日記』は、宮崎県にお住いの海野りんごさんが管理・運営しているブログです。
彼女の職業は、フリーランスのWebライター。ニュースやコラムなどの記事を執筆しながら、収入を得ています。

さて、フリーランサーと言えば「好きなことを仕事にする」という考えをお持ちの方が多い印象がありますが、海野さんはそれとは違う考えを持っています。

そのことについて書いてあるのが、《「楽しいことを仕事にしない」働き方もあるんじゃない?》の記事です。

海野さんは「好きなこと」ではなく、「できること」を仕事として選ぶようにしています。
「できること」は自分の考えや行動一つでどんどん増やすことができ、結果として仕事の幅も広がっていくのだそうです。

詳しい内容については、記事の中でご確認くださいね!

「好きなことをしようと思ってフリーランスになったものの、なんだか最近行き詰まっている」
「地方にいながら職能を広げたい」

という方は特に、この記事を読むことで何かしらのヒントを得られるかもしれませんよ。

【参照元】
http://mare-pomme-work.hatenablog.com/entry/2016/07/13/191950

 

(6)フリーランス時々フリーターの最近の奮闘記みたいなの。

北海道在住のグラフィックデザイナー、ぱつこさんが手がけるブログ『ぱつかるちゃー』
写真やバイクが趣味という彼女のブログには、デザインに関する記事だけでなく、趣味関連の記事も多数掲載されています。

ぱつこさんは、最初からフリーランスとして活躍していたわけではありません。
《22歳フリーランス時々フリーターが23歳になったついでに最近の奮闘記みたいなの。》の記事にもあるように、元々はとある会社に勤務していました。

しかし、それは彼女にとってストレスのかかる日々そのもの。身体は悲鳴をあげ、10円ハゲができることもあったと言います。

そんな折、彼女に新たな転機が訪れます。それは、彼女のデザイン力を求める人達との出会いでした。
「自分を必要としてくれる人達がいる」
そう思えたぱつこさんは、思い切って会社を退職。フリーランスのグラフィックデザイナーとして活躍していくことを決意します。

現在、デザインの仕事が軌道に乗っているぱつこさんですが、彼女の躍進はこれに留まりません。最近は、写真のお仕事もされるようになったそうですよ!
さらに、ハンドメイドアクセサリーのショップも近々オープンされる予定とのこと。

東京から遠く離れた北海道で、自分らしく活躍するぱつこさん。今後の快進撃に期待が集まりますね!

【参照元】
http://www.ptkabe.net/entry/twentytwo

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

プライバシーマーク

© 2014-2017 Leverages Co., Ltd.