オンラインカウンセリング実施中

会社員と比べたメリットも解説!
フリーランスが厳しいといわれる理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスが厳しいといわれる理由として、主に以下の3つが考えられます。

  • 自分で営業して案件を獲得する必要がある
  • 案件の単価や受注量によって収入が増減する
  • 自己管理に一層注意しなければならない

フリーランスには上記のような特徴がある一方で、会社員と比較して、フリーランスならではのメリットもあります。

当記事では、フリーランスのメリット・デメリットのほか、フリーランスとして活躍するための方法をご紹介。会社員からフリーランスになろうと考えている方は、ぜひご参考にしてください。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスが厳しいといわれる理由
フリーランスにはメリットもある
フリーランスとして活躍する方法

フリーランスが厳しいといわれる理由

フリーランスが厳しいといわれる理由として、以下の3つの例が挙げられます。

自分で案件を獲得しなければならない

フリーランスとして活動する際は、基本的に自分で営業して案件を受注しなければなりません。営業してもなかなか受注に繋がらない、業務が忙しく営業の時間を確保するのが難しいといった状況の場合、フリーランスの厳しさを実感する可能性があります。

希望に合う案件に参画するには、クライアントが求める人材を的確に把握し、ニーズに沿ったスキル・経験をアピールする必要があるでしょう。自分の強みや貢献度の高さを簡潔に伝えられるよう、これまでの経歴を事前に振り返っておくことが大切です。

また、エンジニアやデザイナーの場合は、フリーランスエージェントを活用するというのもひとつの手段です。営業活動の手間を省きたいという方はエージェントの力を借りることも視野に入れましょう。

案件を受注できないと収入が減ってしまう

会社員は基本的に毎月一定の給与を受け取れますが、フリーランスは案件の単価や受注量によって収入が変わります。

独立して間もないフリーランスの場合、実績や人脈がないと案件獲得に苦労することも。安定的に案件を受注できないと収入が少なくなり、生活が厳しくなる恐れがあるでしょう。

自己管理に一層注意する必要がある

フリーランスは会社員に比べて自由な働き方ができる分、体調やスケジュール、モチベーション管理に一層注意する必要があるでしょう。

「仕事がなくなったら不安だから」と案件を受注しすぎると、オーバーワークになって体調を崩したり業務の質が低下したりする恐れがあります。クライアントと信頼関係を築くためにも、受注前に業務内容や納期を十分に確認し、スケジュールを考慮して依頼を受ける必要があるでしょう。

そのほか、在宅で業務を行うフリーランスは、仕事とプライベートのメリハリをつけるために、作業場所や時間をあらかじめ決めることも大切です。

関連記事:個人事業主のデメリット
関連記事:フリーランスエンジニアと会社員エンジニアの働き方比較

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスにはメリットもある

フリーランスの働き方には厳しいといわれる側面がある一方で、会社員に比べて以下のようなメリットもあります。

スキル・実績次第で収入アップを目指せる

高度なスキル・経験が求められる案件は、比較的単価が高い傾向があります。

会社員は短期間で大幅に給料が増えることは少ないと考えられますが、スキル・実績のあるフリーランスなら、実力次第で収入アップを図れる可能性があるでしょう。

案件を自分で選べる

フリーランスは、「◯◯分野でスキルアップを図る」「◯◯の開発に携わる」といった目的に合わせて案件を選べるのがメリットです。

会社員の場合、希望とは異なる仕事を担当することもありますが、フリーランスは自分で案件を選べることから、効率的に希望を実現できる可能性もあるでしょう。また、知識・スキルを活かせる案件に参画できれば、高いモチベーションで業務に取り組めます。

働く場所や時間に融通が利く

在宅可の案件であれば、基本的に作業場所・時間を自分で決められます。在宅型フリーランスは、会社員のように通勤しなくてよい、プライベートの都合に合わせて働けるといったメリットがあるでしょう。

なお、常駐型案件の場合は、業務を行う場所や時間が決められていることが多いです。在宅型案件に比べると自由度は低くなりますが、プライベートとのメリハリをつけやすい、エンジニアと情報交換できてモチベーションアップやスキル向上を図りやすいといったメリットがあります。

関連記事:フリーランス(個人事業主)のメリット
関連記事:フリーランスと会社員 メリット・デメリット比較

フリーランスとして活躍する方法

フリーランスとして業務をスムーズに進めていくには、以下のような方法があるでしょう。

独立前に人脈を築く

フリーランスとして案件を受注するにあたって、クラウドソーシングやSNSを活用して営業する方法があります。そのほか、友人や会社員時代の同僚、異業種交流会で知り合った人などから依頼を受けるのも1つの手です。

フリーランスになってから安定的に案件を獲得するには、会社員のうちに人脈を広げておくのが得策でしょう。

勉強会やセミナーでスキルアップを図る

スキルアップを図る際は、勉強会で業界の最新情報を得たり、フリーランスを対象としたセミナーで営業のコツを聞いたりする方法があります。勉強会やセミナーは、知識の習得だけではなく、人脈作りの場としても活用できるでしょう。

また、勉強会やセミナーへの参加と併せ、書籍やWebサイトを活用して独学するとさらに知識を深められるかもしれません。

フリーランス向けエージェントを活用する

フリーランス向けエージェントは、案件の提案や契約更新業務の代行などを行うサービスです。初めてフリーランスになる方も安心して業務に専念できるよう、営業代行やキャリアプランの相談といったサポートも行っています。

「自分のスキルでどのような案件に参画できるか知りたい」「フリーランスになりたいけれど、どんな準備が必要か分からない」という方は、エージェントを活用すれば不安を軽減して案件に参画できます。

関連記事:フリーランスとして成功する秘訣は?
関連記事:フリーランスエージェントを利用するとどんなメリットがある?

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.