オンラインカウンセリング実施中

「食えないフリーランス」にならないためには
フリーランスは食えないって本当?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

「フリーランスは食えない」といわれることがあります。食べていけない理由としては、スキル不足、営業活動が十分ではない、セルフマネジメントができていないといったことが挙げられるでしょう。とはいえ、フリーランスになって活躍し、生活に困らないだけの収入を得ている人がいるのも事実です。本記事では、「食えない」フリーランスの特徴以外に、生計を立てられるフリーランスになるための方法についても解説します。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

「食えない」フリーランスの特徴
フリーランスで食べていける人もいる
食べていけるフリーランスになるには

「食えない」フリーランスの特徴

フリーランスに対し、「食えない」というネガティブなイメージを持つ人もいるようです。フリーランスが「食えない」といわれる原因はさまざまですが、一般的には以下のような理由が考えられるでしょう。

スキル不足

スキルが不足している場合、フリーランスとして食べていくのは難しいでしょう。フリーランスは、基本的に特定分野の専門性を活かして働くという性質があるためです。知識・技術力ともに、即戦力として高いレベルが求められると言い換えることができるでしょう。未経験者やスキルが一定レベルに達していない人は、食べていけない可能性が高いといえます。

営業が不十分

知識やスキルはあっても、営業が不十分であれば生計を立てるのは困難と考えられます。会社員のように組織の後ろ盾がないため、自分で営業活動をして案件を安定的に受注できるようにしなければ、収入途絶につながってしまうのです。

セルフマネジメントが苦手

勤怠管理がなされる会社員と比べ、フリーランスはセルフマネジメントの必要性がより高い働き方といえるでしょう。とりわけ、自宅で作業を行う在宅型フリーランスは、スケジュールや時間の管理にいっそう気を遣う必要があります。時間を自由に使えるからといって生活リズムが不規則になっては、体調を崩して働けなくなる恐れもあるでしょう。

高単価の案件が受けられない

受注するのが単価が低い案件ばかりでは、フリーランスとして食べていけない状態になる懸念があります。数社から同時に受注すれば収入確保はできるかもしれませんが、働きすぎで体調不良になる場合も。フリーランスは可能な限り、生活に足る報酬が得られる案件を選ぶ必要があるでしょう。

関連記事 : フリーランスは甘くない?

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスで食べていける人もいる

前項では、「食えない」フリーランスの特徴を挙げました。

収入を確保する以外にも、自主的なスキルアップや税金の手続きなど、フリーランスには大変な面が多々あります。中には、「やはりフリーランスは難しそう…」と感じた方もいるのではないでしょうか。実際に、まだ食べていけない状態にあるフリーランスも多いと考えられます。

その一方で、フリーランスの仕事で生計を立て、活躍している人が大勢いるのも事実です。自分の好きな仕事があり、将来に対して明確なビジョンを持っている人は、フリーランスの働き方に大きなやりがいを感じられるでしょう。

フリーランスには、自身の適性に合った仕事を選びやすい、スキルや実績があれば年齢に関係なく高収入を得やすい、在宅型であれば通勤時間がかからないといったメリットがあります。良質なクライアントや案件と出会えれば、会社員時代より高収入が得られるケースも。フリーランスで食べていきたいと考えるのであれば、努力する価値はあるといえるでしょう。

次項では、生計を立てられるフリーランスになる方法を紹介します。

関連記事 : フリーランスは安定しない働き方なのか?

食べていけるフリーランスになるには

ここまで、「食えない」フリーランスの特徴と、生活できているフリーランスもいることに言及しました。最後に、食べていけるフリーランスになる方法を紹介します。

スキルの再確認とブラッシュアップ

フリーランスにとって、知識やスキルは財産です。フリーランス転向を目指す時は、現在の保有スキルを再確認しましょう。フリーランスの業務に役立つスキルがあれば、その技術についてさらに学び続けるようにします。特にIT業界は技術の進歩が速いといわれるので、エンジニアであれば自己研鑽が欠かせません。

現在の保有スキルと関連する技術を身につけるのも、良い考えといえます。複数のスキルに長けることで、対応できる業務の幅が広がるためです。新たなスキルの習得を試みる際は、書籍や学習サイトで独学したり、スクールに通って体系的に知識を身につけたりといった方法をとってみましょう。

フリーランスとして働く上で、専門的な知識やスキルだけでは不十分な場合もあります。クライアントと良好な関係を築くためには、コミュニケーションや基本的なビジネスマナーも大切。また、自分の価値を高めるためのセルフブランディング力は、分野を問わずフリーランスにとって必要なスキルであると考えられます。

営業活動を積極的に行う

フリーランスとして独立したら、自分のことを多くの人に知ってもらいましょう。そのために必要なのが、営業活動です。新規クライアントを開拓する方法もありますが、友人や知人、会社員時代に知り合った人などにアプローチするのも効果的です。

仕事につながりそうな人脈がない時は、同業種の人たちと出会える機会を設けるという手段もあります。たとえば、セミナーや勉強会のようなイベントです。同業種の人と交流することで、案件情報が聞き出せるほか、他のフリーランスがどのような強みを持っているのかを知ったり、各人の営業方法を学んだりすることもできるでしょう。

また、営業成功の秘訣のひとつは、ヒアリング力です。自分を使ってもらうためには、クライアントが抱える悩み・求めているものを正確に理解することが必要だからです。クライアントによっては、自社の課題が把握できていない場合もあります。そのようなケースではなおさら、会話の中で相手の望むものを聞き出す力が重要になります。

セルフマネジメントに注力する

フリーランスは、セルフマネジメントに注力しましょう。特に在宅型の場合は、自己管理能力が重要になります。

ポイントは、作業時間を明確に決めること。「この作業は〇時までに終わらせる」「決めた時間以外は働かない」といったルールを設定することで、メリハリある生活が実現できます。また、早寝早起きすること・運動の時間を設けることも健康管理の上では大切です。

収入源を複数持つ

1つのクライアントに依存すると、契約終了に伴い収入が途絶える恐れがあります。また、長く同じ環境に留まり続けることで、作業の進め方やコミュニケーション方法が固定化され、別のやり方に接する機会がなくなるのもデメリットになり得る点です。

常に複数のクライアントと関係を築くようにすれば、収入途絶のリスクを軽減できるでしょう。加えて、キャリア開発や人脈拡大のチャンスが広がるのも、クライアントを複数持つ利点といえます。

高単価案件を狙う

フリーランスで食べていくためには、できるだけ高単価の案件を受注し続ける必要があります。案件を複数受けたとしても、報酬額が十分でなければ、「作業量が多い割に生計を立てるのが困難」な状況になりがちだからです。案件参画においては、担当する作業の量と内容に見合った金額を提示してくれるクライアントとの契約が肝要といえるでしょう。

高単価案件を狙うにあたっては、フリーランス向けエージェントを利用するのも手です。エージェントとは、通常フリーランス本人が行わなければならない営業活動や契約締結などの業務を代行してくれるサービスを指します。個人ではあまり受注できない高単価案件を提案される可能性があるのが、エージェントのメリットです。

関連記事 : 初めてでも安心!フリーランスエージェント

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.