オンラインカウンセリング実施中

フリーランスの失敗・成功を分けるのは?
「フリーランスは使えない」と言わせない!成功するためのポイントとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

フリーランスはプロとしてのスキルが期待されるため、少しでもうまくいかないことがあると「使えない」と言われてしまいがちです。社内教育や成長も加味して多少の失敗は許される会社員と比べ、フリーランスはパフォーマンスをシビアに判断される傾向にあります。

この記事では「使えない」という言葉とは無縁でいるために、フリーランスとして成功するには何をすべきかを解説していきます。

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

「フリーランスは使えない」と言われるのはなぜ?
失敗するフリーランスの特徴5つ
成功するフリーランスの特徴5つ

「フリーランスは使えない」と言われるのはなぜ?

インターネット上などで「フリーランスは使えない」という声が散見される理由のひとつは、「フリーランスは基本的に即戦力としての活躍が期待されているから」だと言えるでしょう。

企業がフリーランスを活用するメリットとして、教育コストをかけずにスキルや経験を持った人の力を借りられる、という点が挙げられます。その分、フリーランスには雇用している社員より高い水準の報酬が設定されていることもあります。

フリーランスは求められる期待値が高いだけに、業務がスタートしてからミスマッチが起こってしまうと、「使えない」という声が上がりやすい土壌があると言えます。

関連記事 : フリーランス増えすぎなのか|増加の背景とは

自分に合う案件を提案してもらう

失敗するフリーランスの特徴5つ

失敗してしまうフリーランスの主な特徴を見ていきます。自分にあてはまっているという方は、ぜひこれを機に改善を試みましょう。

スキル不足

フリーランスには、直接的に業務に関係する技術のほかにも、効率的に物事を考える力やコミュニケーション能力など、さまざまなスキルが必要です。そのため、作業を進めていくうえで必要なスキルが不足していることにより失敗してしまう場合があります。スキル・能力が不足している状態でフリーランスになると、案件をスムーズに獲得できず、参画してもうまく業務を進められない可能性があるでしょう。

フリーランスを「自由で楽な仕事」だと思っている

フリーランスの働き方を「自由で楽」だと思って始める人は、失敗しやすい傾向にあります。確かにフリーランスは、作業場所や作業時間を自分で決めやすく、自由度の高い働き方と言えるでしょう。しかし、納期を守って作業を進めたり、クライアントと良好な人間関係を保ったりといった最低限のルールやマナーは守る必要があり、楽なことばかりではありません。そのため、フリーランスを自由で楽な働き方だと誤認して始めた場合、実際の大変さに戸惑い、自身の抱いていたイメージとの落差に落ち込んでしまう人もいるようです。

効率アップを図っていない

フリーランスは、営業から案件の獲得、打ち合わせ、経理など、実務作業以外も基本的にすべて自分自身でこなさなければいけません。そのため、スケジュール管理ができていなかったり、作業効率が悪かったりすると、業務が滞ってクライアントからの信用を失ってしまう可能性もあります。

目標が明確に定まっていない

将来のキャリアプランが明確でないフリーランスは、向上心や成長意欲が低下しがちです。特にIT業界などでは日々技術が進歩していくため、「何年後にこれだけの年収を得る」「将来はこういった案件に取り組んでいたい」などの将来設計をしっかり立てて、目標から逆算してスキルアップしていく姿勢が大切だと言えます。

コミュニケーションが苦手

フリーランスは、人間関係に縛られず、クライアントとのコミュニケーションも最低限で済むような印象を持つ人もいるでしょう。しかし、実際は案件獲得のための営業をかけたり、現場の社員と打ち合わせをしたりと、人と会話をしながら作業を進める場面もあります。そのため、コミュニケーション能力を身につけることは、フリーランスとして安定して働き続けるために大切なことです。

関連記事:フリーランスで失敗を避けるために気をつけるべきこと

成功するフリーランスの特徴5つ

前章では、失敗してしまうフリーランスの事例を見てきました。ここでは、成功するフリーランスの特徴を解説します。ぜひ実践し、企業から信頼を得られるフリーランスを目指しましょう。

高いスキルを持っている

成功しているフリーランスの多くは、高いスキルを持っています。まずは自身のスキルを磨きましょう。特にIT分野ではエンジニアの需要が高まり、求められるスキルも多様化しています。自分のフリーランスとしての強みをいち早く見つけ、専門書を読んだり、スクールに通ったりしながら、自分なりの方法でスキルを身につけましょう。

スケジュール管理を徹底している

成功しているフリーランスは、スケジュール管理を徹底し、先を見据えた作業計画を立てています。先述のように、スケジュール管理ができていないフリーランスは、失敗してしまう可能性が高いです。5年、1年、1ヶ月、1日……と、大きなスパンから徐々に細かくスケジュールを立てていくと、自分の将来像も含めた広い視野で計画を立てることができます。スケジュール管理を徹底し、効率を意識した作業を心がけましょう。

キャリアビジョンが明確

フリーランスで成功している方は、キャリアビジョンが明確に定まっている傾向にあります。フリーランスに必要な成長意欲を出すためには、自身のキャリアビジョンを明確に定める必要があるでしょう。自分の中で達成すべき目標があれば、それに向かって迷いなく進んでいくことができます。主体性を持った仕事ぶりは、クライアントからの評価にもつながります。キャリアビジョンは、「何年後にどのくらいの報酬を得ているのか」「どんな案件を任せてもらいたいか」などできるだけ具体的に定めましょう。

同業者のコミュニティに参加している

フリーランスに欠かせないのが、最新のトレンドや業界ニュースの把握です。時勢に敏感で常にスキルアップを図っているフリーランスほど、高単価の案件を獲得できると考えられます。業界の情報を集めるためには、同業者のフリーランスコミュニティやセミナーに参加すると良いでしょう。案件の受注につながるかもしれない人脈を築けるというメリットもあります。
下記の関連記事で、フリーランスのコミュニティについて説明しているので、ぜひご参考にしてください。

エージェントを利用する

現在、フリーランスが案件を獲得するためのエージェントサービスが多数存在します。成功しているフリーランスのなかには、エージェントを利用して案件を獲得している人も少なくありません。また、エンジニアなど特定の職種に特化した便利なエージェントサービスもあります。効率的に好条件の案件を見つけることができるので、活用を検討してみましょう。

関連記事:フリーランスがコミュニティに所属するメリットは?
関連記事:エンジニアの手助けとなるコミュニティサイト3選

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.