オンラインカウンセリング実施中

IターンやUターンを考えるときの参考に!
地方で暮らしたいフリーランスのためのお役立ち情報

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

都会の喧騒を離れて、地方暮らしに憧れるフリーランスは増えています。しかし、その反面、収入や生活環境に不安を抱く方も少なくありません。そこで今回は、IターンやUターンを検討している方の参考になる記事を特集したいと思います。後悔しない1歩を踏み出すためにも、情報収集に役立ててくださいね!

自分に合う案件を提案してもらう

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

目次

東京から広島移住!リアルに良かったこと、そして困ったこと。
フリーランスエンジニアで田舎暮らししたら幸せになった話
フリーランスエンジニアの離島移住にデメリットは無い!
30代で田舎へ移住するのはあり?田舎で求められる仕事とは?
地方でフリーランスエンジニアになるメリットと仕事の獲得方法
田舎への移住が必ずしも成功するとは限りません!
地方でフリーランスは可能か実際にやっている私がお答えします
フリーエンジニアになると、地方でもそこそこ稼げる件
実際いくらかかるの?離島ぐらしの1ヶ月の生活費を大公開!!!

東京から広島移住!リアルに良かったこと、そして困ったこと。

野球観戦や地方移住に関する記事をブログ『カープが見たいけん働き方改革!』に綴っている寺谷みずきさんは、東京から地元の広島にUターンしてきた1人。
その際、仕事面では多くのメリットがあったものの、生活面においてはギャップを感じることもあったそうで、《東京から広島移住!リアルに良かったこと、困ったこと。》という記事に、その実体験をまとめられています。

この記事によると、寺谷さんは東京で管理職を経験していたため、広島で転職活動をするときには、それが大きなアピールポイントになったとのこと。
現在はフリーランスとして活躍されていますが、そのときの手応えは自分の魅力に気づくキッカケになったと語っています。
ただし、日常生活においては、慣れるまでは不都合に感じることもいくつかあったようなので、移住に向けて行動を起こす場合は、一読しておくと参考になりそうですよ。

生活環境を大きく変えることは、ビジネスチャンスになる場合もあれば、新たなストレスを抱える場合もあります。
移住後に「こんなはずではなかった…」と後悔しないためにも、経験者のリアルな声をたくさんチェックしておきましょう。

【参照元】https://mizuki42.com/tokyohiroshima/

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスエンジニアで田舎暮らししたら幸せになった話

これからフリーランスとして働きたい方、将来的に地方へ移住したいと考える方にぴったりの記事が、『yuratique BLOG』に掲載されているので注目してみたいと思います。

こちらの記事《【実話】フリーランスエンジニアで田舎暮らししたら幸せになった話》を書いたのは、東京から京都へ移住し、フリーランスエンジニアとして活躍しているyuratiqueさん。
yuratiqueさんは、田舎暮らしをはじめて幸せだと実感したそうですが、その理由として以下のことを挙げています。

・都会と比べて生活コストが安い
・豊かな自然に癒やされる
・時間がゆっくり流れているように感じられる環境
・心にゆとりが持てる
・田舎にいても都会で遊ぶことができる

また、都会と違い、周りに時間に追われている人がいないのも田舎暮らしの魅力なのだそうですよ。

ただし、このようにさまざまな魅力がある田舎暮らしですが、ローカルルールが存在したり、虫が多かったりとデメリットもあるとのこと。
記事には、メリットとデメリットのほか、田舎暮らしのコツや移住に向いている人について、わかりやすく綴られているので、隅々まで熟読することをおすすめします。

【参照元】https://yuratique.com/freelancers_happy_life/

自分に合う案件を提案してもらう

フリーランスエンジニアの離島移住にデメリットは無い!

田舎への移住はリスクが大きいイメージがありますが、「フリーランスのエンジニアなら、離島暮らしも大して不便ではない!」と語るのは、ブログ『FISHING ENGINEER』を運営するDENさん。
彼は、現在離島でフリーランスのプログラマーとして活躍しており、《フリーランスエンジニアの離島移住にデメリットは無い!》という記事に、自らの経験談を綴っています。

DENさんの場合は、移住前に契約していたクライアントと島に移住した後も良好な関係を維持できているため、仕事の悩みがない点が大きなポイントとなっているようです。
しかも、エンジニアの仕事が軌道に乗っているので、地域のコミュニティに依存することもなく、人間関係で困ることもないのだとか。
また、そのほかにも、離島の場合は移住者同士の繋がりが芽生えやすかったり、場所によっては空港や港に近かかったりと、意外にもメリットが多いそうなので、興味がある方はぜひ本文で詳細をチェックしてみてはいかがでしょう。

移住先の環境によって暮らしぶりは左右されるものの、エンジニアの仕事が離島でも続けられることが分かれば、生活の拠点を選ぶ際の選択肢も増えるのではないでしょうか。

【参照元】https://dev-memo.net/island_emigration/

自分に合う案件を提案してもらう

30代で田舎へ移住するのはあり?田舎で求められる仕事とは?

ブログ『Baka Otona』を運営するのは、宮城県仙台市から宮崎県日南市へ引っ越した当時、Webコーディネーターとして活躍していたKTR(コータロ)さん。
KTRさんは、自身の経験を踏まえ、田舎に住む魅力を《30代で田舎へ移住するのはあり?田舎で求められる仕事とは?》という記事の中で語っています。

たとえば、仕事に関しては、田舎にある企業の場合、自社サイトの制作をしようとしても、サイトを制作してくれる会社が地元にはないので、仕事を得やすい環境にあるのだとか。
そのため、KTRさんが移住の挨拶へ行ったとき、その場で仕事を依頼されたり、引っ越してから半月ほどでサイト制作の仕事が舞い込んだりすることもあったそうです。

また、それ以外にも、1人の起業家との縁ができると人脈も広げやすいとのこと。
したがって、KTRさんは、田舎はチャンスがたくさん眠っているため、フリーランスには向いている場所だと感じているといいます。

上記の記事には、このほかにも、田舎に住むことでKTRさんが感じた魅力についても触れられているので、ぜひ隅々にまで目を通してみてください。
田舎への移住を迷っている方にとって、力強い後押しになるはずです。

【参照元】https://www.bakaotona.com/30thinakagurasi/

自分に合う案件を提案してもらう

地方でフリーランスエンジニアになるメリットと仕事の獲得方法

『HikoPro Blog』の運営者であるHikoProさんは、大学生クリエイターやライター、エンジニアなど、多岐にわたる分野で活動しています。
ブログ内には、そんなHikoProさんがこれまでの活動を通して得たノウハウがたくさん綴られており、読み応えのある記事が多数公開中。
今回はその中から、こちらの記事《【幸福度高い】地方や田舎でフリーランスエンジニアになるメリットと仕事の獲得方法》をピックアップしてみました。

この記事によると、都会の空気に疲れてしまったり、のんびりと生活を送ったりしたいフリーランスエンジニアには、地方や田舎への移住がおすすめなのだとか。
その理由として、以下の3つが挙げられています。

・都会特有のストレスを感じることがない
・仕事に集中できる環境がある
・物価が安い

ただし、エンジニアの場合、常駐型の案件は都会に多いので、リモート型の案件をメインにしている方のほうが地方には適しているようです。

上記の記事には、これらの詳細と併せて、地方や田舎への移住における注意点や仕事の獲得方法についても触れられているので、移住を迷っている方はぜひ熟読してみてくださいね。

【参照元】https://hikopro.com/country-freelance/

自分に合う案件を提案してもらう

田舎への移住が必ずしも成功するとは限りません!

都会で働くフリーランスの中には、のどかな環境を求めて田舎への移住を検討している人もいると思います。
しかし、田舎への移住を本気で考える場合は、慎重さを欠いてはいけないと語るのは、高知県在住のフリーライターtomoさん。
こちらの記事《田舎への移住が必ずしも成功するとは限りません!》には、その理由が書かれていました。

tomoさんによると、田舎は都会に比べると活躍できる業種が限られたり、生活の不便さを感じたり、ご近所さんとの距離感が近かったりするため、計画性と順応性がなければ後悔をすることになりかねないとのこと。
そのため、移住を視野に入れたら、以下のようなポイントを押さえて、準備をすすめるべきなのだそうです。

・地域の特徴をリサーチして、自分が求めるライフスタイルに合った移住先を選ぶ
・移住前に収入源を確保しておく
・必要な費用を見積もる

また、本格的に行動を起こす前に、現地を訪問して自らの目で確認することも重要になるため、地域おこし協力隊の制度を利用して、お試し移住をしてみるのも1つの方法なのだとか。

tomoさんが運営する『tomo-blog』には、上記の記事以外にも、地域おこし協力隊について書かれた記事もエントリーしているので、そちらも併せて読んでおくと参考になりますよ。

【参照元】https://tomo-319.com/inakaizyu-izyu

自分に合う案件を提案してもらう

地方でフリーランスは可能か実際にやっている私がお答えします

現在、フリーランスのアプリ開発者として活躍中のnatsukazeさんが運営するブログ『NatsuLab』には、アプリ開発に関する記事や自作のアプリ紹介をはじめ、フリーランス活動で培ったノウハウが惜しみなく綴られています。

こちらの記事、《地方でフリーランスは可能か実際にやっている私がお答えします》もその中の1つで、ここでは大分県でフリーランス活動をしているnatsukazeさんが、実体験をもとに、地方ならではの働き方や自身が行っている工夫について紹介されていました。

たとえば、フリーランスエンジニアが地方で働く場合、リモートワークは必須なのだとか。
なぜなら、IT企業は大都市圏に集中しているため、地方だと常駐の仕事はほとんどないからです。
そのため、リモートワークで重宝されるスキルを身につけておくことがポイントだとnatsukazeさんは語っています。

また、上記の記事には、フリーランスエンジニアがリモートワークで獲得できる案件の種類や習得すべき技術についても言及しているので、ぜひ本文で詳細をチェックしてみてくださいね。
未だ、地方でのフリーランス活動に踏み切れていない方は、natsukazeさんの記事を読むと、進むべき方向性のヒントを得られるかもしれませんよ。

【参照元】http://natsulab.com/localcity-freelance

自分に合う案件を提案してもらう

フリーエンジニアになると、地方でもそこそこ稼げる件

フリーランスとして活動する方の中には、「地方へ移住してみたいけど、収入面が不安」という方もいるのではないでしょうか?
そのような思いを抱えているときに参考になるのが、『独学エンジニアのぶろぐ』に掲載中の《【地方移住したいエンジニア必見】フリーエンジニアになると、地方でもそこそこ稼げる件》という記事です。

筆者のアルトさんによると、フリーランスエンジニアは、以下の2つのポイントを押さえておけば、収入を確保することができるとのこと。

・東京のリモート案件を受注する
・地方企業の常駐案件を受注する

また、このポイントに加えて、どのプログラミング言語を身につけるのかも大切な要素になるため、RubyやGoなどのモダンな言語のほかに、JavaやPHPといった地方でも案件数が多い言語を一緒に習得しておくことを推奨されています。

収入面に関するヒントが得られれば、これまでの不安が払拭できて、移住を決断することができるかもしれませんよ。
より詳しい情報が知りたい方は、上記の記事をしっかりと読み込んでみてくださいね。

【参照元】https://aruto.org/can_earn_at_countryside

自分に合う案件を提案してもらう

実際いくらかかるの?離島ぐらしの1ヶ月の生活費を大公開!!!

『離島ぐらし 〜奄美群島に魅了されたアラサー男の移住日記〜』を運営するのは、ライターやドローン撮影、映像編集などを行うフリーランスとして活動中のいおんさん。
30歳で内地から奄美大島へ拠点を移し、移住で感じたリアルな感想をブログに綴っています。

たとえば、今回注目したこちらの記事《実際いくらかかるの?離島ぐらしの1ヶ月の生活費を大公開!!!》では、いおんさんが実際に必要とした、離島での生活費用1ヶ月分が公表されていました。

ここで取り上げられた9月分の生活費は、食費や趣味・娯楽費、交通費など、合わせて23万円を超えるほどだったといいます。
内訳には毎月発生する費用ではない飛行機代も含まれていますが、離島の物価は思っているよりも高く、内地と同等かそれ以上の場合もあるのだとか。
そのため、貯金のことも考えると、いおんさんは25万円の収入は必要だと感じたそうです。

ただし、安い賃貸物件を見つけたり、島内で育てられた野菜を買ったりすれば、生活費を抑えることはある程度可能とのこと。
実際に離島へ移住したからこそ書けるいおんさんの記事は、移住を考える方の参考になること間違いなしですよ。
記事には、1ヶ月分の生活費以外にも、引っ越しにかかった費用や、離島での一人暮らしについても詳細に綴られているので、ぜひくまなくチェックしてみてくださいね。

【参照元】http://rito-life.com/archives/726

自分に合う案件を提案してもらう


レバテックフリーランスはIT・Web系フリーランス専門エージェントです。ご自身にマッチする案件をご提案するだけでなく、「自分のスキルで通用するか?」「将来性にフリーランス転向を考えているので話を聞きたい」といったご相談も承っています。

キャリアの選択肢としてフリーランスへの転向をお考えの方は、下記の記事も併せてご覧ください。フリーランスとは?といった基本から、フリーランスになるために必要な手続きや会社員のうちにやっておきたいことなど、フリーランスの仕事に興味のお持ちの方に役立つ情報をお伝えしています。

関連記事 : フリーランス1年目が「早めにやっておくべきだった」と後悔した22の仕事チェックリスト

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

自分に合う案件を提案してもらう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.