オンラインカウンセリング実施中

人材紹介サービスの仕組みや利用するメリット・デメリット、活用すべき企業の特徴を解説
人材紹介の成功報酬とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

メイン画像

人材紹介サービスを利用する際の成功報酬とは、採用が決定した場合に企業が人材紹介会社へ支払う紹介手数料を指します。完全成功報酬型の人材紹介サービスの場合、登録料や着手金といった初期必要がかからないのが特徴です。
本記事では、人材紹介サービスにおける成功報酬とは何かといった疑問にお答えするとともに、人材紹介サービスの仕組みや成功報酬の相場、人材紹介会社を利用するメリット・デメリットなどを解説しています。採用活動でお悩みの企業の方は、ぜひ参考にしてみてください。

成功報酬型採用について問い合わせる

目次

人材紹介の利用における成功報酬とは
成功報酬の相場
人材紹介を利用するメリット・デメリット
人材紹介サービスを活用すべき企業の特徴

人材紹介の利用における成功報酬とは

人材紹介サービスにおける成功報酬とは、採用が成功した場合に人材紹介会社へ支払う紹介手数料のことです。成功報酬には、「依頼された仕事(目的)を達成した場合に支払われる報酬」という意味があります。人材紹介会社から人材を複数名紹介してもらったとしても、最終的に採用が決定しなければ目的を達成したことにはならないため、費用は発生しません。

そもそも人材紹介サービスとは?

人材紹介サービスとは採用手段の一つで、大きく「一般紹介・登録型」と「サーチ型(スカウト・ヘッドハンティング)」に分けられます。

一般紹介・登録型の人材紹介サービスは、人材紹介会社に登録した求職者の中から条件に合う人材を求人企業へ紹介するサービスです。「完全成功報酬型」の場合、成功報酬が発生するのは採用が決定した場合のみで、サービスサイトへの求人情報の掲載料等の初期費用はかかりません。

一方、サーチ型は依頼元企業の条件に合う人材を探すタイプの人材紹介サービスで、スカウトやヘッドハンティングとも呼ばれます。サービス内容によって異なりますが、サーチ型の人材紹介を利用する場合、成功報酬以外に着手金が必要なこともあるようです。

人材紹介サービスと呼ばれるものの多くが、前者「一般紹介・登録型」を指します。本記事では、一般紹介・登録型の人材紹介サービスについて紹介いたします。

関連記事:エンジニアの採用媒体

成功報酬型採用について問い合わせる

成功報酬の相場

一般紹介・登録型の人材紹介サービスを利用する場合の成功報酬は、依頼元企業と採用決定者との間で合意に至った入社1年目の理論年収の30~35%程度が相場とされています。理論年収とは、月次給与(基本給と所定外労働手当を含めたもの)の12ヶ月分と通年賞与の合計を指します。理論年収は、交通費などは含まれておらず、実際に支払われる年収とは異なる場合があるので注意が必要です。

なお、特殊専門職、上級管理職といった高度なスキルや経験を必要とする職種の場合は、成功報酬を理論年収の40%以上としていることもあるようです。賞与が変動する場合は、前年度実績の平均値から算出されることもあります。

成功報酬が設定されている理由

人材紹介会社が成功報酬、つまり紹介手数料を求める理由は、売上を得て採用コストや運営費用とするためです。

先述したように、一般紹介・登録型の人材紹介サービスは、登録料を無料にしている場合が多く、依頼するだけなら初期費用はほとんどかりません。とはいえ、人材紹介サービスを運営するには、リクルーティングコンサルタント(企業向けの営業)やキャリアアドバイザー(求職者向けのカウンセラー)といった採用コストがかかります。

売上がなければ運営していくことはできませんが、人材紹介会社が求職者から手数料を受け取ることは法律で原則禁止とされています(職業安定法第32条の3②)。そのため人材紹介会社は依頼元の企業から成功報酬という形で紹介手数料を得ているのです。

参照:厚生労働省「職業安定法
関連記事:エンジニアの採用手法

人材紹介を利用するメリット・デメリット

企業が採用を行う際に、人材紹介サービスを利用するメリット・デメリットをご紹介します。

人材紹介を利用するメリット

人材紹介サービスを利用するメリットは、以下のとおりです。

  • 完全成功報酬報酬型の場合は不要なコストがかからない
  • 採用選考にかかる工数を削減できる
  • 人材紹介サービスが自社の魅力を伝えてくれる
  • 非公開求人を出すことができる

人材紹介サービスにはコスト面のメリットのほか、社内外に募集内容を知られたくない場合に便利な非公開求人を利用することも可能です。また、自社の代わりに人材紹介会社が求職者へ自社の魅力を伝えてくれるため、通常の募集では叶わない人材の確保につながる場合もあるでしょう。

人材紹介を利用するデメリット

人材紹介サービスを利用するデメリットも確認してみましょう。

  • 成功報酬は採用決定者の人数分支払う必要がある
  • 1人当たりの成功報酬が高め
  • 人材紹介会社によって求職者の傾向が偏りがち
  • 自社に採用ノウハウが蓄積されにくい

人材紹介サービスは、1人当たりの成功報酬が高めであることに加え、採用決定者の人数だけ成功報酬を支払わなければならないため、大量募集の場合には適していません。また、人材紹介会社によって求職者の傾向も偏る可能性があるため利用会社を見極める必要があるでしょう。

関連記事:エンジニアの中途採用方法

人材紹介サービスを活用すべき企業の特徴

人材紹介サービスの活用に適した企業の特徴は以下のとおりです。

  • 数名の募集であり、大量募集ではない
  • 急な欠員が出たためすぐに採用を進めたい
  • 不要なコストをかけたくない
  • 繁忙期で採用活動に工数を割けない
  • 専門スキルを持った人材をピンポイントで採用したい
  • 事業拡大に向けて即戦力となる人材を採用したい
  • 新規事業の立ち上げメンバーを外部に知られずに採用したい

人材紹介サービスでは条件に合った人材をピンポイントで紹介することも可能です。特に、業界や業種に絞った人材紹介サービスを活用すれば、ITエンジニアやデザイナーといった専門スキルを持つ人材や、一定分野で経験を積んだ即戦力となりうる人材を短期間で探すことも可能でしょう。

新規事業の立ち上げや事業拡大を検討している場合、採用コストや採用活動に工数を割けないと考える企業は少なくありません。人材の確保にお悩みの企業の方は、採用手段の一つとして人材紹介サービスの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事:エンジニア採用で考慮したいデータ

成功報酬型採用について問い合わせる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.