女性がフリーランスとして仕事をするメリットや人気の職種を紹介

この記事でわかること
  • 女性がフリーランスとして働く3つのメリット
  • 女性に人気の在宅でできるフリーランスの職種
  • 女性フリーランスとして活躍するためのヒント

女性フリーランスの仕事について気になる方に向け、フリーランスとして働くメリットや平均年収、ひと月あたりの平均労働時間などを紹介します。

フリーランスになったきっかけや、実際に感じた苦労と解決方法などが分かるブログも紹介していますので働き方に悩んでいる方はお役立てください。

フリーランスになれるか相談する

目次

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

女性がフリーランスとして働くメリット

女性がフリーランスとして働くメリットには、以下が挙げられます。

  • 働く時間や場所を調整しやすく家庭との両立がしやすい
  • キャリアを継続できる
  • 体調面を考慮しながら仕事の調整ができる

それぞれについて解説します。

働く時間や場所を調整しやすく家庭と両立がしやすい

在宅で働けるフリーランスの場合、基本的には作業時間や場所を自分で決められます。会社員時代に仕事とプライベートとの両立に悩みを抱えていた人も、フリーランスであれば作業スケジュールや案件の受注量の調整により、理想の働き方を実現しやすいでしょう

キャリアを継続できる

女性会社員の場合、出産や育児を経験する人もいるでしょう。このようなステップを踏む場合、「預け先がなく復帰が難しい」「子どもの体調不良や行事で欠勤が多くなる」などの理由で、キャリアがストップしてしまうことがあります。

しかし、フリーランスとして活動するのであれば、育児をしながら作業ができる場合もあり、必ずしも預け先を見つける必要はありません。体調不良の際も、子どもの症状次第では様子を見ながら作業に取り掛かることもできるでしょう。行事に参加する場合も、スケジュールを調整すれば1日のうちで作業時間を確保できます。

また、「家族の転勤で引っ越しすることになった」という場合も、在宅ワークのフリーランスなら、転居先でもスキルを活かして同じ仕事を続けられる可能性が高いです。ライフステージやライフスタイルが変わっても継続して実務経験を積み、キャリア形成していけるでしょう。

体調面を考慮しながら仕事の調整ができる

人によっては、女性ならではの体調不良により、毎月のように思うように活動できないこともあります。会社を欠勤・遅刻・早退しなければならないほどの症状がある人にとって、自分の体調と相談しながら作業を進められるフリーランスは、業務効率面でも精神面でもメリットが大きいといえるでしょう。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの男女比

フリーランスの男女比は、調査データによって違いがあります。

中小企業庁が発表した「小規模企業白書(2016年版)」によるとフリーランスの男女比は、男性が75.8%、女性が24.2%です。そのうち、20代以下でフリーランスになった女性は全体の20.4%。女性がフリーランスになった年齢は30代が最も多く48.7%で、次いで40代が25.8%になっています。

IT業界の女性エンジニアの女性比率は?需要や将来性とキャリアプランも紹介」では、IT業界で活躍する女性エンジニアの比率についてまとめていますので、あわせてご覧ください。

※参考 : 小規模企業白書(2016年版)|中小企業庁

フリーランスになれるか相談する

女性フリーランスの平均年収

フリーランス協会が発表した「フリーランス白書2020」によると、女性フリーランスの平均年収は200万円未満が30.8%と最多で、次いで200~400万円未満が28.9%、400~600万円未満が17.4%とされています。

なお、中小企業庁が発表した「小規模企業白書(2016年版)」によると、72.9%の女性がフリーランスとしての活動は主業であると回答。80.9%の男性が主業と位置づけていることを踏まえると、女性は家庭との両立を目的とするほか、副業として収入を得る人が多いため、200万円未満の層が厚くなっていると考えられるでしょう。

SE(システムエンジニア)の平均年収|男女・年齢別の年収相場」では、SEの年収相場についてまとめていますので、参考にしてみてください。

※参照:
フリーランス白書2020|フリーランス協会
小規模企業白書(2016年版)|中小企業庁

フリーランスになれるか相談する

女性フリーランスの平均労働時間

フリーランス協会の「フリーランス白書2020」によると、女性フリーランスのひと月あたりの平均労働時間は、140時間以上が最も多く26.2%を占めています。20時間以上が20.7%と続き、100時間以上が17.4%、60時間以上が14.1%です。

フリーランスは労働基準法が適用されないものの、同法における労働時間上限週40時間を踏まえると、妥当な数値といえるでしょう。140時間以下の割合の合計値が多い理由は、家事や育児などが考えられます。

フリーランスと労働基準法の関係については「フリーランスと労働基準法」を参考にしてみてください。

※参照:
フリーランス白書2020|フリーランス協会
労働時間・休日|厚生労働省

フリーランスになれるか相談する

女性フリーランスに人気の在宅でできる職種

女性フリーランスに人気の職種の代表例は、以下のとおりです。

  • エンジニア
  • デザイナー
  • ライター
  • 動画編集者

職種の詳細についてご紹介します。

エンジニア

エンジニアは、プロジェクトの企画、設計、仕様書の作成、開発、運用などを行う職種。ITが発展しDX化を進める企業が増加していることから、業務を外注に依頼するクライアントが増えてきています。

業務連絡はコミュニケーションツールを利用して行えるほか、作業・納品ともにインターネット上で完結できるため、在宅ワークも可能です。

エンジニアといっても、持っているスキルや培ってきた経験により参画できる案件は異なるため「エンジニアの種類」で各職種の代表的な業務や必要な能力などを把握しておきましょう。

デザイナー

デザイナーは、商品をはじめ紙・Web媒体のデザインを手掛ける職種。配色やレイアウト、形などをクライアントの要望にもとづいて決めていきます。多種多様な商品やサービスが常に生まれ続けているうえ、収益につながるWebサイトづくりに努める企業も増えているため、一定の需要が見込める職種といえるでしょう。

各種グラフィックツールによりデザインを作り、インターネット上で納品できるため、エンジニア同様在宅ワークも可能です。

ライター

ライターは、決められたテーマを軸に文章を作成する職種です。紙媒体以外にも、Web上で公開される記事を作成する業務もあります。クラウドソーシングサービスでは多数の案件が公開されており、一定以上の文章力があれば未経験からでも挑戦しやすくなっているようです。

ライターも、コミュニケーションツールやクライアント指定の納品用シートなどを利用して業務を進められるため、在宅ワークができます。

動画編集者

動画編集者は、撮影した映像の切り継ぎ・加工・音楽や効果音の挿入などを行い、新たな映像を作成する職種。動画配信サービスの需要が高まったことから、動画編集者のニーズも増加しています。

動画編集ソフトを使用するスキルのほか、編集センスも必要です。自身で動画配信サービスにアカウントを作って公開するほか、クライアントからの依頼で作成するなど、活躍の場は多岐にわたるでしょう。

フリーランスになれるか相談する

女性フリーランスが抱えやすい悩み

女性フリーランスならではの悩みに、妊娠や出産により案件数をこなしづらくなることがあります。フリーランスには会社員のような産休・育休制度は基本的にないので、今後妊娠・出産を希望する方は、案件数を減らす時期をあらかじめ決めておくのが得策です

また、妊娠や出産、育児等で働いていない間、どのように生活費を得るかを考えておく必要もあります。配偶者の給与や報酬で対応できれば良いのですが、もし自身の収入が途絶えることで家計が厳しくなりそうであれば、フリーランス転向には慎重になりましょう

性別を問わずフリーランスが抱えやすい悩みの一つとしては、相談相手の不在が挙げられます。フリーランス同士の人間関係がすでに築けている方はともかく、周囲が会社員ばかりであれば悩みの相談もしづらいでしょう。

さらに、小さなお子さんがいる人は、保育園探しに苦労する可能性も。入所可否決定には親の働き方や働く時間も影響するので、在宅勤務かつ作業時間が短いフリーランスは受け入れ先がすぐに決まらない場合もあります。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスとして活躍する女性のブログ一覧

女性フリーランスの実情を知るためにも、以下のブログを参考にしてみてください。

フリーランスになった理由を紹介するブログ

物事を新しくスタートさせる場合、きっかけがあることが多いでしょう。新しく物事を始める理由や、想定している未来図も人それぞれ。フリーランスへの転身も同じです。

Webサイト「monecre」を運営するmoneさんは、同Webサイトの記事「私が、会社勤めを辞めてフリーランスになった理由」の中で、「彼との時間を大切にしたい」という思いからフリーランスに転身したと語っています。

記事には、moneさんが独立を決断した背景やリアルな心情・悩み、その後の仕事の状況について包み隠さず記載されていますので、ぜひご一読ください。

※参照:フリーランスになった理由。私が会社勤めを辞めてフリーランスになったきっかけの話

フリーランスを目指すか迷った際に役立つブログ

大学卒業後、5年間の役所務めを経てフリーランスのライターとして活動をはじめた新美友那さん。彼女は、自身のWebサイト「元公務員ライター 新美友那のブログ」に、フリーランスという働き方や公務員という職業、日々の暮らしの中で感じたことなどを綴っています。

新美さんはしばしば、「自分でもフリーランスになれますか?」という質問を受けることがあるそうですが、その度に「なれるのか?」ではなく「なる」と決断することが重要だといいたくなるそうです

上記の記事には、そんな彼女の経験談とともに、覚悟と行動力の重要性が解説されているので、自分の身の振り方について悩みを抱えている方は熟読してみてください。理想のプラン・人生に近づくヒントが得られるかもしれません。

※参照:「できる」か「できない」かではなく「やる」か「やらない」か

国境にとらわれないフリーランスの働き方を紹介するブログ

Webサイト「1design」の管理人・佐藤まり子さんは、オランダ在住のフリーランサー。
2017年にオランダに移住し、Web制作やコンテンツの企画、執筆などをリモートワークで行う傍ら、オランダで剣道用品のEC販売や剣道関係のライティング・編集にも尽力しています。

彼女が執筆した「国境にとらわれないフリーランスの働き方」という記事には、Web業界でフリーランスになる方法、独立のタイミング、営業方法など、フリーになる前に知っておきたい内容が満載。

フリーランスを目指している方や自分の働き方について悩みを持っている方は、一度内容をチェックしてみてください。

※参照:国境にとらわれないフリーランスの働き方

未経験フリーランスが案件を獲得するコツを紹介するブログ

Webサイト「Narui.My」を運営している、外資企業のOLを経てフリーランスになった鳴井舞さん。彼女は現在、IT広告代理店の仕事の手伝いや企業向けWebサイトの制作・運営、自分のWebメディア制作を行い収入を得ていますが、自ら営業をかけたことはないといいます。

なぜなら、彼女は自分の信念は現実化されると考えており、常に「仕事がある自分」に意識を向けることにより、口コミや紹介で仕事の依頼が舞い込んでくるからなのだそうです。

同Webサイトの「フリーランスで仕事がないと思った事はない!探そうとするのを辞める」の記事を読めば、ポジティブなマインドでフリーランス活動を続けるための参考になるかもしれません。

※参照:フリーランスで仕事がないと思った事はない!探そうとするのを辞める

※本記事は2022年9月時点の情報を基に執筆しております。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2022 Levtech Co., Ltd.

フリーランスの案件探しを
エージェントがサポート!

簡単60秒無料サポート登録

  1. Step1
  2. Step2
  3. Step3
  4. Step4
  5. Step5

ご希望のサポートをお選びください。