オンラインカウンセリング実施中

女性フリーランスの悩みや転向後の心構えも解説

フリーランスの仕事は女性に向いている?

公開日:2020年10月08日

更新日:2020年10月08日

近年、フリーランスとして仕事をする女性が増えてきたようです。女性がフリーランスとして活動するメリットには、ライフステージの変化に合わせて柔軟に働きやすい点が挙げられます。

ただし、「フリーランスが女性に向いているかどうか」は、個々の考え方次第だといえるでしょう。本記事では、女性がフリーランスに転向するメリットやフリーランスが多い職種、女性フリーランスが抱えがちな悩みなどを解説します。フリーランスに憧れている方、転向後の心構えを把握しておきたい方は、ぜひご覧ください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

女性がフリーランスに転向するメリット
フリーランスが多いとされる職種
女性フリーランスが抱えやすい悩み
フリーランス転向後に心がけたいこと

女性がフリーランスに転向するメリット

女性の働き手の中には、妊娠・出産を機に会社を退職し、作業量を調節しながら働けるフリーランスを選ぶ方もいるようです。ライフステージに合わせて柔軟な働き方を選びやすいのは、女性がフリーランスに転向する大きなメリットでしょう。

ただし、「フリーランスの仕事が女性向きである」とは一概に言えません。好きな働き方や望む生き方は、人それぞれだからです。たしかに、ライフステージの変化に合わせて働きやすいのはフリーランスの利点ですが、多少の制約はあっても企業でキャリアを積むことに魅力を感じる女性も大勢いると考えられます。

漠然とフリーランスに憧れている方は、会社員のメリット・デメリットを比較し、どちらがより自分の理想とする生き方に近いのかを見極めましょう。ご参考までに、女性に限らないフリーランスのメリットを以下に紹介します。

時間と場所を選びやすい

在宅でできるフリーランス案件であれば、働く時間と場所を比較的自由に選べます。ICT(情報通信技術)によるやりとりだけで済む作業内容なら、引っ越しても仕事を続けやすそうです。時間と場所に縛られず働くことを望む方は、在宅型フリーランスを目指してみてはいかがでしょうか。

年齢問わず活躍しやすい

一般的に定年が設けられている会社員に対し、フリーランスは年齢に関係なく活躍しやすいのがポイント。職種を問わず、スキルと意欲があれば長く仕事を続けられるでしょう。

関連記事 : 26歳・女性エンジニア。キャリアの悩みを解決したフリーランスという働き方

フリーランスになれるか相談する

フリーランスが多いとされる職種

フリーランスが活躍している職種には、下記のようなものがあります。

ITエンジニア

ITエンジニアは、担当する作業の内容により細分化されます。たとえば、システム設計を主に担うシステムエンジニア、ネットワーク周辺を専門に扱うネットワークエンジニア、データベースのエキスパートであるデータベースエンジニアなどです。

デザイナー

近年はアナログだけでなく、デジタルのデザイン業務も多くなりました。Webサイトのデザインを行うWebデザイナー、ゲームキャラクターを生み出すキャラクターデザイナーなどがデザイナー系職種の例として挙げられます。

イラストレーター

イラストレーターは、広告やポスター、ゲーム関連商品などのイラストを制作する職種です。デザイナーと同様、アナログだけでなく、画像作成ソフトを用いたCGが求められる案件も多くあります。

ライター

Web上の文章を執筆するWebライターも、フリーランスとして活躍しやすい職種。特定のメディアを専門に書く人もいれば、多種多様なメディアからライティング案件を受注して執筆する人もいます。

関連記事 : 女性プログラマーの働き方

女性フリーランスが抱えやすい悩み

ここでは、フリーランスに転向した女性が抱えやすい悩みを見ていきます。

女性フリーランス特有の悩み

女性フリーランスならではの悩みに、妊娠や出産により案件数をこなしづらくなることがあります。フリーランスには会社員のような産休・育休制度は基本的にないので、今後妊娠・出産を希望する方は、案件数を減らす時期をあらかじめ決めておくのが得策です。

また、妊娠や出産、育児等で働いていない間、どのように生活費を得るかを考えておく必要もあります。配偶者の給与や報酬で対応できれば良いのですが、もし自身の収入が途絶えることで家計が厳しくなりそうであれば、フリーランス転向には慎重になりましょう。

その他の悩み

性別を問わずフリーランスが抱えやすい悩みの一つに、相談相手の不在が挙げられます。フリーランス同士の人間関係がすでに築けている方はともかく、周囲が会社員ばかりであれば悩みの相談もしづらいでしょう。

さらに、小さなお子さんがいる人は、保育園探しに苦労する可能性も。入所可否決定には親の働き方や働く時間も影響するので、在宅勤務かつ作業時間が短いフリーランスは受け入れ先がすぐに決まらない場合もあります。

関連記事 : 子持ちだからこそ在宅で仕事!子育てフリーランサーまとめ

フリーランス転向後に心がけたいこと

最後に、フリーランス転向後に心がけたい事柄をチェックしましょう。

フリーランス人脈を築く

新たな案件を獲得する際に大切にしたいのは、自分と同じくフリーランスとして働く人たちや同業者とのつながりです。フリーランス案件は、こうした人たちから提案されるケースも多いためです。

フリーランス人脈を作るには、SNSやブログで情報発信したり、勉強会やセミナーに参加したりといった方法があります。SNS・ブログのようなツールを使って知識や技術を公開すれば、閲覧者から感想をもらえたり、それをきっかけに交流を深めたりすることもできるでしょう。

対面での人脈構築を希望する方は、勉強会やセミナー、交流会に参加するのが望ましいといえます。最新の技術や業界動向が学べる集まりであれば、スキルのブラッシュアップにも効果的です。女性フリーランス(またはフリーランスを目指している女性)が多数参加するイベントを探せば、同性間の人脈が築ける可能性もあります。

健康管理に注力する

フリーランスは会社員に比べて、保障が少ない傾向にあります。そこで重要になるのが、健康管理です。会社員であれば体調不良で休んでも有給休暇が使えたり、傷病手当が支給されたりしますが、フリーランス転向後は原則としてそうした手厚い「福利厚生」はなくなります。

自分以外に作業を代行できる人がいる、または数人体制で業務を遂行している場合は休むことも可能かもしれませんが、基本的にあなたの代わりになれる人はいないと心得ましょう。体調不良が続いて業務続行が困難になったり、それを理由に納期が守れなかったりすれば、クライアントの信頼を失い、案件が途絶えてしまう恐れもあります。

案件途絶は、収入がなくなることも意味します。そのような事態になることを防ぐためにも、日頃から健康管理には力を入れておきたいものです。規則正しい生活を送る、食生活に気を遣う、定期的にストレスを解消するといった取り組みを忘れないようにしましょう。

望んだ働き方ができているか振り返る

フリーランスとして経験を積み、ある程度収入が得られるようになったとき、今一度考えたいのが、「当初自分が望んでいたワークスタイルとライフスタイルが実現できているか」という点です。

年収アップを目指してフリーランスになったものの会社員時代と収入額があまり変わらない、育児メインの予定だったはずが気がつけば業務が生活の中心になっている、自由な時間が欲しくて会社を辞めたのに受注量が多すぎてかえって忙しくなっている…といった状態になっていないでしょうか。

当初の希望が叶えられていないと感じたら、受注する案件の数や質、スケジュールなどの見直しが必要だといえそうです。適宜軌道修正しながら、自身が理想とするワークスタイルとライフスタイルを実現しましょう。

関連記事 : 柔軟に自分らしく働くフリーランス女子のブログ特集!

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.