オンラインカウンセリング実施中

フリーランスにおける人間関係の必要性と良好な人脈を築く方法を解説

フリーランスに人間関係は必要?

公開日:2020年10月08日

更新日:2020年10月08日

フリーランスは作業場所や案件の選択に対する自由度が高く、人間関係に悩まなそうなイメージを持つ人は少なくないようです。しかし、フリーランスという働き方自体、人と一切関わらないわけではないため、人間関係に悩む人もいるでしょう。

本記事では、フリーランスの人間関係にフォーカスして、人脈の必要性や良好な人間関係の築き方を解説しています。会社員からフリーランスへの転身を検討中のITエンジニアの方は、ぜひ参考にしてみてください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスになれば人間関係に悩まない?
フリーランスにおける人間関係の必要性
フリーランスが良好な人間関係を構築する方法

フリーランスになれば人間関係に悩まない?

「フリーランスは自由な働き方ができるから人間関係に悩まなそう」と考える人は少なくないようです。しかし、フリーランスになったからといって人と一切関わらなくなるわけではないため、人間関係に悩まなくなるとは限りません。

フリーランスにありがちな人間関係の悩み

フリーランスにありがちな人間関係の悩みには、以下のようなものがあるようです。

  • 作業で分からないことがあっても相談できる人がいない
  • クライアント先に気を遣う
  • クライアント先との距離感がある

フリーランスは会社員よりも作業場所や案件の選択に対する自由度が高い反面、作業中に分からないことや不安なことがあっても相談しにくい、クライアント先に気を遣うといった悩みが多い傾向にあります。在宅勤務の場合、クライアント先へ常駐する場合のどちらであっても、クライアント先との距離があると人間関係に不安を感じることがあるようです。

会社員にありがちな人間関係の悩み

一方、会社員には以下のような人間関係の悩みがあるようです。

  • 理不尽な上司の下で働くのがつらい
  • 職場に合わない人がいて疲れる
  • 同僚とうまくいかない

会社員の場合、同じ職場に理不尽な人や合わない人がいると、人間関係の悩みにつながることが多いようです。フリーランスはプロジェクト単位の契約が可能のため、比較的短いスパンで作業場所を変えることもできますが、会社員は同じ職場で同じ上司や同僚と長期的に関わっていく傾向があります。人間関係が原因で仕事のやりにくさを感じても、部署異動等がない限りは解消するのは難しいようです。

こうした会社員の上司・同僚等に関する人間関係の悩みは、フリーランスへ転向することによって軽減される可能性もあります。しかし、先述したようにフリーランスには会社員とは違った人間関係の悩みを持つ人もいるので、「人間関係に悩まない働き方」としてフリーランスへの転身を考えている場合は、再検討したほうが良いでしょう。

関連記事 :仕事で疲れたときに確認したいストレス解消法記事まとめ

フリーランスになれるか相談する

フリーランスにおける人間関係の必要性

フリーランスとして働く場合、良好な人間関係を築いておくに越したことはありません。ではなぜ、フリーランスが人間関係を大切にすべきなのか、理由を3つご紹介します。

次の案件獲得につながる可能性がある

クライアント先の信頼を得て良好な人間関係を築いておけば、案件が終了しても繰り返し起用してもらえる可能性が高まります。

フリーランスはプロジェクト(案件)ごとにクライアント先と契約を結ぶのが一般的なので、成果物を納品する案件であっても常駐型の案件であっても、「この人なら次の案件も任せられる」とリピーターになってもらえるかどうかは大切です。またクライアントの心象は単価にも影響してくるケースもあります。

同業種・異業種の人脈ができる

フリーランスとして関わった人と良好な人間関係を築いておくと、同業種・異業種間の人脈づくりに役立ちます。

多彩な人脈があると、案件がないときにも「ちょうど新しい事業を手伝ってくれるエンジニアを探していた」「別の会社で紹介できそうな案件がある」など、新しい案件やクライアント先を紹介して貰える可能性が高まります。どのような人脈が新しい案件につながるか分からないため、仕事で関わった人との関係を大切にしましょう。

情報の共有ができる

フリーランスの中でもITエンジニアやデザイナーといった職種に関わる場合、つねに新しいIT技術やスキルの情報を得て更新していく必要があります。自分一人で情報を収集して技術やスキルを身につけることもできますが、人脈という情報網を築いておくことで、より効率良く情報を得られるでしょう。また、新しい技術やスキルに関して疑問や不安を感じたときに相談相手がいれば、悩みや不安をいち早く解決できる可能性があります。

関連記事 :フリーランスが人脈を作るメリット

フリーランスが良好な人間関係を構築する方法

フリーランスの方が、良好な人間関係を構築する方法をご紹介します。人間関係や人脈づくりに不安を感じている方は、以下の方法を試してみてください。

会社員時代の人脈を大切にする

現職(前職)の人脈がフリーランスへ転向後も活かせそうな場合は、良好な人間関係をキープしておきましょう。会社員時代の上司や同僚、取引先などとのつながりを案件獲得に活かしているフリーランスの方も多いようです。

SNSのコミュニティから人脈を広げる

SNS等のWeb上のコミュニティを活用して人脈を広げる方法もあります。同業種のフリーランスと情報交換をしたり、フリーランス向けのイベント情報を得たりと、SNSを活用すれば新しい人間関係を築くことができるでしょう。

交流会やセミナーなどのイベントに積極的に参加する

自分のスキルに関わる交流会やセミナーといったイベントには、積極的に参加すると良いでしょう。参加する際は、自分を覚えてもらうために名刺を配るのも手です。同業種の人が多く参加する交流会やイベントの参加は、フリーランスを続けるうえでも良い刺激になるでしょう。

関連記事:フリーランス仲間の増やし方

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.