オンラインカウンセリング実施中

テレワークとリモートは何が違う?

フリーランスと在宅ワークの違い

公開日:2020年10月09日

更新日:2020年10月09日

フリーランスに興味がある方に向けて、フリーランスと在宅ワークの違いを解説します。フリーランスは、特定の組織に専従せず、個人として案件ごとに契約を結ぶ働き方です。在宅ワークは、自宅で働くスタイル全般を指しています。

また、記事内では「テレワーク」と「リモートワーク」の定義も解説。フリーランスエンジニアの主な働き方である「在宅型」と「常駐型」の違いも説明するので、自分に合った働き方を考えるヒントにしてください。

フリーランスになれるか相談する

フリーランスの収入見込みをチェック

 

簡単60秒! 無料登録

目次

フリーランスと在宅ワークは何が違う?
テレワークとリモートワーク
自宅で働くメリット・デメリット
フリーランスエンジニアの働き方

フリーランスと在宅ワークは何が違う?

フリーランスと在宅ワーク、どちらも会社に行かずに働くイメージがありますが、両者には大きな違いがあります。ここでは、それぞれが持つ意味を確認していきましょう。

フリーランスとは

フリーランスは、特定の企業や組織に属さず、個人で案件を請け負う働き方を指す言葉です。会社勤めのサラリーマンと比べて勤務場所や時間の自由度が高く、職種や受注する案件によっては在宅で働けます。

フリーランスとして活躍する職種は、デザイナーやコピーライターなどのクリエイティブ系、エンジニアやライターなどのビジネス系、美容師やハンドメイド作家などの職人系とさまざまです。

在宅ワークとは

在宅ワークは、広い意味では自宅で働くスタイル全般を指しています。狭義では、パソコンなどのIT機器を駆使して、請け負った業務を自宅で行うことを指しており、厚生労働省は以下の定義づけを行っています。

「情報通信機器を活用して在宅形態で自営的に行われる働き方のうち、請負的にサービス の提供を行うものなどを「在宅ワーク」といいます」(在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン)。

※参照元:厚生労働省「在宅ワークの適正な実施のためのガイドライン」

このことから、自宅で働くフリーランスは、在宅ワークをしていると言えるでしょう。ただ、フリーランスは契約先の企業の現場で作業する場合もあるため、「フリーランス=在宅ワーク」とは限りません。

関連記事:在宅ワークと相性のいい職業

フリーランスになれるか相談する

テレワークとリモートワーク

在宅ワークと似た意味の言葉に、「テレワーク」と「リモートワーク」があります。最近よく聞く言葉ですが、この2つにはどのような違いがあるのでしょうか?

テレワークとは

総務省ではテレワークを、「情報通信技術(ICT=Information and Communication Technology)を活用した時間や場所を有効に活用できる柔軟な働き方」と定義しています。総務省によると、テレワークは働く場所によって以下の3つに分類されます。

1. 在宅勤務

在宅勤務は勤務先から離れて自宅で働く業務スタイル。在宅勤務制度がある企業であっても、全く出社しないわけではなく、週に1~2日程度の在宅勤務を取り入れることが多いようです。在宅勤務は、就業形態の違いにより「自営型テレワーク」と「雇用型テレワーク」に分けられます。

2.モバイル勤務

新幹線などの交通機関やカフェ、ホテルなどで働く勤務スタイル。営業職などの職種に多い働き方で、移動や出張の際に効率的に働けます。

3.サテライトオフィス勤務

サテライトオフィス勤務は、本部から離れたオフィスで働くことを指しています。営業中や出張の際に立ち寄って働いたり、自宅近くのサテライトオフィスに勤務したり、といった働き方が想定されます。

※参照元:総務省「テレワークとは

リモートワークとは

リモートワークには明確な定義はありませんが、会社ではなく自宅で業務を行う働き方という解釈が一般的。テレワークとリモートワークほとんど同じ意味ですが、国や自治体は「テレワーク」の表現を使うことが多いようです。

関連記事:リモートワークでプログラマが働くには

自宅で働くメリット・デメリット

「今は毎日出勤しているけど、いずれは在宅で働きたい」という人は多いでしょう。通勤時間がなくなることは、テレワークやリモートワークの代表的なメリットと言われます。ここでは、会社に行かない働き方のメリット・デメリットを解説します。

自宅で働くメリット

  • 通勤の労力、時間がかからない
  • 子育てや介護、家事と仕事を両立しやすい
  • 自分の好きな場所で作業ができる
  • 生産性が上がる
  • 住む場所の制限が少なくなる

会社に行かない働き方は通勤がなく、その分時間を有効に使えます。都市部の満員電車に疲れている人は、毎日の疲労感を軽減できるでしょう。通勤時間がなくなる分、子育てや介護、家事などに時間をあてられます。自宅では、空調などを自分好みに設定して、自分にとって快適な環境で働けるのもメリットです。

その結果、業務効率が上がって仕事の進みが良くなる効果もあるでしょう。また、毎日の通勤がなくなれば、会社から離れた場所に住むことも可能になります。会社に近い都市部から離れて自然豊かな環境に移り住む、土地の安い郊外に家を建てる、といった選択肢が広がるでしょう。

自宅で働くデメリット

  • コミュニケーション不足になる
  • 仕事とプライベートとのメリハリがつきにくい

自宅では1人で作業するため、周りとのコミュニケーション不足を感じることがあります。Web会議やチャットを活用したこまめな情報共有が必要です。また、テレワークは長時間労働につながりやすく、仕事とプライベートのメリハリがつかなくなるという人もいます。

関連記事:在宅ワークのIT系職種

フリーランスエンジニアの働き方

フリーランスのエンジニアには、主に「在宅型」と「常駐型」の2つの働き方があります。

在宅型は案件を受注し自宅で作業する働き方。作業時間や場所を調整しやすいメリットがあります。

常駐型は、案件を受注して契約先の企業に常駐する業務形態。オフィスに行く点では一般的な会社員に近い働き方になります。、フリーランスエンジニアに業務を委託する企業は「コミュニケーションを取りながら開発を進めたい」「情報漏えいのリスク対策として常駐してほしい」といった希望を出す場合もあります。

作業用場所の自由度は制限されますが、在宅型のみよりも案件の幅が広がる、常駐先のエンジニアから刺激を受けられるなどのメリットがあります。

関連記事 : 客先常駐は楽しい?メリット・デメリットを解説

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

フリーランスになれるか相談する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
いきなり相談するのは不安な方へ フリーランスになった時にどんな案件を提案されるのかメールでわかる! 詳しくはこちらから

関連記事

関連案件

もっと案件を見る

プライバシーマーク

© 2014-2020 Levtech Co., Ltd.